252件中 41 - 50件表示
  • 玩具

    玩具から見た勲章

    子供が何らかの人物や職業になりきるごっこ遊び用の玩具も存在する。これには訓練的な意味を持つ場合もあり、プラトンは「将来の建築家は子供の頃から家を建てる遊びをするべし」と記した。それらは仕事に使う道具の模造品であったり、衣装やお面なども含まれる。戦争玩具に分類されるものでも、戦車や戦闘機および砲台等は模型に相当するが、軍刀や勲章など身につける類のものはこの一種になる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見たソクラテス

    子供が乗る、または乗る模倣をする玩具は、ソクラテスの家に棒馬があった事や古代中国にも存在した事、さらに中世ヨーロッパの版画や彫刻に頻繁に現れる点からも広く普及したと考えられる。人が乗って遊ぶ木馬も、中世ロシアには満1歳の男児に贈る習慣があり、17世紀中ごろにイギリスでロッキングホースが発明されたように、広い歴史を持つ。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た占い

    最古の盤ゲームは紀元前4000-3500年頃の古代エジプト墳墓から発見されている。これは暦や占いまたは死霊信仰の道具であった。紀元前1400年頃には初期のマンカラが登場してアフリカに伝播した。これは奴隷貿易とともにアメリカ大陸にも伝わり、ハイチではブードゥー教とも関連づいた。一方インドにはギャンブルのひとつとして流行した。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た道具

    玩具(がんぐ、おもちゃ、)は、遊びに用いる対象物・道具のことであり、遊び道具とも呼称される。翫具とも書く。おもちゃの語源は平安時代の「手に持って遊ぶ」行為である「もて(もち)あそぶもの」であり、これが室町時代に省略と接頭語の添付を経て生まれた。漢字の「玩具」も同じ意味を表現して成り立った。英語の「toy」という単語の発祥はわかっていないが、少なくとも14世紀頃には用いられていた。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た商業

    玩具が商業製品となるのは11世紀頃のイギリスに見られ、手工業で生産された玩具が市場や城などに持ち込まれて販売されていた。その後行商人が取り扱うようになり、商業地での流通や貿易も行われるようになった。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た幼児教育

    19世紀に玩具は大きな発展を見せた。「ママ」としゃべる人形が登場し、ぜんまい仕掛けの玩具も精巧になり、1851年に開催されたロンドン万国博覧会では当時最先端の玩具が多数出品された。また、幼児教育と玩具の関係が重要視され始めたのもこの時期である。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た高齢者

    また、痴呆性の高齢者への治療のひとつに玩具を用いる例もある。心理療法の手段のひとつ回想法 (Reminiscence) の手段として懐かしい玩具などを用いた記憶発想への刺激を行ったり、幼児向け知育玩具のゲームを通じて感覚を刺激する試みも行われている。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見たイルカ

    玩具は通常子供やペット向けの道具と捉えがちだが、大人や野生動物が玩具を使うことは決して珍しくない。例えば、呼気で空気の輪を通って遊ぶイルカなどがこれに当たる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見た子供

    数多い種類の玩具がデザインされているが、他の用途向けの道具などが玩具に適さないというわけではなく、子供が文房具や道具でさえない木切れを手に持って遊べばそれは玩具として機能する。子供にとって遊びは余暇ではなく生活行動そのものであり、その中で玩具は活動の方向性を作り出す。遊戯の目的である、自然法則を理解するための準備や文化・社会生活へ適応するための訓練は、玩具の意義にもそのまま当てはめることができる。玩具 フレッシュアイペディアより)

  • 玩具

    玩具から見たビリヤード

    ゲームには、より高度かつ複雑なものも無数に存在する。かるたやトランプなどカードゲーム類、将棋や囲碁およびチェス類、野球盤など数々のボードゲーム類、麻雀、ビリヤードなどから、これらが拡張されたスポーツ全般で使われる用具類も、広義の玩具に入れることができる。玩具 フレッシュアイペディアより)

252件中 41 - 50件表示

「おもちゃ」のニューストピックワード