876件中 41 - 50件表示
  • 反跳作用

    反跳作用から見たうつ病うつ病

    デキストロアンフェタミン(アデロール)やメチルフェニデート(リタリン)のような神経刺激薬の反跳作用には、一時的に増大した形の精神病やうつ病やADHD症状の再来が含まれる。メチルフェニデートを断薬したADHDの子供の3分の1に、反跳作用が起きる。反跳作用 フレッシュアイペディアより)

  • 憂鬱くんとサキュバスさん

    憂鬱くんとサキュバスさんから見たうつ病うつ病

    原型は2015年2月8日、作者がTwitter上に、うつ病への周囲からの理解を深めようという意図で投稿した、数枚のラフスケッチ漫画。うつ病患者を叱咤激励するのでなく、寄り添うことが必要というメッセージと、そのテーマに面倒見の良すぎるサキュバス(淫魔)を組み合わせた一種ミスマッチな内容がネット上で好評となり、「となりのヤングジャンプ」での連載へと発展した。連載化後は小ネタ・時事ネタギャグを駆使した日常系漫画としての要素も加わっている。憂鬱くんとサキュバスさん フレッシュアイペディアより)

  • ツナグ

    ツナグから見たうつ病うつ病

    愛美は、子どもの頃から家族に疎まれてきたことで自信がなく、会社でも人間関係に悩んで、重度のストレスから4年前にはうつ病を発症してしまう。そんなときに、無理矢理誘われた飲み会で気分が悪くなり、同僚に路上に放置されてしまう。そして、過呼吸を起こしていたところに、人気アイドルの水城サヲリが通りかかり、介抱してくれる。それ以来、愛美はサヲリのファンになる。そのサヲリが3か月前に心不全で亡くなった。愛美は、死者と再会させてくれるという使者(ツナグ)の存在を知り、サヲリとの再会を依頼する。ツナグ フレッシュアイペディアより)

  • Α-リノレン酸

    Α-リノレン酸から見たうつ病うつ病

    不飽和化するデサチュラーゼも炭素2個伸張するエロンガーゼもω-3脂肪酸もω-6脂肪酸も共通しているので、ω-3脂肪酸の最初の出発物質であるα-リノレン酸を摂取することで、ω-6脂肪酸の最初の出発物質であるリノール酸がより多不飽和化されたω-6脂肪酸であるアラキドン酸に代謝させるのを抑制する。α-リノレン酸の摂取が少なく、アラキドン酸が過剰に存在するようになるとアラキドン酸カスケードを経て多数の作用の強い生理活性物質が産生されて炎症が起こることがある。α-リノレン酸から生成されるDHAは脳や網膜のリン脂質に含まれる脂肪酸の主要な成分である。妊娠・出産期には母親には無視できないω-3脂肪酸の枯渇の危険性が高まり、その結果として産後のうつ病の危険性に関与する可能性がある。健常者と比較してうつ病患者はω-3脂肪酸の蓄積量が有意に低くω-6とω-3の比率は有意に高かったことが指摘されている。Α-リノレン酸 フレッシュアイペディアより)

  • 経頭蓋磁気刺激法

    経頭蓋磁気刺激法から見たうつ病うつ病

    反復経頭蓋磁気刺激法はrTMS (Repetitive transcranial magnetic stimulation) とも略され、脳に長期的な変化を与える。多くの小規模な先行研究により、この方法が多くの神経症状(例えば、頭痛、脳梗塞、パーキンソン症候群、ジストニア、耳鳴り)や精神医学的な症状(例えばうつ病、幻聴)に有効な治療法であることが示されている。経頭蓋磁気刺激法 フレッシュアイペディアより)

  • ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ

    ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズから見たうつ病うつ病

    大うつ病性障害(うつ病)の診断に役立つバイオマーカーを発見し、実用化を図るため試薬メーカーと診断キットを開発中である。ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ フレッシュアイペディアより)

  • ピエール・ジャネ

    ピエール・ジャネから見たうつ病うつ病

    1859年にパリのリュクサンブール宮殿公園近くのマダーム街46に生まれる。ポール・ジャネの甥であり、弟にジュール・ジャネがいる。サント・バルブ・デ・シャン学院で初等教育を受ける。15歳でうつ病となる。その後うつ病と闘病となる。1878年にバカロレア(大学入学資格試験)に合格、1880年に文学士。1881年、科学系の大学入学資格者の資格を得て1882年に哲学教授資格試験に合格(2位)、ジャン=マルタン・シャルコーの下で催眠療法の研究に従事する。解離について研究。1887年に心的外傷の意味で (トラウマ)という術語を造語しトラウマ記憶の感覚、知覚、感情、再上演行動(reenactment)なども研究。ジークムント・フロイトより先に無意識を発見したとも言われる。またカール・グスタフ・ユングにも講義し影響を与えたとされる。1947年、パリで死去。ピエール・ジャネ フレッシュアイペディアより)

  • イノシトール

    イノシトールから見たうつ病うつ病

    イノシトールは無色の結晶であり、これを口にすると、ヒトには甘く感じられる。イノシトールは地球上の生物の生体成分の1つとしてグルコースを原料として生合成される。このため、例えば、穀物の糠や豆類や果物といった植物にも含まれるし、動物の肉や魚などにも含まれるなど、地球上の多くの生物の体内に含有されている。また、多くの植物の種子などに含まれることが知られているフィチン酸は、イノシトールの持つ6個のヒドロキシ基の全てがリン酸エステルとなった構造をしており、これは植物の組織内でのリン酸の貯蔵形態として知られている。この他、ヒトのグリア細胞や神経細胞は、細胞の浸透圧の調整にイノシトールもオスモライトとして利用されていることが知られている。もしも数日以上続く細胞外液の浸透圧の上昇があれば、それに対抗するため細胞内にイノシトールを蓄積させて、細胞内の浸透圧を上げることで、細胞内の水分を保持しようとする。このグリア細胞や神経細胞におけるイノシトールの濃度変化には数日を要するため、長く続いた細胞外液の浸透圧が高い状態を、もしも急激に補正するようなことをしてしまうと、すぐには蓄積させたイノシトールを細胞外に捨てることができないため、細胞内に水が流入して、脳浮腫を起こす可能性があることも知られているので、この補正は時間をかけて行わなければならない。逆に数日以上続く細胞外液の浸透圧の低下があれば、細胞内のイノシトールを減らして浸透圧を下げて、細胞内への水分の流入を阻止しようとするなど、全く逆のことが起こるので、やはり補正には時間をかけなくなてはならない。なお、脂肪肝や高脂血症の治療に用いられる。また、セロトニン異常に起因するうつ病、パニック障害、強迫性障害に有効とされる研究結果もある。イノシトール フレッシュアイペディアより)

  • スクールカウンセラー

    スクールカウンセラーから見たうつ病うつ病

    1970年代には既に法制度などが整備され、心理職専門家「school psychologist」が参画していたアメリカとは異なり、日本では長きにわたり教育機関における様々な事案には、当該教育機関に所属している教職員が中心的に対応してきた。しかし、昭和期や20世紀に比しての、不登校児童生徒数増加、対教職員・生徒間などの暴力行為発生件数増加などの既知の社会問題に加え、公的には因果関係などは断定されていないものの、背景として校内・学内でのいじめの存在や、いじめとの関連の可能性が取り沙汰される児童・生徒・学生の自殺は後を絶たないばかりか、1998年から年間30,000人を超え続けている自殺者のうち、生前就学年齢にあった者(19歳以下だった者)の中では、うつ病などの「健康問題」や日常の「学校問題」の悩みを自殺の原因・動機とする者が第1位と第2位を占める現状となっている。また、年代別の死因でも、思春期以降(15歳〜19歳)になると全死因中のトップは「自殺」になるなど、我が国の教育機関における就学年齢者への専門的な心のケアの充実は、いまだ途上の段階にある。スクールカウンセラー フレッシュアイペディアより)

  • 衰弱死

    衰弱死から見た鬱病うつ病

    仕事の状況、学校生活等の日常ストレスの他に、苛め、暴力、低評価などによるストレスが加担し、精神的に衰弱していく。その過程でなるのが鬱病などの精神障害である。衰弱死 フレッシュアイペディアより)

876件中 41 - 50件表示

「うつ病」のニューストピックワード