前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
209件中 1 - 10件表示
  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た講談社

    講談社の『週刊少年マガジン』に、1968年(昭和43年)1月1日号(発売日は1967年(昭和42年)12月15日)から1973年(昭和48年)5月13日号にかけて連載された。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見たちばてつや

    『あしたのジョー』 は高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品。ボクシングをテーマにしたスポーツ漫画である。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た尾藤イサオ

    作詞 - 寺山修司 / 作曲・編曲 - 八木正生 / 歌 - 尾藤イサオあしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た辰吉丈一郎

    『週刊少年マガジン』連載中から社会的反響は大きく、ジョーのライバルである力石徹が作中で死んだ時には、架空の人物であるにも関わらず、寺山修司の提案で天井桟敷のメンバーにより東由多加演出による葬儀が行われた(1970年3月24日、講談社講堂にて)。また1970年3月31日に発生したよど号ハイジャック事件では、ハイジャック犯が「われわれは明日のジョーである」(原文ママ)と声明を残している。さらに、辰吉丈一郎をはじめ現実のボクシング界にも大きな影響を与えた。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た手塚治虫

    当時の梶原は、原作の改変を激しく嫌うことで有名だった。しかし、ちばてつやは本作の作画を引き受けるにあたり、「時と場合に応じて、こちらの方で原作に手を加えさせてくれ」と注文をつけた。担当編集者が恐る恐る梶原にその旨を伝えたところ、「手塚治虫とちばてつやは別格だ、いいでしょう」と快諾した。だが連載1回目、ちばはいきなり「話の導入部がわかりづらい」と梶原の用意した原稿を丸々ボツにし、自ら新たに第1話のストーリーを作り上げた。「好きに手を加えてくれ」と言った梶原もさすがにこれには「こんな馬鹿くせえことやってられるか!」と憤慨し、連載を止めるとまで言い出した。ちばは「新鮮な素晴らしい材料を揃えてもらうのが原作、その原作を料理して美味しく食べやすく味付けをするのが僕の仕事」というスタンスを持っており、ちばはそうした作法を梶原と話し合うことで梶原はこれを納得することとなった。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た梶原一騎

    『あしたのジョー』 は高森朝雄(梶原一騎)原作、ちばてつや画による日本の漫画作品。ボクシングをテーマにしたスポーツ漫画である。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た寺山修司

    『週刊少年マガジン』連載中から社会的反響は大きく、ジョーのライバルである力石徹が作中で死んだ時には、架空の人物であるにも関わらず、寺山修司の提案で天井桟敷のメンバーにより東由多加演出による葬儀が行われた(1970年3月24日、講談社講堂にて)。また1970年3月31日に発生したよど号ハイジャック事件では、ハイジャック犯が「われわれは明日のジョーである」(原文ママ)と声明を残している。さらに、辰吉丈一郎をはじめ現実のボクシング界にも大きな影響を与えた。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見たフジテレビジョン

    1970年(昭和45年)4月1日 - 1971年(昭和46年)9月29日、毎週水曜19時 - 19時30分、フジテレビ系放映(全79話)。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た日本生命保険

    日本生命保険 ライフセイバープラン(1994年)あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た出崎統

    チーフ・ディレクター - 出?統あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
209件中 1 - 10件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード