415件中 41 - 50件表示
  • 伊勢谷友介

    伊勢谷友介から見たあしたのジョーあしたのジョー

    2008年(平成20年)より、「リバース・プロジェクト(Rebirth Project)」の活動を開始。2009年(平成21年)、NHKのスペシャルドラマ『白洲次郎』の三部作に、テレビドラマ初出演した。翌2010年(平成22年)には、NHK大河ドラマ『龍馬伝』の高杉晋作役に抜擢され、第三部より出演。この年の第61回NHK紅白歌合戦の審査員にも選ばれている。翌年2月に公開予定の映画『あしたのジョー』の力石徹の役作りのために、3か月以上にもおよぶ過酷なトレーニングを行い、体重を67kgから57kg・体脂肪率を15%から3 - 4%へ減量して撮影に臨んだ。伊勢谷友介 フレッシュアイペディアより)

  • キリンビバレッジ

    キリンビバレッジから見たあしたのジョーあしたのジョー

    メッツ コーラ【特定保健用食品】(2012年4月24日〜) - 難消化性デキストリンにより、食事の際に脂肪の吸収を抑える特定保健用食品史上初のコーラ系飲料。当初、年間販売目標は100万ケースに設定されていたが、発売2週間で100万ケースを達成し、2ヶ月後には年間販売目標の2倍に相当する200万ケースを突破するほどの大ヒットとなったため、同年7月に年間販売目標を当初の6倍に相当する600万ケースに上方修正されたが、同年10月に1.5Lを追加発売すると同時に年間販売目標を700万ケースに再度上方修正された。また、同年11月には「日本人間ドック健診協会」の推薦商品となった。2013年4月には自動販売機向けに480ml缶(2013年12月製造終了)が追加発売された時にグループ横断ブランド「キリン プラス-アイ」の一製品となり、「キリン プラス-アイ」ロゴを入れるなどの仕様変更を行った。2014年4月8日には全面改良を実施し、カロリーゼロ化を実現した(当初は同年3月4日にリニューアルされた予定だったが、発売日前日になり、特定保健用食品のパッケージに記載すべき日本語商品名の記載漏れが判明し、修正する作業が必要になったため、当初予定から約1ヶ月遅れのリニューアルとなった)。同年11月4日に再リニューアルを行い、480mlペットボトルの手売り用はボトル下部にくびれを付けた形状に変更した。発売当初、CMキャラクターに「あしたのジョー」の矢吹ジョーが起用されていたが、2013年3月からは俳優のオーランド・ブルームが起用され、同年12月からは嵐の大野智・相葉雅紀を起用している(大野・相葉は以前からグループ会社のキリンビールが発売している「淡麗 グリーンラベル」のTVCMに起用されていた経緯があり、現在は「キリン一番搾り」のTVCMに大野・相葉を含めたメンバー全員で出演している)。2016年4月、2017年3月にもリニューアルを行っており、2017年3月のリニューアル時に新容量の270mlペットボトルを発売。270mlペットボトルについては、2016年4月から開始している自動販売機におけるダイドードリンコとの主力商品の相互販売に基づき、同社が管轄する自動販売機でも販売される。キリンビバレッジ フレッシュアイペディアより)

  • 博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜

    博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜から見たあしたのジョーあしたのジョー

    現在では有り得ない表現のため、ピー音を入れている、アニメ「あしたのジョー」の丹下段平(ハリマオ編)博士と助手〜細かすぎて伝わらないモノマネ選手権〜 フレッシュアイペディアより)

  • スポ根

    スポ根から見たあしたのジョーあしたのジョー

    梶原は、その後も柔道を題材とした『柔道一直線』(作画:永島慎二・斎藤ゆずる)、プロレスを題材とした『タイガーマスク』(作画:辻なおき)、ボクシングを題材とした『あしたのジョー』(作画:ちばてつや)の原作を務めたが人生論的な要素が強い『巨人の星』とは異なる趣向を取り入れた。梶原の自伝によれば『柔道一直線』では技と技の応酬といったエンターテインメント性に焦点を当てる一方で立ち技優先の傾向があった当時の日本柔道界へのアンチテーゼを、『タイガーマスク』では往年の『黄金バット』のプロレス版を標榜し善と悪の二面性のあるヒーローを、『あしたのジョー』では『巨人の星』の主人公・星飛雄馬のような模範的な人物へのアンチテーゼとして野性的な不良少年・矢吹丈を主人公としアウトローぶりを意図したという。スポ根 フレッシュアイペディアより)

  • 納谷六朗

    納谷六朗から見たあしたのジョーあしたのジョー

    あしたのジョー(シャーク鈴木)納谷六朗 フレッシュアイペディアより)

  • あおい 輝彦

    あおい輝彦から見たあしたのジョーあしたのジョー

    1970年、アニメ『あしたのジョー』の主人公・矢吹丈役に抜擢された。あおい輝彦 フレッシュアイペディアより)

  • キャプテン翼

    キャプテン翼から見たあしたのジョーあしたのジョー

    作者の高橋は少年時代に『巨人の星』や『あしたのジョー』などといったスポーツ漫画に影響を受けて漫画を描き始め、高校時代には軟式野球部に所属していた。その高橋がサッカーに注目するようになったのは、高校3年生の時にアルゼンチンで開催された1978 FIFAワールドカップをテレビで観戦したことがきっかけである。高橋によると「少年時代からサッカーという競技は知っていたが、この大会をテレビ観戦して改めてサッカーの面白さを認識した」という。キャプテン翼 フレッシュアイペディアより)

  • 週刊少年マガジン

    週刊少年マガジンから見たあしたのジョーあしたのジョー

    テレビアニメについては1960年代から1970年代前半にかけては『あしたのジョー』や『巨人の星』などの有名作品を出していたが、1970年代後半から1980年代にかけてはアニメ化される作品が少なかった。これは上記に記述されているとおり「泥臭さ・社会性」の誌風のため時代背景にあった作品を出すことができなかったためである。週刊少年マガジン フレッシュアイペディアより)

  • 川尻善昭

    川尻善昭から見たあしたのジョーあしたのジョー

    幼少時より漫画家を志望し、母親の知人であった漫画家の北野英明が手塚治虫の虫プロダクションに所属していたことから、そのつてで高校を卒業すると虫プロへ入社。虫プロ時代にはテレビアニメ『あしたのジョー』などの動画を担当。出崎統と杉野昭夫の推薦を受け『ムーミン』で正式に原画へ昇格。川尻善昭 フレッシュアイペディアより)

  • 爆笑問題のきょうのジョー

    爆笑問題のきょうのジョーから見たあしたのジョーあしたのジョー

    題名は同誌にかつて連載された漫画『あしたのジョー』をもじったもので、単行本の表紙にも爆笑問題の2人が同作の登場人物の仮装をしている写真が使われているが、内容はまったく関係ない。爆笑問題のきょうのジョー フレッシュアイペディアより)

415件中 41 - 50件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード