185件中 51 - 60件表示
  • うつ病

    うつ病から見た心理療法

    心理療法(精神療法)は、精神福祉の専門家が、個人やグループ・家族に対して行い、作業療法士、理学療法士、精神科医、公認心理師、ソーシャルワーカー、カウンセラー、訓練を受けた精神保健福祉士が実施する。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た脳腫瘍

    中枢神経系(認知症、脳血管障害、パーキンソン病、慢性疲労症候群、脳腫瘍など)うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たプラセボ効果

    2009年、プラセボ効果を研究するハル大学のアービング・カーシュ博士は「心理療法のみの場合と、心理療法と抗うつ薬を併用する場合の効果の大きさは同じなのだから、なぜ、わざわざ抗うつ薬を持ち込む必要があるのだろうか」と述べている。両方を併用すれば、抗うつ薬だけを服用するより効果があるが、心理療法を単独で行う以上の効果はない。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たノルアドレナリン

    1956年、抗結核薬であるイプロニアジド、統合失調症薬として開発中であったイミプラミンが、クラインやクーンにより抗うつ作用も有することが発見された。発見当初は作用機序は明らかにされておらず、他の治療に使われる薬物の薬効が偶然発見されたものであった。その後イプロニアジドからモノアミン酸化酵素 (MAO) 阻害作用、イミプラミンにモノアミン類であるノルアドレナリン・セロトニンの再取り込み阻害作用があることが発見された。その後これらの薬物に類似の作用機序を持つ薬物が多く開発され、抗うつ作用を有することが臨床試験の結果明らかなった。よってモノアミン仮説とは、大うつ病性障害などのうつ状態は、モノアミン類であるノルアドレナリン、セロトニンなどの神経伝達物質の低下によって起こるとした仮説である。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たセルフヘルプ

    治療介入としては弱い心理的介入であり、認知行動療法に基づくセルフヘルプ、コンピュータによる認知行動療法 (CBT)、構造化されたグループでの運動療法、この中から患者好みのものを選択。危険性が利益を上回るため抗うつ薬は使用してはならないが、セント・ジョーンズ・ワートには利益があるか可能性があるという証拠が存在する。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た運動療法

    治療介入としては弱い心理的介入であり、認知行動療法に基づくセルフヘルプ、コンピュータによる認知行動療法 (CBT)、構造化されたグループでの運動療法、この中から患者好みのものを選択。危険性が利益を上回るため抗うつ薬は使用してはならないが、セント・ジョーンズ・ワートには利益があるか可能性があるという証拠が存在する。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た抗不安薬

    ベンゾジアゼピンは不安障害や不眠症の人が服用する薬である。アルコールと同様に、ベンゾジアゼピンは大うつ病発症リスクを増加させる。この種類の薬は不眠・不安・筋肉痙攣に広く使用されている。このリスク増加はセロトニンとノルアドレナリンの減少など、薬物の神経化学への効果が一因である可能性がある。ベンゾジアゼピン系の慢性使用も抑うつを悪化させ、うつ症状は遷延性離脱症候群の1つである可能性がある。2010年の厚生労働科学研究によれば、実際には睡眠薬、抗不安薬としてベンゾジアゼピン系などが多く処方されているが、長期の安全性については疑問符があるため適正使用ガイドライン等が検討課題であると述べられている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た気分変調症

    1980年にアメリカ精神医学会 (APA) が『精神障害の診断と統計マニュアル』第3版 (DSM-III) を発表し、「うつ病性障害」を、ある程度症状の重い「大うつ病 (Major Depressive Disorder)」と、軽いうつ状態が長期間にわたって続く「気分変調症 (Dysthymia)」に二分した。原因による分類・定義が現時点では困難であるため、1994年に発表された第4版のDSM-IVと、『ICD-10 精神および行動の障害』でも、基本的にはDSM-IIIの構成が継承されている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た英国国立医療技術評価機構

    英国国立医療技術評価機構 (NICE) の2009年ガイドラインでは以下のような評価と手順を持つ。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た適応障害

    DSM-IVの特定不能のうつ病性障害の項には、抑うつ性の特徴を伴うものが紹介され、関連する診断に、気分変調症(慢性的だが軽度の気分変調が長く持続する)、抑うつを伴う適応障害(特定可能な出来事やストレッサーによって落ち込みが起きている)があり除外する必要がある。それ以外の場合に特定不能のうつ病性障害が考慮され、大うつ病エピソードが身体疾患や薬物あるいは原因がないのか判別できない場合にこの診断名を用いたり、また共に研究用診断基準案である(大うつ病エピソードの症状の幾つかのみが存在する)と(12か月にわたり毎月起きている2週間までのうつ病性のエピソード)が、紹介されている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

185件中 51 - 60件表示

「うつ病」のニューストピックワード