876件中 11 - 20件表示
  • 妄想

    妄想から見たうつ病うつ病

    様々な精神疾患(統合失調症、妄想性障害、双極性障害、うつ病、妄想性パーソナリティ障害、統合失調型パーソナリティ障害、境界性パーソナリティ障害、認知症、せん妄、あるタイプのてんかん、急性薬物中毒、覚醒剤乱用など)に伴って生じることがある。しかし、健常者においても断眠や感覚遮断など特殊な状況に置かれると一時的に妄想が生じることもある。妄想 フレッシュアイペディアより)

  • 自閉症

    自閉症から見たうつ病うつ病

    抗うつ薬、特にSSRIを妊娠中に使用することは、母体のうつ病を考慮しても、子供が自閉症スペクトラムになるリスクを増大させる。自閉症 フレッシュアイペディアより)

  • 情動調節障害

    情動調節障害から見たうつ病うつ病

    臨床上、情動調節障害との鑑別で最も問題となるのはうつ病である。PBAの基礎疾患は長期に渡って進行する神経変性疾患であることが多く、その性質上、うつ症状などの気分の変動が生じる可能性が高く、実際に症状からだけではPBAとうつ病などの気分障害とで明瞭な違いが見られないことも多い。ただし両者における症状の持続期間は比較的明瞭に異なり、うつ病の症状の方がより持続的であるといえる。また明らかに過度な情緒反応はうつ症状では考えにくく、うつ病に通常見られるような睡眠や食欲の減退などもPBAそのものでは認めにくい。脳卒中後うつ病Post Stroke Depressionは特にしばしば鑑別が困難であると考えられるが、PBAを有する場合はより特徴的な悲哀感の表出や泣き発作が現れるとされる。他に鑑別の必要な疾患は、てんかんやチック、ジストニアなどの神経・精神疾患であり、また副作用を含めた薬剤による影響も考慮する必要があるため、いずれにせよ臨床的にPBAの診断を下すためには、症状への丁寧な問診が重要であると考えられている。情動調節障害 フレッシュアイペディアより)

  • リエゾン精神医学

    リエゾン精神医学から見たうつ病うつ病

    CLPの対象となる疾患は限りなく広いが、おおよそ心身両面がかかわっているという共通点がある。心気症やうつ病での食欲低下など直接身体に現れる症状、パーソナリティ障害による自殺未遂などの二次的身体症状、身体疾患が二次的に脳に波及した場合(せん妄など)、アカシジアなど薬剤に起因する精神症状、ICU症候群、癌などでの身体症状悪化による抑うつ、がん患者やその家族の心のケアにあたる精神腫瘍学(サイコオンコロジー)などその範囲は多岐にわたる。他覚的には異常が見られない神経症傾向のある患者が訴える心身症的な疾患(慢性疼痛など)も、身体・精神科双方の領域にまたがり、やはり連携が必要となる疾患である。リエゾン精神医学 フレッシュアイペディアより)

  • 自殺

    自殺から見たうつ病うつ病

    自殺は様々な事情が複雑に絡み合って生じる場合が多い。高所得国における主な理由は精神疾患(特にうつ病とアルコール乱用)であり、ほか金銭的問題、人間関係の破綻、慢性痛や病気などがある。WHOは「自殺は、そのほとんどが防ぐことのできる社会的な問題。適切な防止策を打てば自殺が防止できる」としている。そのうえでWHOは、一人一人のこの上なく尊い生命を守るため、本格的な予防戦略である世界自殺予防戦略(SUPRE)を実施している。このようなWHOに準ずる形で、各国で行政・公的機関・NPO・有志の方々による多種多様な自殺予防活動が行われている。日本では『支援情報検索サイト』『いきる・ささえる相談窓口』などが設けられていて『もしあなたが悩みを抱えていたら、ぜひ相談してください』と呼びかけている。日本では景気の回復に伴い、1978年から統計が始まった10万人あたりの自殺率が過去最低を下回った。自殺 フレッシュアイペディアより)

  • 吉村竜児

    吉村竜児から見たうつ病うつ病

    アメリカのサンノゼ州立大学に入学する直前に父親が難病筋ジストロフィーで他界。それが元で大学時代にうつ病を煩い薬での治療を試みる。しかし薬物治療でうつ病は治らないことを理解し自身の環境を一新する。これを機に好きだった演劇の世界に入りうつ病を自らの力で克服。この時から潜在意識や心理学について傾倒する。吉村竜児 フレッシュアイペディアより)

  • ベンラファキシン

    ベンラファキシンから見たうつ病うつ病

    ベンラファキシン(Venlafaxine)は、セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)に分類される抗うつ薬である。商品名イフェクサーで知られる。体内と脳内で神経伝達物質であるセロトニンとノルアドレナリンの濃度を上昇させる。1993年に米国でワイス(現ファイザー)が発売した。うつ病(MDD)、全般性不安障害(GAD)、パニック障害、社交不安障害の治療に用いられる。日本では2015年に、うつ病・うつ状態の適応が下りている。薬事法における劇薬である。ベンラファキシン フレッシュアイペディアより)

  • 侵入思考

    侵入思考から見たうつ病うつ病

    侵入思考(しんにゅうしこう、Intrusive thought)とは、望まない非自発的な思考、イメージ、不愉快な考え。それは強迫的なものであって、心を動揺させ、不快感を与え、除去するのが難しいと感じるものである。このような症状は強迫性障害(OCD)、臨床的うつ病、身体醜形障害(BDD)、ADHDに関連付けられており、それは麻痺させ、不安を引き起こし、さらに持続させうる。侵入思考はまた強迫性障害 、PSTD、その他不安障害、摂食障害、精神病における、エピソード記憶、望まない懸念や記憶に関連付けられている。その侵入思考、侵入的衝動、侵入的イメージは、不適切なシチュエーションにおける不適切な内容であり たいてい攻撃的、性的、冒涜的なテーマである。侵入思考 フレッシュアイペディアより)

  • パロキセチン

    パロキセチンから見たうつ病うつ病

    児童青年のうつ病への効果は確認できず、また安全性も確認できず有害事象が報告されており、英国国立医療技術評価機構(NICE)は児童青年には処方してはならないとしている。グラクソ・スミスクライン社、パキシルでは児童青年に対し、有害事象の証拠がありながら安全で効果的だとしてマーケティングを行なったため、米国司法省より30億ドルの訴訟を行われたという歴史がある。パロキセチン フレッシュアイペディアより)

  • LGBTに関連した医療テーマ

    LGBTに関連した医療テーマから見たうつ病うつ病

    LGBTに関連した医療テーマではレズビアン、ゲイ、バイセクシャルおよびトランスジェンダーの人々の健康問題や医療サービスの利用機会に関する問題を扱う。アメリカ合衆国の「Gay and Lesbian Medical Association」(GLMA、ゲイおよびレズビアン医師会)によると、HIV/AIDSと並んでLGBTの人々に関連する問題として、乳癌、子宮頸癌、肝炎、メンタルヘルス、薬物乱用、喫煙、うつ、トランスジェンダーの医療アクセスなどの課題があるとされる。この分野における研究の進歩に伴い、LGBTの人々の性的指向や性自認、またその表明に関連して健康問題や障害が存在することが浮かび上がってきた。LGBTに関連した医療テーマ フレッシュアイペディアより)

876件中 11 - 20件表示

「うつ病」のニューストピックワード