前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • 青い鳥文庫

    青い鳥文庫から見たあさのあつこあさのあつこ

    テレパシー少女「蘭」事件ノートシリーズ(あさのあつこ、塚越文雄)青い鳥文庫 フレッシュアイペディアより)

  • 燦

    から見たあさのあつこあさのあつこ

    『燦』(さん)は、あさのあつこによる日本の時代小説のシリーズ。文春文庫より書き下ろしで刊行される。 フレッシュアイペディアより)

  • ポプラ文庫ピュアフル

    ポプラ文庫ピュアフルから見たあさのあつこあさのあつこ

    執筆陣は、あさのあつこや佐藤多佳子、梨屋アリエ、石井睦美、川島誠といった児童文学・YA系から、伊藤たかみ、大島真寿美、大槻ケンヂ、川西蘭、小手鞠るい、豊島ミホ、楡井亜木子、藤谷治らの青春・恋愛小説系、島田雅彦、松村栄子といった純文学系まで幅広い。翻訳家の金原瑞人や書評家の北上次郎、藤田香織、三村美衣らが巻末の解説を書いている。ポプラ文庫ピュアフル フレッシュアイペディアより)

  • NO.6

    NO.6から見たあさのあつこあさのあつこ

    『NO.6』(ナンバー・シックス)は、あさのあつこによる日本の近未来SF、ディストピア小説。講談社YA!ENTERTAINMENTから刊行された。全9巻で、2011年6月に最終巻が発売されている。文庫本、コミックも全9巻で、文庫本は2014年7月に、コミックは2014年3月に最終巻が発売されている。台湾等への海外進出も決まっている。また2012年11月には、物語のその後を描いた外伝『NO.6 beyond』が発売された。NO.6 フレッシュアイペディアより)

  • ドラマ8

    ドラマ8から見たあさのあつこあさのあつこ

    第1作はあさのあつこの児童文学小説の「バッテリー」であった。これ以降、筒井康隆の小説作品のほか、コミックを原作とする作品が多い。また若手育成枠としての位置づけもあるため、メインキャストには10代・20代前半の若手俳優が多数起用され、さらに大半の作品(「バッテリー」「七瀬ふたたび」「ゴーストフレンズ」「ふたつのスピカ」など)は、主演俳優にとっての(地上波)連続ドラマ初主演作品でもある。ドラマ8 フレッシュアイペディアより)

  • 野間児童文芸賞

    野間児童文芸賞から見たあさのあつこあさのあつこ

    第35回(1997年) - あさのあつこ 絵・佐藤真紀子 『バッテリー』野間児童文芸賞 フレッシュアイペディアより)

  • 角川つばさ文庫

    角川つばさ文庫から見たあさのあつこあさのあつこ

    『角川つばさ文庫書き下ろし短編集 きみに贈る つばさ物語』あさのあつこ、椎名誠、関口尚、宗田理、はやみねかおる、松原秀行・著 佐藤真紀子、他・絵角川つばさ文庫 フレッシュアイペディアより)

  • バッテリー (小説)

    バッテリー (小説)から見たあさのあつこあさのあつこ

    『バッテリー』は、あさのあつこによる日本の児童文学作品。単行本全6巻が教育画劇から、文庫本全6巻が角川文庫(角川書店)から刊行され、延べ1000万部を超えるベストセラー小説である。1997年には第35回野間児童文芸賞を受賞。バッテリー (小説) フレッシュアイペディアより)

  • 時空ハンターYUKI

    時空ハンターYUKIから見たあさのあつこあさのあつこ

    『時空ハンターYUKI』(じくうハンターゆき)は、あさのあつこによる日本の児童文学作品。イラストは入江あきが担当。カラフル文庫(ジャイブ)から刊行されている。時空ハンターYUKI フレッシュアイペディアより)

  • 柚庭千景

    柚庭千景から見たあさのあつこあさのあつこ

    柚庭 千景(ゆにわ ちかげ、10月7日生)は、日本の漫画家。『月刊Asuka』2004年12月号より連載のあさのあつこ原作『バッテリー』でデビュー。柚庭千景 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「あさのあつこ」のニューストピックワード