367件中 21 - 30件表示
  • 川尻善昭

    川尻善昭から見たあしたのジョーあしたのジョー

    幼少時より漫画家を志望し、母親の知人であった漫画家の北野英明が手塚治虫の虫プロダクションに所属していたことから、そのつてで高校を卒業すると虫プロへ入社。虫プロ時代にはテレビアニメ『あしたのジョー』などの動画を担当。出崎統と杉野昭夫の推薦を受け『ムーミン』で正式に原画へ昇格。川尻善昭 フレッシュアイペディアより)

  • 編集王

    編集王から見たあしたのジョーあしたのジョー

    15年近く打ち込んだボクシングの世界で芽が出ないまま、網膜剥離で引退することになった桃井環八(カンパチ)が、新たに出発したマンガの編集の世界で『あしたのジョー』の“ジョー”を目指す姿を描く。編集王 フレッシュアイペディアより)

  • あおい 輝彦

    あおい輝彦から見たあしたのジョーあしたのジョー

    声優でも活躍しており、1970年には『あしたのジョー』の主人公「矢吹丈」役に抜擢された。あおい輝彦 フレッシュアイペディアより)

  • 荒木伸吾

    荒木伸吾から見たあしたのジョーあしたのジョー

    1970年から虫プロダクションで、杉野昭夫、金山明博との3人共同で『あしたのジョー』の作画監督を務めた。また、この年から『キックの鬼』『魔法のマコちゃん』で作画監督をしたのを手始めに東映動画作品にも参加するようになった。1971年には友人とスタジオZを設立(後輩の金田伊功もここに在席)。1973年にフリーになり、テレビアニメ『バビル2世』で荒木は初のキャラクターデザインを任された。これらは初期のキャラクターでは最も愛着が強いという。荒木伸吾 フレッシュアイペディアより)

  • 西久保瑞穂

    西久保瑞穂から見たあしたのジョーあしたのジョー

    早稲田大学在学中の1975年11月6日にプロデューサーを志望し、研修生としてタツノコプロへ入社。同期の真下耕一、うえだひでひとや2年遅れて入社した押井守らとともに「タツノコ四天王」と呼ばれた。1979年に退社。テレビアニメ『ベルサイユのばら』『あしたのジョー2』などマッドハウスや東京ムービーでの仕事で出崎統に師事した。西久保瑞穂 フレッシュアイペディアより)

  • スポ根

    スポ根から見たあしたのジョーあしたのジョー

    梶原の作品表現の手段として根幹を成すものが「スポ根」であり、梶原原作の『巨人の星』、『あしたのジョー』の2作品は『週刊少年マガジン』の発行部数を飛躍的に向上させ、少年誌をそれまでの単純な子供向け雑誌から脱皮させ青年期以降の世代にまで購買層を拡大させた。スポ根 フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たあしたのジョーあしたのジョー

    現在では有り得ない表現のため、ピー音を入れている、アニメ「あしたのジョー」の丹下段平(ハリマオ編)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • 小池朝雄

    小池朝雄から見たあしたのジョーあしたのジョー

    小池 朝雄(こいけ あさお、男性、1931年(昭和6年)3月18日 - 1985年(昭和60年)3月23日は、日本の俳優・声優。代表作のひとつである『刑事コロンボ』など、洋画・海外ドラマの吹き替えを担当した。アニメ『あしたのジョー』のエンディング・テーマ『ジョーの子守唄』では歌手を務めた。小池朝雄 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢谷友介

    伊勢谷友介から見たあしたのジョーあしたのジョー

    2008年(平成20年)より、「リバース・プロジェクト(Rebirth Project)」の活動を開始。2009年(平成21年)、NHKのスペシャルドラマ『白洲次郎』の三部作に、テレビドラマ初出演した。翌2010年(平成22年)には、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の高杉晋作役に抜擢され、第三部より出演。この年の第61回NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれている。翌年2月に公開予定の映画『あしたのジョー』の力石徹の役作りのために、3か月以上にもおよぶ過酷なトレーニングを行い、体重を67kgから57kg・体脂肪率を15%から3〜4%へ減量して撮影に臨んだ。伊勢谷友介 フレッシュアイペディアより)

  • 中尾 隆聖

    中尾隆聖から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー2(カーロス・リベラ)中尾隆聖 フレッシュアイペディアより)

367件中 21 - 30件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード