125件中 61 - 70件表示
  • うつ病

    うつ病から見た副甲状腺

    内分泌系(副腎疾患(アジソン病など)、甲状腺疾患 (橋本病など)、副甲状腺疾患 など)うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た心的外傷

    心的外傷体験が海馬神経損傷の原因となるという仮説:また、海馬の神経損傷は幼少期の心的外傷体験を持つ症例に認められるとの研究結果から、神経損傷が幼少期の体験によってもたらされ、それがうつ病発病の基礎となっているとの仮説もある。コルチゾール(cortisol) は副腎皮質ホルモンであり、ストレスによっても発散される。分泌される量によっては、血圧や血糖レベルを高め、免疫機能の低下や不妊をもたらす。また、このコルチゾールは、過剰なストレスにより多量に分泌された場合、脳の海馬を萎縮させることが、近年心的外傷後ストレス障害(PTSD)患者の脳のMRIなどを例として観察されている。海馬は記憶形態に深く関わり、これらの患者の生化学的後遺症のひとつとされている。心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た認知行動療法

    心理療法は、児童期では認知行動療法、青年期では認知行動療法と対人関係療法の有効性が認められている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た心理療法

    心理療法は、児童期では認知行動療法、青年期では認知行動療法と対人関係療法の有効性が認められている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たアメリカ合衆国

    アメリカ合衆国の操作的診断基準であるDSM-IV-TRでは、「大うつ病性障害」(英語:major depression)と呼ばれている。majorを「大」と訳しているので誤解を生じやすいが、これは落ち込む程度の大、小のことではなく、「主要な」あるいは、「中心的な」という意味でのmajorである。「(小)うつは病気ではないが、社会生活に支障をきたすほどうつが悪化すると、これは精神疾患である。」という意味ではない。DSM-IV-TRでは、症状の重症度について別の基準で評価することになっている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た気分障害

    うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見たパロキセチン

    投薬治療はフルオキセチンやセルトラリンなどのSSRIが推奨されているが、思春期前の子どもへのパロキセチンの投与は慎重に行われるべきである。SSRIの投与により改善が見られない場合には、他のSSRIや三環系抗うつ薬などへの変更が推奨される。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た橋本病

    内分泌系(副腎疾患(アジソン病など)、甲状腺疾患 (橋本病など)、副甲状腺疾患 など)うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た不眠症

    うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠症などを特徴とする精神疾患である。うつ病 フレッシュアイペディアより)

  • うつ病

    うつ病から見た心療内科

    「脳の病気」という面では、セロトニンやノルアドレナリンの不足が想定されており、脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物治療を行う。これが心療内科や精神科におけるうつ病治療の主流になっている。うつ病 フレッシュアイペディアより)

125件中 61 - 70件表示

「うつ病」のニューストピックワード