876件中 91 - 100件表示
  • 自臭症

    自臭症から見たうつ病うつ病

    また心の病として、本症状は身体醜形障害やうつ病を併発することもある。つまりは、これらを包括的に強迫性障害の1類型と捉える事ができる。実際の臭いよりもまして心理的要素、苦悩が強いのが本症の特徴である。自臭症 フレッシュアイペディアより)

  • マンガで分かる心療内科

    マンガで分かる心療内科から見たうつ病うつ病

    心療内科にて扱ううつ病、認知症、適応障害などの症例について、登場人物のやり取りを通して解説を行うギャグ漫画である。作品特性上、回毎の物語としての繋がりは薄く、ほぼ毎回1話完結にて描かれるのが当初の形式であったが、説明量が大きくなった場合、前後編など複数回にまたがるケースもあった。「アドラー心理学編」以降、単行本1冊分に及ぶ連続形式もたびたび採られている。マンガで分かる心療内科 フレッシュアイペディアより)

  • 斎藤環

    斎藤環から見たうつ病うつ病

    皇太子妃の病状について紙媒体で、「……新しいタイプである『ディスチミア親和型うつ病』の場合、パブリックな仕事はできないが、プライベートでは活動的で元気に見える。困難な義務から逃避し、はたからは仮病、わがままにしか見えない、不幸にしてそうした側面が際立つうつ病である」と述べている。斎藤環 フレッシュアイペディアより)

  • 単一光子放射断層撮影

    単一光子放射断層撮影から見たうつ病うつ病

    また、アメリカの医学博士のダニエルエイメン博士(Amen,Daniel G)によれば、うつ病、双極性障害、ADHDなども脳機能イメージングで判断でき、今後の進展が期待されている。単一光子放射断層撮影 フレッシュアイペディアより)

  • 桂枝雀 (2代目)

    桂枝雀 (2代目)から見たうつ病うつ病

    結婚して間もなく長男が生まれた。また、落語だけに専念したいと言うことから、それまで行っていた他の芸能仕事もやめ、家でひたすらネタ繰りに没頭するようになっていた。1973年のある日、夫人がいつものように小米をタクシーから降りて見送ろうとすると、「演芸場に行くのが怖い」と言って、その場にしゃがみこんでしまったという。夫人は「えらいことが起きました」と米朝に連絡し、病院に連れていったところ、重いうつ病と診断された。桂枝雀 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • ジアゼパム

    ジアゼパムから見たうつ病うつ病

    ジアゼパムによる有害事象としては、前向性健忘(特に高用量で)と鎮静、同時に、激昂やてんかん患者における発作の悪化といった奇異反応が挙げられる。またベンゾジアゼピン系はうつ病の原因となったり悪化させることがある。ジアゼパムも含め、ベンゾジアゼピンの長期的影響として耐性の形成、ベンゾジアゼピン依存症、減薬時のベンゾジアゼピン離脱症状がある。ベンゾジアゼピンの中止後の認知的な損失症状は、少なくとも6か月間持続する可能性があり、いくつかの損失症状の回復には、6か月以上必要な可能性があることが示されている。ジアゼパムには身体的依存の可能性があり、長期間にわたって使用すれば身体的依存による重篤な問題の原因となる。処方の慣行を改善するために各国政府に対して、緊急な行動が推奨されている。ジアゼパム フレッシュアイペディアより)

  • パーキンソン病

    パーキンソン病から見たうつ病うつ病

    精神症状としては、感情鈍麻、、不安、うつ症状、幻視・幻聴、認知障害などが挙げられる。感情鈍麻はパーキンソン病のうつ症状に合併することが多いが、単独でも現れる。うつ症状はパーキンソン病の精神症候の中で最も頻度の高い症候とされてきたが、実際の頻度については定説がない。最も用いられている数値は約40%である。幻視も頻度の高い精神症候である。この症候は抗パーキンソン薬による副作用と考えられてきたが、近年ではそれだけでなく、内因性・外因性の様々な要素によって引き起こされるとする考え方が有力になっている。以前は特殊な例を除き認知障害は合併しないといわれていたが、近年では後述のように認知障害を伴うパーキンソン病の例が多いとみなされるようになっている。パーキンソン病 フレッシュアイペディアより)

  • 熊本典道

    熊本典道から見た鬱病うつ病

    1966年 - 4月、福島地方・家庭裁判所白河支部判事補となるも、妻が鬱病で入水自殺未遂を起こす。妻の療養のため退官して東京で弁護士になろうとしたが、最高裁係官に慰留され、妻の実家がある静岡に転勤。11月から静岡地方・家庭裁判所判事補。12月2日の第2回公判から袴田事件を担当。熊本典道 フレッシュアイペディアより)

  • 注意欠陥・多動性障害

    注意欠陥・多動性障害から見たうつ病うつ病

    うつ病は主に周りのネガティブな反応に対して二次障害として併発する。抑うつによる注意力散漫と鑑別する必要がある。注意欠陥・多動性障害 フレッシュアイペディアより)

  • 抑うつ

    抑うつから見たうつ病うつ病

    死別や経済破綻、災害や重篤な病気などへの反応は、理解可能な正常な悲観反応である。抑うつの原因が全て精神障害であるとは限らない。認知症の初期症状や、甲状腺機能低下症あるいは亢進症など他の医学的疾患も抑うつの原因となりえる。抑うつは人生の出来事の一つに対する通常の反応としても起こり、ごく一部の医学的な症候についてが医学的治療や薬物療法の対象となる。うつ病として扱われるのは、ほぼ毎日、2、3週間は抑うつであり、さらに著しい機能の障害を引き起こすほど重症である場合である。抑うつ フレッシュアイペディアより)

876件中 91 - 100件表示

「うつ病」のニューストピックワード