209件中 31 - 40件表示
  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た三島由紀夫

    ボクシング観戦好きで、自身も1年間ほどジムに通った経験のあった作家・三島由紀夫は、雑誌「週刊少年マガジン」に連載されていた『あしたのジョー』を愛読していたという。夏のある日の深夜、講談社のマガジン編集部に三島が突然現れ、今日発売されたばかりのマガジンを売ってもらいたいと頼みに来たという。理由を聞くと、三島は毎週マガジンを買うのを楽しみにしていたが、その日に限って映画の撮影(『黒蜥蜴』)で、帰りが夜中になり買うところもなくなったため、編集部で売ってもらおうとやって来たという。三島は、「『あしたのジョー』を読むために、毎週水曜日に買っている」と答えた。財布を出した三島に対して、編集部ではお金のやりとりができないから、1冊どうぞと差し出すと嬉しそうに持ち帰ったという。当時は24時間営業のコンビニなどはなかったため、夜になって書店が閉店してしまうと、もう雑誌を買うことができなかった。三島は『あしたのジョー』が読みたくて翌日まで待てなかった。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た夏目房之介

    梶原の実弟である真樹日佐夫は、「死んだとは描いてない、白い灰はあくまで比喩」と語っている。漫画評論家の夏目房之介も、「ジョーの身体が次のページ方向を向いており、リングの線も同じように途切れずに向かっていることから明日があることを意味している」と解説した。2018年3月22日中日新聞のインタビューでちばは、「死んでいませんよ。全ての力を出し切って、白い灰になるというイメージ。ただただ燃え尽きた」と答えている。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た小畑健

    大場つぐみ・小畑健著『バクマン。』では、漫画家を志す主人公・真城最高(サイコー)が好きな漫画のひとつに『あしたのジョー』を挙げており、第15巻130ページ(話)「熱と灰」では、同窓会の帰りに人並みの楽しい生活を送っているクラスメイトと漫画一筋に打ち込んできた自分があまりにも違うことに疑念を持ったサイコーに相方である高木秋人(シュージン)が、『あしたのジョー』のジョーと紀ちゃんの会話「ほんのしゅんかんにせよ、まぶしいほどまっかに燃えあがるんだ」を引き出して答える場面がある。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た西原理恵子

    梶原は後年「あしたのジョーはちばてつやの作品であり、社会現象も彼のおかげだ」とさいとう・たかをに語っているが、ちばは「ジョーはね、私の物でなければ原作者の物でもありません。もうジョーは読んで下さった読者のみなさまの物ですから」と西原理恵子の著書『西原理恵子の人生画力対決』にて語っており、近年流行っている漫画のリメイクなども「オファーはあるが自分の一存では決められない」という。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た具志堅用高具志堅 用高

    1994年、日本生命保険がテレビコマーシャルに『あしたのジョー』を起用した。これは余命6か月と判断された時点で被保険者が死亡保険金を受け取れる商品が対象で、ジョー・段平・力石のバージョンがあった。ジョーのバージョンでは「タオルは投げるな、最後まで完全燃焼したい」というメッセージが添えられ、日本生命によるとこのコマーシャルは「業界筋の高い評価を得、広告としても上々の成果を上げた」という。しかし、嫌悪感や反発を示した者もあり、当時毎日新聞1994年6月24日夕刊文化欄に掲載された匿名コラムでは「安定を求めず破滅を恐れなかったジョーには自分たちの人生にはない潔さがあった。その名作に敬意も払わず、イメージと知名度だけを利用するようなCMにはあざとい商魂がにおうというと言い過ぎだろうか(要約)」という意見が記された。他のCMでは、日清食品のジェットラ王やサッポロ飲料の梅クエン酸2000のCM、1980年には三菱電機のカラーテレビのCMにも具志堅用高と対決という形で登場している(このCMの制作は、実際に試合に近い形のスパーリングを撮影し、その映像にジョーのアニメを被せる形が採られていたが、具志堅の対戦相手を務めたのは、当時よくスパーリングパートナーを務めていた渡嘉敷勝男である)。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た長谷川穂積

    2011年2月5日以降にTBS系列で映画公開記念特別番組『ジョーのあしたはどっちだ!?映画公開記念徹底解剖スペシャル』が放送。また、公開に先立ち、各地域を代表するアスリートが「応援団支部長」に就任し、特別番組やイベントにも登場した。就任したアスリートは、ボクシング界より井岡一翔(公開当日にWBC世界ミニマム級王座獲得)、長谷川穂積(大阪:当時WBC世界フェザー級王者)、黒木優子(福岡:後のWBC女子世界ミニフライ級王者)、ボクシング以外から福島千里(札幌:陸上短距離選手)、楢崎正剛(名古屋:プロサッカー選手)の計5名。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た電気グルーヴ

    『明日のジョー』(電気グルーヴあしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た渡嘉敷勝男渡嘉敷 勝男

    1994年、日本生命保険がテレビコマーシャルに『あしたのジョー』を起用した。これは余命6か月と判断された時点で被保険者が死亡保険金を受け取れる商品が対象で、ジョー・段平・力石のバージョンがあった。ジョーのバージョンでは「タオルは投げるな、最後まで完全燃焼したい」というメッセージが添えられ、日本生命によるとこのコマーシャルは「業界筋の高い評価を得、広告としても上々の成果を上げた」という。しかし、嫌悪感や反発を示した者もあり、当時毎日新聞1994年6月24日夕刊文化欄に掲載された匿名コラムでは「安定を求めず破滅を恐れなかったジョーには自分たちの人生にはない潔さがあった。その名作に敬意も払わず、イメージと知名度だけを利用するようなCMにはあざとい商魂がにおうというと言い過ぎだろうか(要約)」という意見が記された。他のCMでは、日清食品のジェットラ王やサッポロ飲料の梅クエン酸2000のCM、1980年には三菱電機のカラーテレビのCMにも具志堅用高と対決という形で登場している(このCMの制作は、実際に試合に近い形のスパーリングを撮影し、その映像にジョーのアニメを被せる形が採られていたが、具志堅の対戦相手を務めたのは、当時よくスパーリングパートナーを務めていた渡嘉敷勝男である)。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た石橋貴明

    セリフは放送禁止用語が多く、ジョーが力石の死によって、一時的に相手のテンプル(頭の側面)を打てなくなった際、段平が「やつ(矢吹丈)はかたわだ」と言ったセリフは現在自粛されている。漫画版では「ボクサーとして欠陥品だ」に差し替えられ、アニメ「あしたのジョー2」の東京MXテレビでの再放送では当該カットが削除されていた。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の細かすぎて伝わらないモノマネ選手権でガンリキ佐橋大輔が「現在ではあり得ない表現のため、ピー音を入れている段平のセリフ」のモノマネを披露。その後の石橋貴明がその発言を発するが、ピー声で処理されている。佐橋はこれが縁でキリンビバレッジ『メッツコーラ』のCMに丹下段平の声として出演している。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た井岡一翔

    2011年2月5日以降にTBS系列で映画公開記念特別番組『ジョーのあしたはどっちだ!?映画公開記念徹底解剖スペシャル』が放送。また、公開に先立ち、各地域を代表するアスリートが「応援団支部長」に就任し、特別番組やイベントにも登場した。就任したアスリートは、ボクシング界より井岡一翔(公開当日にWBC世界ミニマム級王座獲得)、長谷川穂積(大阪:当時WBC世界フェザー級王者)、黒木優子(福岡:後のWBC女子世界ミニフライ級王者)、ボクシング以外から福島千里(札幌:陸上短距離選手)、楢崎正剛(名古屋:プロサッカー選手)の計5名。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

209件中 31 - 40件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード