前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
876件中 1 - 10件表示
  • 境界性パーソナリティ障害

    境界性パーソナリティ障害から見たうつ病うつ病

    また自己破壊的行為のほとんどは抑うつ状態で起こっていることが種々の調査で明らかになっている。パーソナリティの問題が改善するとうつ状態が良くなることがある一方、うつ病の治療をすることで衝動的行動が改善することもあるなど、互いに密接にかかわっている。うつ状態はほとんどの患者にみられ、マスターソンやベルジュレなど、抑うつを境界性パーソナリティの中心構造とみる研究者もいる。この「抑うつ感」は主に空虚感と無力感が中心である。境界性パーソナリティ障害 フレッシュアイペディアより)

  • 過労死

    過労死から見たうつ病うつ病

    過労死(かろうし、)とは、長時間の残業や休みなしの勤務を強いられる結果、精神的・肉体的負担で、労働者が脳溢血、心臓麻痺などで突然死することである。なお、過労・長時間労働は、うつ病や燃え尽き症候群を引き起こしがちで、その結果自殺する人も多いので、「過労自殺」も含む用語として使われる場合もある。過労死 フレッシュアイペディアより)

  • 精神障害

    精神障害から見たうつ病うつ病

    精神障害(せいしんしょうがい、)は、精神や行動における特定の症状を呈することによって、機能的な障害を伴っている状態である。世界保健機関は、症状と苦痛とを組み合わせた機能不全とし、アメリカ精神医学会によれば著しい苦痛や社会的な機能の低下を伴っているものであり、死別など喪失によるありうる反応や、文化的に許容できる反応は精神障害ではない。精神疾患()の語が用いられるが、厳密に正しい用語は精神障害である。従来のイメージである不可逆的なものとは異なるため、診断名に「症」の字を当てはめる動きについては議論がある。発達上の問題や統合失調症、うつ病や双極性障害といった気分障害や、パニック障害といった不安障害、性機能障害、また薬物依存症といった物質関連障害など様々な症状を呈する状態がある。知的障害やパーソナリティ障害が含まれる。診断された者は精神障害者と呼ばれる。精神障害 フレッシュアイペディアより)

  • 双極性障害

    双極性障害から見たうつ病うつ病

    双極性障害(そうきょくせいしょうがい、)は、躁(そう)状態(躁病エピソード)と鬱(うつ)状態(大うつ病エピソード)の病相(エピソード)を繰り返す精神疾患である。ICD-10では、うつ病とともに「気分障害」のカテゴリに含まれている。 古い呼び名では、あるいは他の名称として、とも言う。双極性障害 フレッシュアイペディアより)

  • 向精神薬

    向精神薬から見たうつ病うつ病

    1957年には、ベルギーの薬理学者 (Paul Janssen) がクロルプロマジンより優れているとされる抗精神病薬ハロペリドールを開発する。1957年に、スイスの精神科医ローラント・クーンによってイミプラミンが、精神賦活作用を有することが見いだされ、うつ病の薬物療法への道が開かれた向精神薬 フレッシュアイペディアより)

  • アスペルガー症候群

    アスペルガー症候群から見たうつ病うつ病

    発生原因は不明である。効果が示されたと広く支持される治療法はない。放っておくとうつ病や強迫性障害といった二次障害になることがあるとの指摘もある。アスペルガー症候群 フレッシュアイペディアより)

  • メンタルヘルス

    メンタルヘルスから見たうつ病うつ病

    イギリスの精神障害による経済的損失は700億ポンド(GDPの4.5%)と推定されており、主な離職原因でありESA受給者の40.9%を占めている。英国保健省の統計によれば、イングランドでは成人の6人に1人が人生のある時点で精神保健問題を経験し、また5-16歳の児童青年では10人に1人が精神障害を抱え、多くは罹患したまま成人となる。初回罹患は平均14歳で、4分の3は20歳中盤までに罹患し、100人に約1人は深刻な障害である。65歳以上人口では35%が罹患している。また成人の約半数は人生のある時点でうつ病を最低1回は経験する。メンタルヘルス フレッシュアイペディアより)

  • 化学的不均衡

    化学的不均衡から見たうつ病うつ病

    基本概念は、脳内の神経伝達物質の不均衡が精神状態の主な原因であり、これらの不均衡を正す薬物は精神状態を改善し得るというものである。この言葉は、脳化学の研究に由来する。1950年代、モノアミン酸化酵素阻害薬(MAOI)と三環系抗うつ薬がうつ病の治療に効果があると偶然発見された。化学的不均衡 フレッシュアイペディアより)

  • 不眠症

    不眠症から見たうつ病うつ病

    寝付くことができても、朝早く目が覚めてしまい、再び入眠できない状態である。合計睡眠時間が6.5時間に達する前に、覚醒が(30分以上)早く起こり、睡眠に戻ることができなくなる。しばしばうつ病に特徴的である。不眠症 フレッシュアイペディアより)

  • 身体醜形障害

    身体醜形障害から見たうつ病うつ病

    『精神障害の診断と統計マニュアル』第5版のDSM-5では強迫性障害関連症群(スペクトラム) に含まれる。その強い強迫観念から身体醜形障害はうつ病を併発する割合もかなり高いとされる。身体醜形障害 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
876件中 1 - 10件表示

「うつ病」のニューストピックワード