367件中 31 - 40件表示
  • 吉川惣司

    吉川惣司から見たあしたのジョーあしたのジョー

    演出・コンテ・脚本のほか、監督もする。『天才バカボン』、『巨人の星』、『あしたのジョー』、『ムーミン』、『ルパン三世 (TV第1シリーズ)』、『未来少年コナン』に参加。2008年現在もアニメ界の第一線で活動する。吉川惣司 フレッシュアイペディアより)

  • 小出 真保

    小出真保から見たあしたのジョーあしたのジョー

    漫画が大好きで藤子不二雄作品をこよなく愛している。理想の男性が忍者ハットリくん。また梶原一騎作品も大好きであり、『あしたのジョー』ファンとしてテレビ出演したり(あしたのジョー芸人を名乗りギャル達にあしたのジョー講座をしたことがあるなど)、『あしたのジョー芸人トークライブ』にも出演したことがある。小出真保 フレッシュアイペディアより)

  • 須藤昌朋

    須藤昌朋から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー2 (1980年 - 1981年)動画須藤昌朋 フレッシュアイペディアより)

  • 1980年のテレビ (日本)

    1980年のテレビ (日本)から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー(日本テレビ、3月3日)※31.6%1980年のテレビ (日本) フレッシュアイペディアより)

  • 大木民夫

    大木民夫から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー(大井川豪平)大木民夫 フレッシュアイペディアより)

  • 細川俊之

    細川俊之から見たあしたのジョーあしたのジョー

    また、独特の語り口と声で、パーソナリティーを務めたラジオ番組『ワールド・オブ・エレガンス』(FM東京他)は、16年半に及ぶ長寿番組となった。声優としては、アニメ『あしたのジョー』(劇場版)の力石徹役が有名である。木の実ナナと共演したミュージカル『ショーガール』は15年間続いた。細川俊之 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊少年マガジン

    週刊少年マガジンから見たあしたのジョーあしたのジョー

    テレビアニメについては1960年代から1970年代前半にかけて『あしたのジョー』や『巨人の星』などの有名作品を出していたが、1970年代後半から1980年代にかけてアニメ化される作品が少なかった。これは上記に記述されているとおり「泥臭さ・社会性」の誌風のため時代背景にあった作品を出すことができなかったためである。1990年代以降はラブコメや萌え路線など誌風の多様化によりアニメ化される作品が多くなったが、2000年代になると少子化の影響により全日帯アニメが縮小され、深夜アニメでの放映が多くなっている。週刊少年マガジン フレッシュアイペディアより)

  • カーロス

    カーロスから見たあしたのジョーあしたのジョー

    カーロス・リベラ - 漫画『あしたのジョー』の登場人物。カーロス フレッシュアイペディアより)

  • ザ・ライバル「少年サンデー・少年マガジン物語」

    ザ・ライバル「少年サンデー・少年マガジン物語」から見たあしたのジョーあしたのジョー

    両社はそれまで月刊だった少年誌の週刊化に当たり、漫画家の囲い込みを始めた。小学館は手塚治虫と関係の深いトキワ荘グループの漫画家を押さえ、これが「おそ松くん」や「オバケのQ太郎」などを生み、ギャグ路線の成功につながる。一方、講談社は劇画という新しい路線に進み、その中で梶原一騎という逸材を見いだした。「巨人の星」や「あしたのジョー」が登場し、「マガジン」は先行した「サンデー」を急追する。少年誌を舞台に新しい文化が成長していく姿を浮き彫りにする。ザ・ライバル「少年サンデー・少年マガジン物語」 フレッシュアイペディアより)

  • ジョルトブロー

    ジョルトブローから見たあしたのジョーあしたのジョー

    また、ボクシング漫画「はじめの一歩」の中では頻繁に使われており、「あしたのジョー」においてもカンガルーパンチとして登場している。ジョルトブロー フレッシュアイペディアより)

367件中 31 - 40件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード