前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示
  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見たムーミン

    新潟トランシスのNDCであり、基本的な車体構造は真岡鐡道のモオカ14形(後期形)や松浦鉄道のMR-600形(いずれも日本車輌製)をベースとしている。座席配置はいすみ200型とは異なりセミクロスシートとなる。開閉可能な側面窓、国鉄の列車を模した青色モケットのクロスシート座席、木目調の内装、幕式の行先表示器などが特徴である。また、トイレも設置され、トイレ脇にはムーミンのキャラクターのぬいぐるみを備えた棚が設置されている。全部で3両が増備される予定。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た日本車輌製造

    新潟トランシスのNDCであり、基本的な車体構造は真岡鐡道のモオカ14形(後期形)や松浦鉄道のMR-600形(いずれも日本車輌製)をベースとしている。座席配置はいすみ200型とは異なりセミクロスシートとなる。開閉可能な側面窓、国鉄の列車を模した青色モケットのクロスシート座席、木目調の内装、幕式の行先表示器などが特徴である。また、トイレも設置され、トイレ脇にはムーミンのキャラクターのぬいぐるみを備えた棚が設置されている。全部で3両が増備される予定。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見たブリティッシュ・エアウェイズ

    同年5月4日に社長の再公募を発表し、6月1日、123人の公募の中から元ブリティッシュ・エアウェイズ旅客運航部長の鳥塚亮が内定し、同月28日に開かれた株主総会と取締役会を経て代表取締役社長に就任した。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た東日本旅客鉄道

    1988年(昭和63年)3月24日 - 東日本旅客鉄道(JR東日本)木原線廃止、いすみ線開業。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た西日本旅客鉄道

    西日本旅客鉄道(JR西日本)大糸線非電化区間で運用されていた車両。2010年の廃車後にいすみ200型の置き換えおよび観光用目的でJR西日本から譲渡された。いすみ鉄道到着後の同年12月12日に大多喜駅構内で撮影会を行った後に国鉄気動車標準色(クリーム4号+朱色4号)に塗装変更し、翌2011年1月9日にお色直し撮影会。全般検査後の同年3月27日にお披露目撮影会、同年4月8日にチャリティー公開試運転を行い、同年4月29日に「観光急行列車」として営業運転を開始した。またこの車両による小湊鉄道との相互乗り入れ構想があることも社長自らのブログで明らかにしている。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た真岡鐡道

    新潟トランシスのNDCであり、基本的な車体構造は真岡鐡道のモオカ14形(後期形)や松浦鉄道のMR-600形(いずれも日本車輌製)をベースとしている。座席配置はいすみ200型とは異なりセミクロスシートとなる。開閉可能な側面窓、国鉄の列車を模した青色モケットのクロスシート座席、木目調の内装、幕式の行先表示器などが特徴である。また、トイレも設置され、トイレ脇にはムーミンのキャラクターのぬいぐるみを備えた棚が設置されている。全部で3両が増備される予定。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た富士重工業

    かつて富士重工業が第三セクター鉄道向けに製造していたLE-CarIIシリーズの一形式である。後乗り前降り制のワンマンカー。当初座席タイプはセミクロスシートで形式称号は「いすみ100型」であったが、ロングシート化に際し「いすみ200型」に、さらにその後の床の張替えで「いすみ200'型」に改番された。老朽化に伴う新型車両の導入により203・204・207が廃車となり、2012年6月現在201・202・205・206が在籍している。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た日本国有鉄道

    いすみ鉄道株式会社(いすみてつどう)は、千葉県夷隅郡大多喜町に本社を置き、日本国有鉄道(国鉄)特定地方交通線の一つだった木原線を引き継いだ鉄道路線いすみ線を運営する、沿線自治体などが出資する第三セクター方式の鉄道事業者。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た久留里線

    JR東日本幕張車両センター木更津派出所属で、2012年12月で運用を終了した久留里線のキハ30を2013年度に導入することが鳥塚社長のブログで公表されている。2013年1月16日深夜に木更津から配給輸送が行われた。導入されることになったキハ30 62は新製配置が勝浦で、木原線時代に同線へ入線していた経緯がある。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

  • いすみ鉄道

    いすみ鉄道から見た国土交通省

    2010年3月4日には、訓練費700万円を採用時に自己負担する事を条件に列車運転免許を取得できるという運転士養成プランを発表した。同プランに基づき40代から50代の男性4名が採用された。その後、4人はディーゼル列車の運転資格である国土交通省の「動力車操縦資格試験」に合格し、2012年夏より単独乗務予定である。いすみ鉄道 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5
44件中 1 - 10件表示

「いすみ鉄道」のニューストピックワード