21件中 11 - 20件表示
  • ドナルド・マクドナルド・ハウス

    ドナルド・マクドナルド・ハウスから見た自炊自炊

    ハウスの理念は、Home away from home (家庭から離れたところにある家庭)という言葉で代表され、家庭から離れていても家庭的な雰囲気のある場所を病院の近くに提供しようとしている。すなわち、ハウスでは食事も自炊可能で、掃除や洗濯も宿泊者が行えるようになっており、それをボランティアが支援するという運営方法をとっている。これにより人件費の圧縮がなされ、また、一般の人や企業などの寄付をハウスの建設や運営費にあてているため、宿泊者からは1000円/泊とリネンなどの実費(数百円/泊)で宿泊できるようになっており、長期入院が必要な病児の家族を経済的な面からも支援している。なお、ボランティアは、宿泊者の生活面での支援以外にも、精神的な支援も行っている。ドナルド・マクドナルド・ハウス フレッシュアイペディアより)

  • 唐

    から見た自炊自炊

    宿屋は寝具持参で自炊が原則であった。相部屋が多く、その時は、寝床だけを借りることになる。寝床は大きいのを牀、小さいのを榻といった。使用しない時は寝床は壁に立てていたが、宿では常時、設置していたところもあった。食店という食堂を兼ねた宿も存在したが、安宿は自炊が一般的で、飯だけはつける宿もあった。旅行は遠距離なものが多く、長期間に渡るため、馬車や馬、ロバ、ラクダで荷を運ぶことが多かった。相部屋には炉があり、部屋で煮炊きを行い、外から食糧や酒も持参できた。宿屋の中に馬小屋があることもあった。宿は貸し切りもあり、小房という個室もある宿も存在した。 フレッシュアイペディアより)

  • ネットカフェ難民

    ネットカフェ難民から見た自炊自炊

    日雇い派遣などの非正規雇用では家賃・水道料金・光熱費・通信費(携帯電話)など最低数万円単位のまとまった金を捻出するのが難しい。毎日仕事にあり付ける保証がない上、日払いで賃金が受け取れるとしても、その日暮らしを維持することだけに使われ、余剰分がほとんど出ず、貯金することができない。条件によっては月当たり平均の家賃額や自炊などによる生活形態と比べてかえってコストが掛かってしまう。ネットカフェを宿泊施設替わりの休息の場にする他、フリードリンクを利用して糖分やカロリーの確保、新聞やテレビの視聴、インターネット利用など、最低限度の文化や情報に接する場として利用する。ネットカフェ難民 フレッシュアイペディアより)

  • バックパッカー

    バックパッカーから見た自炊自炊

    フラッシュパッキングとは対照的に、相部屋や寝袋や長期滞在の場合はアパートの利用などで宿泊費を、屋台や自炊などで食費を、公共交通機関の利用やヒッチハイクや格安航空券の現地調達や陸路の多用で移動費などを限られた予算で遠く・長く旅するために大なり小なり節約しながら旅するのが、伝統的な低予算のバックパッキング(budget travel, budget backpacking)である。極端なフラッシュパッキングでなければバックパッカーには何らかの形で節約は付き物だが、中には安く上げること自体を楽しみとする者もある。バックパッカー フレッシュアイペディアより)

  • 中土居宏宜

    中土居宏宜から見た自炊自炊

    好きな食べ物は母親の作るそうめんと、甘い卵焼き、梨。嫌いな食べ物は生ものと貝類(しかし、甘エビとまぐろは食べられる)。自炊もするタイプで、得意料理はハンバーグ、ロールキャベツ、親子丼、ペペロンチーノ、カルボナーラ。中土居宏宜 フレッシュアイペディアより)

  • 白山

    白山から見た自炊自炊

    開設期間は、5月 - 10月。天候(積雪など)、暦の関係、利用状況等により変動する。5月・6月は自炊のみ、6月30日夕食分からは食事提供あり。期間外は、一部が冬期避難小屋として解放。白山 フレッシュアイペディアより)

  • シンガポール

    シンガポールから見た自炊自炊

    食生活は外食中心であり、シンガポール人が積極的に自炊をする事はほとんど無い。その理由は以前から商業都市であり、男女関係無く毎日仕事する生活をするシンガポール人が多いため、自然と時間のかかる自炊よりも外食で済ますことが好まれるようになったからである。また外食文化が非常に発達しており、多数のフードコートや、「ホーカーズ」と呼ばれる、大衆向け外食広場が充実している背景もある。一部の観光客向けホーカーズを除けばフードコートやホーカーズで提供される食事の値段は手ごろで、1食分の値段が3〜5S$程度で済むメニューが多い。シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • 森永卓郎

    森永卓郎から見た自炊自炊

    月曜日から金曜日の平日を東京都内の事務所に寝泊まりし、週末のみ自宅へ帰る生活を続けているが、自炊で週1000円の食費で豪華な食事を実践しているという。具体的には月曜日の午後8時に決まってスーパーに出向き、半額処分品だけで1週間分の食料をまとめ買いする。また、メニューは事前に考えない。安く買える物だけをまとめ買いし、帰宅後テーブルに並べ、その際に1週間分の献立を考える。これをさらに、献立に従って小分けし冷蔵・冷凍庫へ保存する。これで豪華な食事ができ、月の食費を4000円に抑えることができるとしている。森永卓郎 フレッシュアイペディアより)

  • 自炊 (電子書籍)

    自炊 (電子書籍)から見た自炊自炊

    電子書籍に関する自炊(じすい)とは、自ら所有する書籍や雑誌を自炊 (電子書籍) フレッシュアイペディアより)

  • 夏目漱石

    夏目漱石から見た自炊自炊

    1884年(明治17年) - 小石川極楽水の新福寺二階に橋本左五郎と下宿。自炊生活をしながら成立学舎に通学。夏目漱石 フレッシュアイペディアより)

21件中 11 - 20件表示

「おうちごはん」のニューストピックワード