209件中 51 - 60件表示
  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た毎日放送

    製作 - 「あしたのジョー」製作委員会(TBSテレビ、ジェイ・ストーム、東宝、電通、講談社、毎日放送、中部日本放送、OXYBOT、RKB毎日放送、TBSラジオ&コミュニケーションズ、北海道放送)あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見たブラザー工業

    ブラザー工業 インクジェットプリンタ「PRIVIO」(2013年)「あしたの常(ジョー)識」編 (10月?)「あしたの年賀ジョー」編(11月?)ちなみに、丹下役は山崎弘也。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た三菱電機

    1994年、日本生命保険がテレビコマーシャルに『あしたのジョー』を起用した。これは余命6か月と判断された時点で被保険者が死亡保険金を受け取れる商品が対象で、ジョー・段平・力石のバージョンがあった。ジョーのバージョンでは「タオルは投げるな、最後まで完全燃焼したい」というメッセージが添えられ、日本生命によるとこのコマーシャルは「業界筋の高い評価を得、広告としても上々の成果を上げた」という。しかし、嫌悪感や反発を示した者もあり、当時毎日新聞1994年6月24日夕刊文化欄に掲載された匿名コラムでは「安定を求めず破滅を恐れなかったジョーには自分たちの人生にはない潔さがあった。その名作に敬意も払わず、イメージと知名度だけを利用するようなCMにはあざとい商魂がにおうというと言い過ぎだろうか(要約)」という意見が記された。他のCMでは、日清食品のジェットラ王やサッポロ飲料の梅クエン酸2000のCM、1980年には三菱電機のカラーテレビのCMにも具志堅用高と対決という形で登場している(このCMの制作は、実際に試合に近い形のスパーリングを撮影し、その映像にジョーのアニメを被せる形が採られていたが、具志堅の対戦相手を務めたのは、当時よくスパーリングパートナーを務めていた渡嘉敷勝男である)。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た日本コロムビア

    日本コロムビア - 主題歌・サントラ盤の発売元で、サントラ曲や大半の楽曲を音源保有。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見たぴあ

    全国277スクリーンで公開され、2011年2月12,13日土日2日間で興収は1億9,449万4,250円、動員は15万6,877人(初日からの3日間では興収は3億232万1,700円、動員は24万3,955人)になり映画観客動員ランキング(興行通信社調べ)で初登場第3位となった。また、ぴあ初日満足度ランキング(ぴあ映画生活調べ)では第2位と幅広い世代に高評価されている。3月には台湾でも公開され、各国での配給が決定されている。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た田辺製薬

    田辺製薬 アスパラ(2005年)あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見たガンリキガンリキ

    丹下段平 - 佐橋大輔(ガンリキあしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た別所孝治

    プロデューサー - 富岡厚司、池内辰夫、渡辺忠美、別所孝治(フジテレビ)あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た八木正生

    音楽 - 八木正生(A・R・A)あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

  • あしたのジョー

    あしたのジョーから見た東由多加

    『週刊少年マガジン』連載中から社会的反響は大きく、ジョーのライバルである力石徹が作中で死んだ時には、架空の人物であるにも関わらず、寺山修司の提案で天井桟敷のメンバーにより東由多加演出による葬儀が行われた(1970年3月24日、講談社講堂にて)。また1970年3月31日に発生したよど号ハイジャック事件では、ハイジャック犯が「われわれは明日のジョーである」(原文ママ)と声明を残している。さらに、辰吉丈一郎をはじめ現実のボクシング界にも大きな影響を与えた。あしたのジョー フレッシュアイペディアより)

209件中 51 - 60件表示

「あしたのジョー」のニューストピックワード