前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示
  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た工藤静香

    おニャン子クラブメンバーのうち、NHK紅白歌合戦に出場経験があるのは現在工藤静香のみである(「夕やけニャンニャン」が既に放送終了している1988年が初)。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たAKB48

    このアイドル選出法や大人数での活動、さらには「バラ売り」の展開方法などが、後に同じく秋元康がプロデュースを務めるAKB48のベースとなっている。メンバー選出は必ずしも歌の上手い者やダンスの上手い者、美少女にはこだわらず、芸能人ではなくあくまで普通の女の子というコンセプトで、番組よりも学業を優先させるなど、その素人らしさと親近感が、放課後の女子校感覚や部活動感覚、バイト感覚、クラブ活動感覚をイメージさせ受けたとも言われる。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た秋元康

    このアイドル選出法や大人数での活動、さらには「バラ売り」の展開方法などが、後に同じく秋元康がプロデュースを務めるAKB48のベースとなっている。メンバー選出は必ずしも歌の上手い者やダンスの上手い者、美少女にはこだわらず、芸能人ではなくあくまで普通の女の子というコンセプトで、番組よりも学業を優先させるなど、その素人らしさと親近感が、放課後の女子校感覚や部活動感覚、バイト感覚、クラブ活動感覚をイメージさせ受けたとも言われる。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たうしろ髪ひかれ隊

    またメンバーを続々とソロデビューさせたり、毎週開催される番組内のオーディションなどにより、継続的にメンバーを追加したりするなど、独自の展開がアイドルの新たな売り方を示した。ソロメンバーだけでなく、うしろゆびさされ組やニャンギラス、うしろ髪ひかれ隊などのグループ内ユニットも輩出し、一時は毎週のようにオリコンチャートを独占した(1986年のシングル1位獲得46曲中、おニャン子クラブ関係が30曲。52週中の36週。1986年のオリコン週間シングルチャートを参照)。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たゆうゆ

    おニャン子クラブでは最大のセールスポイントであった「素人臭さ」は、番組終了・解散後はそれが裏目に出て大きな壁となって元メンバーの前に立ちはだかった。実際、ゆうゆ(岩井由紀子)が初の舞台出演をした際に、共演者からの「元おニャン子に出来るのか?という疑問もあったが、ステージという場慣れはしているので、覚えもアドリブも良かった」とコメントがスポーツ紙の芸能面に掲載された様に、芸能界内部にも「素人集団の元おニャン子に、まともな演技などできるはずがない」という偏見が少なからず存在したと言われている。歌手活動についても、1990年代前半にヒット曲を連発した工藤静香と、おニャン子メンバーの中では異端と言える演歌歌手に転じ息の長い活動を続けている城之内早苗以外に、最終的に音楽業界のメジャーシーンで生き残った人物はいなかった。芸能活動を継続した元メンバーの多くが最終的にはバラドル路線に活路を求めることとなった。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た伊藤淳史

    その後もテレビ番組の企画などで一時的な再会はあったものの、2002年、初期メンバーのうち賛同者のみの14名によって一時的に再結成し、シングル「ショーミキゲン」をリリースした。リリース後にはイベント・テレビ出演なども果たし、中でも2002年12月5日放送の『2002FNS歌謡祭』では、後期メンバーを含めて「ショーミキゲン」「セーラー服を脱がさないで」を歌唱した。また2010年にはテレビCM上で11名のメンバーが再結成し、セーラー服を脱がさないでのサビを俳優・伊藤淳史とともに歌い踊り、アラフォーになったおニャン子クラブの姿を披露した。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た生稲晃子

    1994年、『花王ファミリースペシャル ザ・同窓会』参加メンバー - 新田、樹原、名越、内海、富川、立見、城之内、岩井、三田、横田、山本、岡本、生稲、貝瀬、斉藤、守屋、高田、吉田、山森、我妻おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たニャンギラス

    またメンバーを続々とソロデビューさせたり、毎週開催される番組内のオーディションなどにより、継続的にメンバーを追加したりするなど、独自の展開がアイドルの新たな売り方を示した。ソロメンバーだけでなく、うしろゆびさされ組やニャンギラス、うしろ髪ひかれ隊などのグループ内ユニットも輩出し、一時は毎週のようにオリコンチャートを独占した(1986年のシングル1位獲得46曲中、おニャン子クラブ関係が30曲。52週中の36週。1986年のオリコン週間シングルチャートを参照)。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た日本テレビ放送網

    この件に関しては、当時のプロデューサーが出した本では「おニャン子クラブの歌にランキングは付けられない」と言う理由だと説明していたが、一方で日本テレビの『歌のトップテン』には出演していたり、夕ニャン内でオリコンのコーナーを作り、おニャン子関係でランキングされるとそれを祝うという活動も行っていた。またそれ以外にも、当時発売されたおニャン子関連の書籍「おニャン子白書」内で、「ザ・ベストテンのランキングは、レコード売り上げ、有線放送リクエスト、ラジオ放送のリクエストチャート、番組に寄せられたハガキのリクエスト等の総合ポイントにて順位付けがなされていたが、放送される週によってそれらの比重が変化し(例:レコード売り上げがランキングに最重視される週もあれば、ハガキのリクエスト、もしくは有線・ラジオのリクエストが最重視される週がある等)、順位付が公正になされていなかった為、出演を遠慮していた」との記述もあるが、真偽の程は定かでない。なお、当時のランキングの基準はオリコンではなくザ・ベストテンであったが、ザ・ベストテンにおけるおニャン子関連での初の1位獲得は解散からちょうど1年後に工藤静香の「MUGO・ん…色っぽい」でようやく達成している。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たフジテレビジョン

    おニャン子クラブ(おニャンこクラブ)は、1985年、フジテレビのテレビ番組『夕やけニャンニャン』から誕生した、女性アイドルグループである。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
143件中 1 - 10件表示

「おニャン子クラブ」のニューストピックワード