130件中 71 - 80件表示
  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たいとしのエリー (漫画)

    いとしのエリー(国生さゆり)おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たゴールデンタイム

    『夕やけニャンニャン』とおニャン子クラブは1986年前半から中盤に掛けては前年以上のブームを巻き起こしたのだが、後半である秋口あたりからブームの退潮が見られるようになっていく。8月末に全国公開された主演映画『おニャン子ザ・ムービー 危機イッパツ!』が興行的に失敗に終わる。そして、5月からゴールデンタイム帯で放送されていた『夕やけニャンニャン』の姉妹番組『夕食ニャンニャン』もわずか4ヶ月後の9月で終了し、本体の『夕やけニャンニャン』自体の視聴率もピークだった1986年初頭から下がり続けていった。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た愛知県体育館

    横浜スタジアム(1986年7月19日)、阪急西宮球場(7月21日、22日)、広島サンプラザ(8月15日)、愛知県体育館(8月16日)、静岡産業館(8月17日)、福岡国際センター(8月19日)、新潟県民会館(8月21日)、福井フェニックス・プラザ(8月24日)、長野県県民文化会館(8月26日)、仙台市体育館(8月28日)、札幌真駒内屋外競技場(8月30日)おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たショーミキゲン

    2002年、初期メンバーのうち賛同者のみの14名によって一時的に再結成し、シングル「ショーミキゲン」をリリースした。リリース後にはイベントやテレビ出演なども果たし、同年12月5日放送の『2002FNS歌謡祭』では、後期メンバーを含めて「ショーミキゲン」と「セーラー服を脱がさないで」を歌唱した。また2010年にはテレビCM上で11名のメンバーが再結成し、「セーラー服を脱がさないで」のサビを俳優・伊藤淳史とともに歌い踊り、アラフォーになったおニャン子クラブの姿を披露した。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た専門学校

    2月、おニャン子クラブ結成時からの人気メンバーであった国生さゆりが「バレンタイン・キッス」で満を持してデビュー。3月、「セーラー服を脱がさないで」のフロントボーカル4人のうちのひとりだった中島美春が専門学校に進学するため、河合その子がソロ活動に専念するためにおニャン子クラブを脱退する。それを受けて、『夕やけニャンニャン』の番組内と同時期に開催されたおニャン子クラブのコンサートツアー最終公演でふたりの“卒業式”が執り行われ、華々しく送り出されていく。これが慣例となり、以後おニャン子クラブから脱退していく主要メンバーに対して、番組内とその同時期にあるコンサートツアー最終公演で“卒業式”が行われるようになっていく。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た恋する女たち (氷室冴子)

    恋する女たち(高井麻巳子)おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たスパモク!!

    2010年、『スパモク!! 最強の女子力決定戦!! アイドル年の差バトル』参加メンバー - 新田、国生、生稲おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た県域放送

    そして、1985年4月からの夕方ローカル放送枠で行うレギュラー番組に先駆けて、まずはパイロット番組として、1985年初頭に特番『オールナイトフジ女子高生スペシャル』(1985年2月23日、3月16日)を制作して放送。その特番に出演していた女子高生のなかから選抜した11人でおニャン子クラブを結成し、4月1日から『夕やけニャンニャン』放送開始とともに出演させた。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見たとんねるずのハンマープライス

    1997年、『とんねるずのハンマープライス』における「学園祭で夕ニャンをする権利」参加メンバー - 新田、中島(美)、内海、富川、立見、横田、山本、布川、岡本、貝瀬、我妻おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

  • おニャン子クラブ

    おニャン子クラブから見た時の河を越えて

    3月の番組内および4月の春のコンサートツアー最終公演で、「セーラー服を脱がさないで」フロントボーカル4人のうち最後のひとりであった内海和子、初期メンバーであった国生さゆり、高井麻巳子らが脱退。5月、生稲晃子、工藤静香、斉藤満喜子の3人で結成されたうしろ髪ひかれ隊がシングル「時の河を越えて」でデビューする。ヒットしたものの、これがグループ内ユニットの最後のものとなり、翌6月15日に『夕やけニャンニャン』内で番組の終了とおニャン子クラブの解散を告知する。同時に、おニャン子クラブの新規メンバーを選ぶ番組内オーディション・コーナー「ザ・スカウト アイドルを探せ!」も終了となる。おニャン子クラブ フレッシュアイペディアより)

130件中 71 - 80件表示

「おニャン子クラブ」のニューストピックワード