876件中 71 - 80件表示
  • 幻覚剤

    幻覚剤から見たうつ病うつ病

    21世紀に入り臨床試験が再び進行しており、サイケデリック・ルネッサンスと呼ばれる。特にうつ病、不安障害、薬物依存症の治療に使える可能性を示している。継続投与を行わずとも持続的な治療効果を生じている。幻覚剤の使用は、精神的な問題の発生率の低下、自殺思考や自殺企図の低下と関連している。幻覚剤が依存や嗜癖を引き起こすという証拠は非常に限られたものである。幻覚剤 フレッシュアイペディアより)

  • ミルナシプラン

    ミルナシプランから見たうつ病うつ病

    ミルナシプラン塩酸塩(英:Milnacipran Hydrochoride)は、2000年6月5日に日本で最初に認可されたSNRI(セロトニン・ノルアドレナリン再吸収阻害薬)抗うつ薬である。特に意欲低下が主体のうつ病に使うことが多い。ミルナシプラン フレッシュアイペディアより)

  • 坂口安吾

    坂口安吾から見た鬱病うつ病

    1948年(昭和23年)1月に九州書房から『二流の人』を刊行。「淪落の青春」(未完)を『るまねすく』に発表。伊藤整や太宰治、林房雄らのいる『ろまねすく』は前年8月に同人となった。2月に『金銭無情』を文藝春秋新社から刊行する。この頃からヒロポンに加え、アドルムを服用するようになり、ちょうど太宰治の自殺した6月頃から、鬱病的精神状態に陥る。これを克服するために、短編やエッセイの仕事は断り、長編「にっぽん物語」(のち『火』)の連載執筆に没頭する。しかし不規則な生活の中でアドルム、ヒロポン、ゼドリンを大量に服用したため、病状は更に悪化し、幻聴、幻視も生じるようになる。12月、執筆取材のために京都へ行くが発熱し旅館に病臥する状態だった。翌1949年(昭和24年)1月に戻った後にはアドルム中毒で狂乱状態、幻視、神経衰弱となり、夫人や友人達の手により2月23日に 東京大学医学部附属病院神経科に入院した。3月に「にっぽん物語―スキヤキから一つの歴史がはじまる」を発表(続きは5月-7月まで)。坂口安吾 フレッシュアイペディアより)

  • フルオキセチン

    フルオキセチンから見たうつ病うつ病

    主として、うつ病、強迫性障害、摂食障害等に有効とされている。フルオキセチン フレッシュアイペディアより)

  • 松野行秀

    松野行秀から見たうつ病うつ病

    2008年、DDTの「コミッショナー」に就任。しかし、この頃より実家との確執やプロレスの試合中に喉へ受けた攻撃のために声が出にくくなり、またうつ病の症状が出、入退院を繰り返すようになる。松野行秀 フレッシュアイペディアより)

  • シルヴィア・プラス

    シルヴィア・プラスから見たうつ病うつ病

    シルヴィア・プラス(; ; 1932年10月27日 ? 1963年2月11日)は、アメリカの詩人、小説家、短編作家。ボストン生まれ。詩作や小説で評判を得る前はスミス大学とケンブリッジ大学で学んだ。プラスは1956年に詩人仲間のテッド・ヒューズと結婚する。二人の婚姻関係は1962年9月まで続いた。二人は当初アメリカに、後にイギリスに、二人の子供、とと共に住んだ。プラスは成人してからの人生の大半をうつ病と共に過ごし、1963年に自殺した。シルヴィア・プラス フレッシュアイペディアより)

  • ベンゾジアゼピン依存症

    ベンゾジアゼピン依存症から見たうつ病うつ病

    長期間使用したベンゾジアゼピンの離脱期間中には、抑うつや感情鈍麻が出現し、時に自殺念慮が起こることがある。高用量を服用していた場合にこのような傾向が強いという証拠がある。ベンゾジアゼピンの減量でも断薬でも、そのような事態を招く可能性がある。断薬後であっても、これらの離脱症状は長い間持続することがある。一般的な遷延性離脱症候群は、不安、抑うつ、不眠症、消化器、神経系や筋骨格系の影響などである。遷延性離脱状態は量をゆっくり減らしていった場合であっても生じることがある。このような遷延性離脱の影響は残存する神経適応に起因すると考えられている。ベンゾジアゼピン依存症 フレッシュアイペディアより)

  • 過敏性腸症候群

    過敏性腸症候群から見たうつ病うつ病

    以前は大腸の機能の異常によって引き起こされる病気ということで「過敏性大腸症候群」と呼ばれていたが、最近では、大腸だけではなく小腸にも関係することなどからこのように呼ばれている。20 - 40歳代に多く、ストレスの多い先進国に多い病気であり、特に芸術家など繊細で神経質な人ほどかかりやすい。一時的なストレスから発症することから神経症、うつ病の一種と考えられることもある。また、胃腸の身体的症状のみならず、めまいや頭痛、動悸、肩凝りなどを伴う自律神経失調症状や睡眠障害、不安、気分の落ち込みによるうつ病、イライラなどといった精神症状が現れることも多い。罹患すると生活のリズムが狂い、QOLの著しい低下と経済損失がもたらされることから近年では重視される疾患である。致死的な疾患ではないが、有病率は10-20%ほどと高い。過敏性腸症候群 フレッシュアイペディアより)

  • 小膠細胞

    小膠細胞から見たうつ病うつ病

    ミクログリアは統合失調症や不安およびストレス関連障害などの精神障害に影響する。うつ病がミクログリア病であり得ることを示唆する根拠が示され、うつ病治療の標的はミクログリアに発現しているCB2Rと指し示された。小膠細胞 フレッシュアイペディアより)

  • ラメルテオン

    ラメルテオンから見たうつ病うつ病

    うつ病の危険性を高めることがデータから見出されている。主にCYP1A2で代謝され、フルボキサミン(デプロメール、ルボックス)の併用は禁忌である。翌朝以降の眠気や、プロラクチン上昇による月経異常や乳汁分泌、性欲減退の副作用が起こることがある。ラメルテオン フレッシュアイペディアより)

876件中 71 - 80件表示

「うつ病」のニューストピックワード