367件中 11 - 20件表示
  • 荒木一郎

    荒木一郎から見たあしたのジョーあしたのジョー

    Midnight Blues(1981年4月1日、『あしたのジョー2』オープニングテーマ)荒木一郎 フレッシュアイペディアより)

  • '80アニメーション ザ・ベストテン

    '80アニメーション ザ・ベストテンから見たあしたのジョーあしたのジョー

    なお本作は東映作品であるため、東映系で無いアニメ作品が紹介されないのも有り、その時は本家同様、「『あしたのジョー』は減量中であるため、出演できません。」などと理由付けて紹介しなかった。'80アニメーション ザ・ベストテン フレッシュアイペディアより)

  • おきらく忍伝ハンゾー

    おきらく忍伝ハンゾーから見たあしたのジョーあしたのジョー

    日本を忍者だけの国にしようとするスルガ大納言を首領とする団体の総称。本拠は「悪死頼城(あしたのじょ?)」。首領であるスルガ大納言が気分でやっている団体であるため、本気で忍者帝国を作る気があるのか不明。なお、失敗した者はスルガ大納言によってお仕置きされる。根城である悪死頼城の名前は、『あしたのジョー』から採っている。おきらく忍伝ハンゾー フレッシュアイペディアより)

  • 遠藤正明

    遠藤正明から見たあしたのジョーあしたのジョー

    CRびっくりぱちんこ あしたのジョー(京楽)遠藤正明 フレッシュアイペディアより)

  • フジテレビ系列水曜夜7時台枠のアニメ

    フジテレビ系列水曜夜7時台枠のアニメから見たあしたのジョーあしたのジョー

    『夜のゴールデンショー』終了後、『あしたのジョー』から再開、徐々に人気が上がっていき、1976年10月6日開始の『ドカベン』が大ヒット、3年3ヶ月の長期に渡って放送された。フジテレビ系列水曜夜7時台枠のアニメ フレッシュアイペディアより)

  • 大和屋竺

    大和屋竺から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー2(1981年)※脚本協力大和屋竺 フレッシュアイペディアより)

  • 雪室俊一

    雪室俊一から見たあしたのジョーあしたのジョー

    主にアニメ作品の脚本を執筆。1965年のテレビアニメ『ジャングル大帝』の脚本に参加して以降、2000年代も『サザエさん』などで現役の、アニメ界では最古参のベテラン脚本家である。ファミリー向けや少女向けの作品を得意とした。代表作には、『キテレツ大百科』『あずきちゃん』『あしたのジョー(第1シリーズ)』『魔法使いサリー』『Dr.スランプ アラレちゃん』『とんがり帽子のメモル』など。脚本の他にもアニメ化された『おはよう!スパンク』などで漫画の原作を担当し、絵本や児童向け小説の分野でも活躍した。雪室俊一 フレッシュアイペディアより)

  • 高屋敷英夫

    高屋敷英夫から見たあしたのジョーあしたのジョー

    東洋大学文学部を中退後、虫プロダクションに入社し、脚本や演出の手伝いを行なう。その後、『あしたのジョー』で脚本家デビューし、マッドハウスを経て、1979年頃にフリーのライターに。テレビドラマ、テレビアニメの脚本を多数手掛け、1970年代半ば〜1983年頃までテレビアニメの演出家としても活動した。演出を担当した主なアニメ作品は『元祖天才バカボン』『家なき子』『ベルサイユのばら』『忍者マン一平(※チーフディレクターも務めた)』など。なお、『ルパン三世』のテレビ第2シリーズでは、毛利蘭のペンネームを使用している。高屋敷英夫 フレッシュアイペディアより)

  • 藤岡重慶

    藤岡重慶から見たあしたのジョーあしたのジョー

    その一方、子供向けの特撮作品などでは本来の人柄を活かして頼もしい善人役を演じる機会も多かった。声優としての活躍も著名で、アニメ『あしたのジョー』での丹下段平役は、代表作として今なお挙げられる。本人は、段平オリジナルの声を創っていくことを楽しんでいたと語っている。藤岡重慶 フレッシュアイペディアより)

  • 世良公則

    世良公則から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー 40th Anniversary Version(2010年)※『ぱちんこ あしたのジョーORIGINAL SOUND TRACK』に収録。世良公則 フレッシュアイペディアより)

367件中 11 - 20件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード