876件中 51 - 60件表示
  • マインドフルネス認知療法

    マインドフルネス認知療法から見たうつ病うつ病

    マインドフルネス認知療法(マインドフルネスにんちりょうほう、英:Mindfulness-based cognitive therapy:MBCT)は、マインドフルネス(気づき)を基礎に置いた心理療法で、第3世代の認知療法の1つ。心に浮かぶ思考や感情に従ったり、価値判断をするのではなく、ただ思考が湧いたことを一歩離れて観察するという、マインドフルネスの技法を取り入れ、否定的な考え、行動を繰り返(自動操縦)さないようにすることで、うつ病の再発を防ぐことを目指す。マインドフルネス認知療法 フレッシュアイペディアより)

  • アパシー

    アパシーから見たうつ病うつ病

    通常のヒトであれば何らかの感情がわく対象に対して、感情がわかなくなった状態を指す。うつ病の主要な症状ではあるが、アルツハイマー病、脳血管性認知症、パーキンソン病などでも生じる。アパシー フレッシュアイペディアより)

  • レム睡眠

    レム睡眠から見たうつ病うつ病

    レム睡眠は入眠後2時間以内に現れるが、入眠から30分以内にレム睡眠が現れた場合はうつ病、ナルコレプシー、サーカディアンリズム障害、薬物依存などの病態が疑われる。レム睡眠 フレッシュアイペディアより)

  • 対人関係療法

    対人関係療法から見たうつ病うつ病

    対人関係療法(たいじんかんけいりょうほう、Interpersonal psychotherapy、IPT)とは、1970 - 1980年代に中から重度の非妄想性うつ状態と診断された成人に対する外来治療法として開発された短期の心理療法である。対人関係療法 フレッシュアイペディアより)

  • 認知療法

    認知療法から見たうつ病うつ病

    うつ病の治療法として、一般的に薬物療法とは別のアプローチとして利用されている。但しコラム法は自動思考と分析という時間と体力、気力を多大に必要としている。それ故にうつ病の急性期としては適切な治療方法として利用しにくい。コラム式は思い込みの自己否定思考している場合は有効だが自動思考で自分の行動に正当性があり自分を責めないケースでは使えない。認知療法 フレッシュアイペディアより)

  • ダークダックス

    ダークダックスから見た鬱病うつ病

    1997年に一過性脳虚血発作でマンガさんこと佐々木行が倒れ、翌年より療養生活に入る(後に鬱病を患っていることが喜早から明かされた)。新メンバー招聘の話もあったが「(ダークの特色から言って)他のメンバーのダークは考えられない」と主要ファンが反対、あくまでマンガ復帰を待つということでコーラスのパートをカルテットからトリオに再編し、以後3人のメンバー(ゲタさんこと喜早哲いわく「ダーク3兄弟になった」と考えて欲しいとのこと)で活動。21世紀に入った頃から、同形態をとるコーラスグループデューク・エイセスとボニージャックスとの共同でのショー開催も行われた。2008年に群馬県館林市にダークダックス館林音楽館がオープンしている。ダークダックス フレッシュアイペディアより)

  • デュロキセチン

    デュロキセチンから見たうつ病うつ病

    日本での適応は、うつ病・うつ状態に加え、糖尿病性神経障害・線維筋痛症・慢性腰痛症に伴う疼痛である。デュロキセチン フレッシュアイペディアより)

  • 吉開りりぃ

    吉開りりぃから見た鬱病うつ病

    35歳で鬱病を発症する。吉開りりぃ フレッシュアイペディアより)

  • 電気けいれん療法

    電気けいれん療法から見たうつ病うつ病

    日本国内では、うつ病、躁うつ病、統合失調症などの精神障害(まれにパーキンソン病などにも)の治療に用いられている。電気けいれん療法 フレッシュアイペディアより)

  • スタン・コリモア

    スタン・コリモアから見た鬱病うつ病

    少年時代のあこがれだったクラブに移籍したコリモアだったが、思ったような活躍ができなかった。それでも欧州カップ戦でのハットトリック1回と古巣リヴァプール戦で2ゴールを挙げ2-1の勝利に貢献するなど片鱗は見せたが、この時期からコリモアは鬱病を罹患し始めた。治療の為に数週間チームを離れ、ローンでフルアムFCに約3か月加入し1ゴールを挙げたが、結局ジョン・グレゴリーのチームからは99-00シーズン中に自由契約で放出され、マーティン・オニール率いるレスター・シティに移籍した。スタン・コリモア フレッシュアイペディアより)

876件中 51 - 60件表示

「うつ病」のニューストピックワード