1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示
  • 別府竹細工

    別府竹細工から見た自炊自炊

    しかし、別府で竹工芸品が本格的に生産されるようになったのは、室町時代のことであり、行商用の籠が生産され、取引のための市場が整備されたとされる。江戸時代には、別府温泉が全国的に知られるようになり、湯治客が滞在中の自炊のために使用する飯籠、笊(ざる)などの竹製生活用品が販売された。別府竹細工 フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見た自炊自炊

    日雇い派遣などの非正規雇用では家賃・水道料金・光熱費・通信費(携帯電話)など最低数万円単位のまとまった金を捻出するのが難しい。毎日仕事にあり付ける保証がない上、日払いで賃金が受け取れるとしても、その日暮らしを維持することだけに使われ、余剰分がほとんど出ず、貯金することができない。条件によっては月当たり平均の家賃額や自炊などによる生活形態と比べてかえってコストが掛かってしまう。ネットカフェを宿泊施設替わりの休息の場にする他、フリードリンクを利用して糖分やカロリーの確保、新聞やテレビの視聴、インターネット利用など、最低限度の文化や情報に接する場として利用する。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • マジカルシェフ少女しずる

    マジカルシェフ少女しずるから見た自炊自炊

    大弁当時代:長引く不況に対処すべく様々な節約術が開発され、とりわけポピュラーな策である弁当が重視される時代。人々の自炊技術が飛躍的に向上した結果、後述する「能力」を持った人々が誕生した。しずる達の弁当勝負に各国首脳や国際機関の代表らが審査員として出席したり、その成り行きが暴動や世界規模の戦争に繋がりかけるなど、弁当が非常に高い価値または強い影響力を持つ。マジカルシェフ少女しずる フレッシュアイペディアより)

  • 夏目漱石

    夏目漱石から見た自炊自炊

    1884年(明治17年) - 小石川極楽水の新福寺二階に橋本左五郎と下宿。自炊生活をしながら成立学舎に通学。夏目漱石 フレッシュアイペディアより)

  • 外食産業

    外食産業から見た自炊自炊

    中食とは食料品を購入後に自宅で食べる事をいい、調理を伴わない食事形態(調理を伴う場合を自炊や内食と称する)。外食産業 フレッシュアイペディアより)

  • バックパッカー

    バックパッカーから見た自炊自炊

    フラッシュパッキングとは対照的に、相部屋や寝袋や長期滞在の場合はアパートの利用などで宿泊費を、屋台や自炊などで食費を、公共交通機関の利用やヒッチハイクや格安航空券の現地調達や陸路の多用で移動費などを限られた予算で遠く・長く旅するために大なり小なり節約しながら旅するのが、伝統的な低予算のバックパッキング(budget travel, budget backpacking)である。極端なフラッシュパッキングでなければバックパッカーには何らかの形で節約は付き物だが、中には安く上げること自体を楽しみとする者もある。バックパッカー フレッシュアイペディアより)

  • 白山

    白山から見た自炊自炊

    開設期間は、5月 - 10月。天候(積雪など)、暦の関係、利用状況等により変動する。5月・6月は自炊のみ、6月30日夕食分からは食事提供あり。期間外は、一部が冬期避難小屋として解放。白山 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た自炊自炊

    食生活は外食中心であり、シンガポール人が自炊をする事はあまり無い。以前から商業都市であり、男女関係無く毎日仕事に明け暮れるシンガポール人が多いため、自然と時間のかかる自炊よりも外食で済ますことが好まれるようになったからである。シンガポール フレッシュアイペディアより)

1 2 次へ
18件中 11 - 18件表示

「おうちごはん」のニューストピックワード