185件中 21 - 30件表示
  • うつ病

    うつ病から見た世界保健機関

    抑うつ状態について最も広く用いられる診断基準は、アメリカ精神医学会による『精神障害の診断と統計マニュアル』第4版改訂版(DSM-IV-TR)と、世界保健機関の『疾病及び関連保健問題の国際統計分類』第10版(ICD-10)である。前者は米国および非ヨーロッパ諸国で多く用いられ、後者はヨーロッパで多く用いられる。2つの著作はお互いを反映するように作業されている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た認知症

    自覚的な認知についての訴えが、老人の抑うつに現れることがあるが、それはアルツハイマー病などの認知症の徴候の可能性がある。認知検査と脳画像イメージは認知症とうつ病を区別する助けとなる。CTスキャンは、精神病症状や、急な発症、または異常な症状を伴う脳病変を除外することができる。生物的テストでは大うつ病の診断を行う方法はない。一般的に、医学的な兆候がない限りその後検査を繰り返す必要はない。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たハーブ

    ハーブとして利用されているセント・ジョーンズ・ワートは、ドイツをはじめいくつかの国では軽症のうつに対して従来の抗うつ薬より広く処方されている。日本ではサプリメントとして市販されている。副作用があり、日本での治療エビデンスは希薄である。臨床研究の結果は成否さまざまで、軽症から中等症のうつに対して有効でかつ従来の抗うつ薬よりも副作用が少ないとする研究がある一方で、プラセボ以上の効果は見られないとする研究もある。コクランレビューによる2008年の報告によると、これまでのエビデンスからプラセボ群より優れた効果を示し、標準的な抗うつ薬と同等に効果があるが副作用は小さいことが示唆されるという。ただし重度の抑うつには効果が弱いとされるほか、同時に服用した他の薬の効果に干渉することがあるため注意が必要とされる。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たパロキセチン

    NICEは薬剤の選択について、他の抗うつ薬より危険性と利益の比率が良好であるため、一般的にSSRIを選ばなければならない (should normally be) としている。さらにNICEは、フルオキセチン、フルボキサミン、パロキセチンは他のSSRIより薬物相互作用が起きやすく、またパロキセチンは他のSSRIより離脱症状の報告率が高く、三環系抗うつ薬はを除いて過剰摂取のリスクが高率 (greatest risk) であるとしている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た関節リウマチ

    炎症性疾患(関節リウマチ、線維筋痛症、全身性エリテマトーデスなど)うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たアメリカ食品医薬品局

    抗うつ薬による治療開始直後には、年齢に関わりなく自殺企図の危険が増加する危険性があるとアメリカ食品医薬品局 (FDA) から警告が発せられ、日本でもすべてのSSRIおよびSNRIの抗うつ薬の添付文書に自殺企図のリスク増加に関する注意書きが追加された。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た慢性疲労症候群

    中枢神経系(認知症、脳血管障害、パーキンソン病、慢性疲労症候群、脳腫瘍など)うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た甲状腺

    内分泌系(副腎疾患(アジソン病など)、甲状腺疾患 (橋本病など)、副甲状腺疾患など)うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たプロテオミクス

    研究レベルでは、うつ病等の精神障害を客観的に診断できる指標を探索するために、健常者および患者の血液を用いて、プロテオミクスあるいはメタボロミクスが積極的に行なわれると考えられる。社会的に普及するかどうかは医療保険適応か先進医療か等の費用の程度が大きな問題である。100%やそれに近い精度では診断できないため、慎重な運用が求められる。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たコレステロール

    生物学的仮説としては、薬物の有効性から考え出されたモノアミン仮説、死後脳の解剖結果に基づく仮説、低コレステロールがうつおよび自殺のリスクを高めるとの調査結果、MRIなどの画像診断所見に基づく仮説などがあり、現在も活発に研究が行われている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

185件中 21 - 30件表示

「うつ病」のニューストピックワード