255件中 101 - 110件表示
  • 玩具

    玩具から見た

    玩具を用いて行う遊びのうち、目標を上手く達成することに楽しさを感じ、その技能を上達させる目的で遊ぶものを練習玩具という。これを複数の人間で比較競争すればゲームとなるが、ヨーヨーやけん玉または独楽、縄跳びや紙風船などを一人単位で遊ぶことが該当する。を玩具に使う様々な遊びも多くこれに当たり、リリアンのようなものから複数で遊ぶあやとり、縄飛び、ゴムとびなどが例示される。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見たボードゲーム

    ゲームには、より高度かつ複雑なものも無数に存在する。かるたやトランプなどカードゲーム類、将棋や囲碁およびチェス類、野球盤など数々のボードゲーム類、麻雀、ビリヤードなどから、これらが拡張されたスポーツ全般で使われる用具類も、広義の玩具に入れることができる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た

    天井に吊るしたりなどに置いたりして回転する玩具(メリー、ベビーメリー、オルゴールメリーなど)も多く、また風車やガラガラなどを親が手に持って見せる限りはこれらもながめ玩具の範疇に入り、日本のでんでん太鼓は乳児には扱えるものではないため、この用途専用のものだった。これらを持って遊ぶ様子は生後三ヶ月頃から見られ始め、手に持つための適度な大きさや、口に含むことを念頭に置いた安全性などを考慮した製品が設計される。乳児が這って動ける頃には、全身運動の興味に答えるおきあがり(en)などが与えられる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た家内制手工業

    日本でも庶民の間で広く玩具が広がったのは江戸時代中期以降であり、それまでは宮中の行事用や上流階級の遊び用であった様々な道具に起源をもつ玩具が一般層に広がった。『日本永代蔵』では風車職人の話があり、元禄文化時代には家内制手工業による生産と露天商や行商等の販売、そして庶民文化と生活の発展による消費が成り立った。また、自然素材を用いたからくり玩具も江戸時代の庶民に普及した。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た切り絵

    18世紀から19世紀にかけて起こった産業革命を通じて安価で大量生産が可能になると玩具はさらに普及した。切り絵や工作用または着せ替え人形の服など玩具の材料に紙が使われるのもこの頃である。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た古代エジプト

    古代文明の遺跡からは、玩具やゲームが発掘されており、それは文字の発明よりも古い時代に遡る。紀元前3000-1500年前のインダス文明跡からは、小さな荷車や鳥の形をした笛、張った糸を滑り下りる猿のおもちゃなども見つかった。数千年前の古代エジプトには、手足を動かせる上にかつらをつけた石・粘土・木製の人形や、貝殻製のガラガラがあった。墳墓からも、兵士や奴隷の人形のほかにボールが副葬品として発見された。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た軍刀

    子供が何らかの人物や職業になりきるごっこ遊び用の玩具も存在する。これには訓練的な意味を持つ場合もあり、プラトンは「将来の建築家は子供の頃から家を建てる遊びをするべし」と記した。それらは仕事に使う道具の模造品であったり、衣装やお面なども含まれる。戦争玩具に分類されるものでも、戦車や戦闘機および砲台等は模型に相当するが、軍刀や勲章など身につける類のものはこの一種になる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た言語

    イタリアのマリア・モンテッソーリ(1870年-1952年)は、独自の教育法(モンテッソーリ教育)を実践するために200種類もの教育玩具(教具)を開発した。これらは、感覚教育、言語教育、算数教育などそれぞれに目的を持つが、子供が自ら遊ぶ中でこれらの主題を発見し、身につけることで社会への適応性を育て、人格を形成するための補助となるように考えられていた。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た聴覚

    子供の玩具に対する好みは、視覚的には暖色で光を発するものを、聴覚は特に幼少時に反応する律音から成長に応じて調音が、触覚では先ず掌で掴めるものから徐々に身体全体で感じられるものへと変化する。嗅覚に訴える効果は充分な成長を経ないと関心を引き起こしがたい。玩具そのものの運動についても強い関心を持ち、それは成長に伴って細かな動きに目を向けるようになる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見たブードゥー教

    最古の盤ゲームは紀元前4000-3500年頃の古代エジプト墳墓から発見されている。これは暦や占いまたは死霊信仰の道具であった。紀元前1400年頃には初期のマンカラが登場してアフリカに伝播した。これは奴隷貿易とともにアメリカ大陸にも伝わり、ハイチではブードゥー教とも関連づいた。一方インドにはギャンブルのひとつとして流行した。玩具 フレッシュアイペディアより)

255件中 101 - 110件表示

「おもちゃ」のニューストピックワード