539件中 11 - 20件表示
  • リチウム塩

    リチウム塩から見たうつ病うつ病

    リチウム塩(リチウムえん)は化学的なリチウムの塩で気分安定薬であり、特に双極性障害、うつ病に用いられるが、統合失調症の治療にも用いられる。通常は炭酸リチウム(Li2CO3)が用いられるが、クエン酸塩であるクエン酸リチウムが用いられることもある。また、オロチン酸塩であるオロチン酸リチウムも使用される。塩は中枢神経系に広く運ばれ、神経伝達物質や受容体の多数に作用し、ノルアドレナリンの放出を抑制して、セロトニンの合成を促進する。リチウム塩 フレッシュアイペディアより)

  • 自律神経失調症

    自律神経失調症から見たうつ病うつ病

    この病気は実際にはうつ病やパニック障害、過敏性腸症候群や身体表現性障害などが原疾患として認められる場合が多く、原疾患が特定できない場合でもストレスが要因になっている可能性が高いため、適応障害と診断されることもある。また、癌などであっても似たような症状が表れることがある。自律神経失調症 フレッシュアイペディアより)

  • 睡眠相後退症候群

    睡眠相後退症候群から見たうつ病うつ病

    DSPSは頻繁に誤診されたり見逃されたりする。もっともよく原発性の精神障害と誤診される睡眠障害として名前が挙げられている。DSPSはよく精神心理学的な不眠症、うつ病、統合失調症、注意欠陥多動性障害(ADHD、ADD)、その他の睡眠障害、登校拒否のような意図的な行動と混同される。睡眠医学の開業医は、がっかりするほどDSPSが正しく診断される率が低いと指摘し、医師が睡眠障害についてよく教育を受けること望んでいる。睡眠相後退症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 対人関係療法

    対人関係療法から見たうつ病うつ病

    対人関係療法(たいじんかんけいりょうほう、Interpersonal psychotherapy、IPT)とは、1970?1980年代に中等度?重度の非妄想性うつ状態と診断された成人に対する外来治療法として開発された短期心理療法である。ハリー・スタック・サリヴァンの精神医学における対人関係理論に由来する。その後、多くの実験的研究により、対人関係療法がうつに有効だと示された。本来は成人の個人療法として開発されたが、若年成人や老年期、双極性障害・過食症・産後うつ・夫婦カウンセリングなどにも使用できるように修正を加えられてきた。対人関係療法は精神力動理論に基礎を持つが、短期であること、そして課題・構造化面接・評価ツールを用いるという点において、現代の認知行動学的方法も用いている。対人関係療法 フレッシュアイペディアより)

  • トム・ヨーク

    トム・ヨークから見た鬱病うつ病

    鬱病って言うのは病気だ。そういうのをアーティスティクなものと関連付けようとする輩もいるけど、頭がおかしいとしか思えない。それはただの苦しい病気なんだよ。病人を冒涜している。」トム・ヨーク フレッシュアイペディアより)

  • セバスティアン・ダイスラー

    セバスティアン・ダイスラーから見たうつ病うつ病

    1998年にボルシアMGでプロデビュー。その年にチームが2部リーグへ降格し、ヘルタ・ベルリンに移籍。そして2000年2月のオランダ戦でドイツ代表として初出場する。しかしワールドカップ・日韓大会の直前の親善試合オーストリア代表戦で左膝の靭帯を断裂してしまい、そのためドイツが準優勝した2002年のワールドカップ・日韓大会の出場メンバーから外れてしまった。それでも高い評価を受けて負傷していながらも、その夏にバイエルン・ミュンヘンに移籍を果たす。翌2003年には復帰し主力として活躍していたが、周りからの期待によるプレッシャーや両親の離婚、妊娠した恋人の健康上の不安などがストレスとなって今度はうつ病のために戦線を離脱。サッカー界やドイツ国内に衝撃を与えた。セバスティアン・ダイスラー フレッシュアイペディアより)

  • 向精神薬

    向精神薬から見たうつ病うつ病

    、日本にてリタリンの不適切処方問題が表面化。うつ病がリタリンの適応症から外される。翌年に流通規制制度を設ける向精神薬 フレッシュアイペディアより)

  • 意志

    意志から見たうつ病うつ病

    「精神運動制止」とも呼び、行動を起こしくい状態。思考や行動が遅くなる。うつ病で見られる。これが極端になったのが次項の昏迷である。意志 フレッシュアイペディアより)

  • セント・ジョーンズ・ワート

    セント・ジョーンズ・ワートから見たうつ病うつ病

    セント・ジョーンズ・ワート()は、一般的にセイヨウオトギリソウ(Hypericum perforatum、西洋弟切草、英語では Klamath weed、Goat weedとも呼ばれる)という植物種のことを指す。また、様々な修飾語とともに、オトギリソウ Hypericum 属に属する他の種のことを指すこともあり、英語ではそれらと区別するために、H. perforatum を Common St. John's wort と呼ぶ場合もある。近年うつ病治療の観点から注目を集めているハーブである。セント・ジョーンズ・ワート フレッシュアイペディアより)

  • 抗精神病薬

    抗精神病薬から見たうつ病うつ病

    主に中脳辺縁系のドパミン作動性ニューロンのドパミンD2受容体を遮断することで、妄想・幻覚と言った精神症状を軽減させる。また、脳の興奮状態を抑制させる作用を利用して、抗不安薬では取り除けないような強度の不安や極度のうつ状態、不眠に対する対処薬としても利用される場合もある。また、ドパミン遮断作用を応用し、嘔気・嘔吐などの消化器症状や吃逆の対症薬として利用される場合もある。抗精神病薬 フレッシュアイペディアより)

539件中 11 - 20件表示

「うつ病」のニューストピックワード