61件中 51 - 60件表示
  • 田中達之

    田中達之から見たあさのあつこあさのあつこ

    『X-01』あさのあつこ: 著、講談社、2016年9月田中達之 フレッシュアイペディアより)

  • 児童文学

    児童文学から見たあさのあつこあさのあつこ

    子どもや若年者の成長への感化を念頭に置いた、教育的な意図、配慮がその根底にあるものが多く、子どもの興味や発育に応じた平易な言葉で書かれる。しかし難しい内容を扱わないという訳ではなく、難しい内容でも子どもに必要と考え、わかりやすい例や言葉で表現する作家もいる。平易な表現で根源的なことを語っている場合があり、子どもに受け入れられる児童文学作品には大人の鑑賞にも堪えられる秀逸なものも多い。たとえば灰谷健次郎著の『兎の眼』やあさのあつこ著の『バッテリー』など一般の文庫本となって大人読者に広く流布する作品がある。児童文学は大人向けに書かれた「文学」の価値観が持ち込まれているという指摘がある。児童文学 フレッシュアイペディアより)

  • 手塚治虫文化賞

    手塚治虫文化賞から見たあさのあつこあさのあつこ

    社外選考委員:あさのあつこ、竹宮惠子、中条省平、永井豪、中野晴行、ブルボン小林、ジャクリーヌ・ベルント、ヤマダトモコ手塚治虫文化賞 フレッシュアイペディアより)

  • ぼくたちの家族

    ぼくたちの家族から見たあさのあつこあさのあつこ

    描かれているのがどこにでもある普通の家族で、自分の家族を振り返って誰もが共感できる家族ドラマになっていることが映画館スタッフなどの間で高評価を得た他、作家のあさのあつこは「単純な言葉では決して言い表せない不思議な情動に駆られた。何度でも見たくなる映画である。」、スタジオジブリの映画プロデューサーである鈴木敏夫は「絶望は希望の始まりということを教えてくれる作品。大傑作!」と評価。映画評論家の宇田川幸洋は、「母親の病気発覚を機に家族がまとまっていく話と言えなくはないが、単純な美談ではなく、闘病記である以上に多額の借金をめぐる金の話が作品にリアリティを与え、おもしろくしている。」と述べた。リリー・フランキーは「妻夫木聡演じる引きこもりの過去をもつ浩介の笑顔でリアリティを感じたし、俊平を演じていた池松壮亮は人間と子犬との中間のような独特な空気感が素晴らしく、彼は天才だ。」と、作品だけはなく俳優陣についても称賛した。原作者の早見和真は「自らが小説で訴えたかったことを100%汲み取ってくれた映画になっていて、小説家として幸せ。間違いなく素晴らしい映画だ。」と監督に感謝のコメントを述べている。その他にも有川浩、よしもとばなな、市村正親ら著名人も絶賛のコメントを寄せている。ぼくたちの家族 フレッシュアイペディアより)

  • Yahoo! JAPAN

    Yahoo! JAPANから見たあさのあつこあさのあつこ

    選考委員(あさのあつこ)特別賞:『街角に思い出のたたずむ』おおはしひろこYahoo! JAPAN フレッシュアイペディアより)

  • 吹奏楽

    吹奏楽から見たあさのあつこあさのあつこ

    「アレグロ・ラガッツァ」(あさのあつこ)(2016年、朝日新聞出版)吹奏楽 フレッシュアイペディアより)

  • 京極夏彦

    京極夏彦から見たあさのあつこあさのあつこ

    『妖怪変化 京極堂トリビュート』 (あさのあつこ・西尾維新・原田眞人・牧野修・柳家喬太郎・フジワラヨウコウ・松苗あけみ・諸星大二郎・石黒亜矢子・小畑健 著) 講談社 2007年 ISBN 4-0621-4475-1京極夏彦 フレッシュアイペディアより)

  • 文藝春秋 (雑誌)

    文藝春秋 (雑誌)から見たあさのあつこあさのあつこ

    あさのあつこ「おとなの絵本館」文藝春秋 (雑誌) フレッシュアイペディアより)

  • 2014年の文学

    2014年の文学から見たあさのあつこあさのあつこ

    あさのあつこ 『グリーン・グリーン』(徳間書店)2014年の文学 フレッシュアイペディアより)

  • 柳家喬太郎

    柳家喬太郎から見たあさのあつこあさのあつこ

    柳家喬太郎・西尾維新・あさのあつこ・諸星大二郎ほか『妖怪変化 京極堂トリビュート』講談社、2007年。ISBN 978-4062144759柳家喬太郎 フレッシュアイペディアより)

61件中 51 - 60件表示

「あさのあつこ」のニューストピックワード