539件中 31 - 40件表示
  • インターフェロン

    インターフェロンから見た抑鬱うつ病

    副作用としては発熱、だるさ、疲労、頭痛、筋肉痛、けいれんなどのインフルエンザ様症状、また投与部位の紅斑、痛み、痒みが多い。まれに脱毛、蛋白尿、めまいや抑鬱もある。インターフェロン フレッシュアイペディアより)

  • 身体醜形障害

    身体醜形障害から見たうつ病うつ病

    身体醜形障害(しんたいしゅうけいしょうがい、Body Dysmorphic Disorder:BDD)とは、自分の身体や美醜に極度にこだわる症状である。実際よりも低い自己の身体的なイメージが原因である。一種の心気症や強迫性障害とされる。重度の場合は統合失調症ともなる。俗に醜形恐怖また醜貌恐怖といわれる。また非常に強い強迫観念から強迫性障害と深い関連性があり、強迫スペクトラム障害にある。その強い強迫観念から身体醜形障害はうつ病も併発する割合もかなり高いとされる。また欧米では身体醜形障害(BDD)と独立だった専門分野として治療されているようだが、本国日本での治療分野では身体醜形障害はまだ独立だって居らず、強迫性障害や統合失調症の前駆症状と診断されているケースが多いようである。当然、強迫スペクトラム障害の伏線上にある純粋な身体醜形障害としての診断もある。身体醜形障害 フレッシュアイペディアより)

  • パーキンソン病

    パーキンソン病から見たうつ病うつ病

    精神症状としては、感情鈍麻 (apathy)、快感喪失 (anhedonia)、不安、うつ症状、精神症候(特に幻視)、認知障害を合併する場合が多い。感情鈍麻はパーキンソン病のうつ症状に合併することが多いが、単独でも現れる。うつ症状はパーキンソン病の精神症候の中で最も頻度の高い症候とされてきたが、実際の頻度については定説がない。最も用いられている数値は約40%である。幻視も頻度の高い精神症候である。この症候は抗パーキンソン薬による副作用と考えられてきたが、近年ではそれだけでなく、内因性・外因性の様々な要素によって引き起こされるとする考え方が有力になっている。以前は特殊な例を除き認知障害は合併しないといわれていたが、近年では後述のように認知障害を伴うパーキンソン病の例が多いとみなされるようになっている。パーキンソン病 フレッシュアイペディアより)

  • 桂枝雀 (2代目)

    桂枝雀 (2代目)から見たうつ病うつ病

    結婚して間もなく長男が生まれた。また、落語だけに専念したいと言うことから、それまで行っていた他の芸能仕事もやめ、家でひたすらネタ繰りに没頭するようになっていた。1973年のある日、夫人がいつものように小米をタクシーから降りて見送ろうとすると、「演芸場に行くのが怖い」と言って、その場にしゃがみこんでしまったという。夫人は「えらいことが起きました」と米朝に連絡し、病院に連れていったところ、重いうつ病と診断された。桂枝雀 (2代目) フレッシュアイペディアより)

  • シアノコバラミン

    シアノコバラミンから見た抑うつうつ病

    ビタミンB12欠乏症は、潜在的に深刻で不可逆的な障害を脳と神経にもたらしうる。通常よりもわずかに不足しているレベルでも、疲労、抑うつ、物忘れのようなある程度の症候が現れることがある。しかしながら、これらの兆候は余りにも特徴がなくビタミンの欠乏であると診断することはできない。シアノコバラミン フレッシュアイペディアより)

  • 慢性疲労症候群

    慢性疲労症候群から見たうつ病うつ病

    アメリカ疾病予防センター (CDC) によると、完治は希で5%?10%であるものの、治療により改善したり、ある程度回復するとされている。日本では人口の0.3%にあたる約38万人がCFSを罹患していると推定されているが、認知度の低さにより、適切な診断を受けていないか、うつ病・神経症・更年期障害・自律神経失調症等に誤診されている患者が多いと思われる。慢性疲労症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 自閉症

    自閉症から見たうつ病うつ病

    日常語でうつ病やひきこもり、内気な性格を指して自閉症と呼ぶこともあるが、これは医学的には完全に誤った用語である。詳しくはを参照のこと。自閉症 フレッシュアイペディアより)

  • ジアゼパム

    ジアゼパムから見たうつ病うつ病

    自殺企図を有するうつ病の、うつ症状が明確に緩和されるまでの初期治療(抗うつ薬が併用される)ジアゼパム フレッシュアイペディアより)

  • ロフラゼプ酸エチル

    ロフラゼプ酸エチルから見たうつ病うつ病

    心身症や神経症などにおける不安、緊張、抑うつなどの精神症状のほか、それに伴う身体症候(緊張型頭痛、頚椎症、高血圧、肩こり、動悸など)。ほかパニック障害やうつ病、自律神経失調症、睡眠障害など。精神科以外でも内科などでしばしば使われる。ロフラゼプ酸エチル フレッシュアイペディアより)

  • 認知症

    認知症から見た抑うつうつ病

    幻覚・妄想、徘徊、異常な食行動、睡眠障害、抑うつ、不安・焦燥、暴言・暴力(噛み付く)、性的羞恥心の低下(異性に対する卑猥な発言の頻出など)、時間感覚の失調、など。認知症 フレッシュアイペディアより)

539件中 31 - 40件表示

「うつ病」のニューストピックワード