前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示
  • 山小屋

    山小屋から見た自炊自炊

    避難小屋には緊急避難専用の小屋と、自炊・寝具持参の宿泊を念頭に置いた小屋がある。緊急避難専用の小屋は、雷や大雨等で一時的に避難することを念頭に作られており、トイレも水場もない小屋もある。このような小屋に最初から宿泊するプランを立てることは避けるべきである。宿泊を念頭に置いている避難小屋は、トイレや水場の用意があるうえに、自炊スペースが確保されている小屋もある。その場合も寝具はないことがほとんどで、自分で食料、寝具(シュラフ)や炊事道具(コッヘル(クッカー、登山などで使う組み合わせ鍋。アルコールストーブなどの熱源が組み込まれている場合もある)、ストーブなど)を持参して宿泊する必要がある。設備が破損している場合もあるため、事前に管理者に確認したほうが良い。山小屋 フレッシュアイペディアより)

  • 木銭米代

    木銭米代から見た自炊自炊

    江戸時代の宿泊には大きく分かれて宿屋から薪だけを受け取って食事は材料の調達を含めて完全な自炊を行う「木賃」と、食事を提供される「旅籠」の2つがあったが、木銭米代はその中間形態で、薪と米を提供して宿泊者はその代金を払って自炊を行うというものであった。この方式は木賃のような食材調達の労を煩わせることなくかつ旅籠よりも安価で宿泊できる方法として広く行われた。この方法は参勤交代を行う大名の中でも小規模な大名においては本陣の宿泊方法として採用する場合があった。もっとも、身分を問わず木銭米代を行っている旅籠宿で旅籠のサービスを受けながら、木銭米代の料金しか納めない悪徳な旅行者がおり、道中奉行などによって取締も行われた。木銭米代 フレッシュアイペディアより)

  • 木賃宿

    木賃宿から見た自炊自炊

    宿泊者は大部屋で自炊が原則であり、寝具も自己負担が珍しくなく、棒鼻と呼ばれた宿場町の外縁部に位置することが多かった。食事は宿泊客が米など食材を持ち込み、薪代相当分を払って料理してもらうのが原則であった。木賃の「木」とはこの「薪」すなわち木の代金の宿と言うことから木賃宿と呼ばれたが、後には単に安価で粗末な宿泊施設や安宿を意味する言葉となった。木銭宿(きせんやど)とも言う。商人宿、職人宿などを含む場合もある。木賃宿 フレッシュアイペディアより)

  • アクア (ARIA)

    アクア (ARIA)から見た自炊自炊

    高級ホテル「ダニエリ」を改装した現在の社屋に移ったのは2201年のこと。ウンディーネ各々に個室が割り振られており、個室にはキッチンが設けられているため、食事は各自で自炊するのが基本だと思われる。アクア (ARIA) フレッシュアイペディアより)

  • 須川高原温泉

    須川高原温泉から見た自炊自炊

    一軒宿の「須川高原温泉」が営業している。露天風呂の千人風呂が有名である。旅館部のほかに自炊部があり、長期の湯治にも適している。須川高原温泉 フレッシュアイペディアより)

  • 中土居 宏宜

    中土居宏宜から見た自炊自炊

    好きな食べ物は母親の作るそうめんと、甘い卵焼き、梨。嫌いな食べ物は生ものと貝類(しかし、甘エビとまぐろは食べられる)。自炊もするタイプで、得意料理はハンバーグ、ロールキャベツ、親子丼、ペペロンチーノ、カルボナーラ。中土居宏宜 フレッシュアイペディアより)

  • 自炊 (電子書籍)

    自炊 (電子書籍)から見た自炊自炊

    電子書籍に関する自炊(じすい)とは、自ら所有する書籍や雑誌を自炊 (電子書籍) フレッシュアイペディアより)

  • ドナルド・マクドナルド・ハウス

    ドナルド・マクドナルド・ハウスから見た自炊自炊

    ハウスの理念は、Home away from home (家庭から離れたところにある家庭)という言葉で代表され、家庭から離れていても家庭的な雰囲気のある場所を病院の近くに提供しようとしている。すなわち、ハウスでは食事も自炊可能で、掃除や洗濯も宿泊者が行えるようになっており、それをボランティアが支援するという運営方法をとっている。これにより人件費の圧縮がなされ、また、一般の人や企業などの寄付をハウスの建設や運営費にあてているため、宿泊者からは1000円/泊とリネンなどの実費(数百円/泊)で宿泊できるようになっており、長期入院が必要な病児の家族を経済的な面からも支援している。なお、ボランティアは、宿泊者の生活面での支援以外にも、精神的な支援も行っており、看護で疲れた宿泊者の癒しになっている。ドナルド・マクドナルド・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 家庭料理

    家庭料理から見た自炊自炊

    これらの家庭料理では、毎日食べても飽きない主食を軸として、おかずを取り揃えて食べられる。なお家庭料理をする一人暮らしの者は、弁当や飲食店などで食事を済ませてしまう者と対比させる意図から調理することを自炊と呼ぶ。自炊することで調理の手間は掛かるが、生活コストが低減できる効果のほか、自身の生活能力を異性にアピールするような際にも自炊であることが取り沙汰される。家庭料理 フレッシュアイペディアより)

  • 松島温泉 (宮城県)

    松島温泉 (宮城県)から見た自炊自炊

    松島海岸駅の山側には、泉温14.5℃の単純冷鉱泉を備えた自炊・湯治宿の「湯の原温泉」があるが、冷泉も温泉法に規定される成分を含めば温泉と名乗れるため、松島温泉1号泉よりも前に松島には温泉があったことになる。ただし、松島温泉組合に加盟していないらしく、同組合の公式ウェブサイトには記載されていない。湯の原温泉は、慈覚大師(円仁)が天長年間(824年?833年)に当地を訪れ、独鈷で岩を打って湧出させた薬湯とされる。その後、松島天台宗が滅亡した頃(瑞巌寺参照)に、冷泉に変わってしまったと言い伝えられている。松島温泉 (宮城県) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2
18件中 1 - 10件表示

「おうちごはん」のニューストピックワード