前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示
  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たビートたけしビートたけし

    この過程で漫才師出身のビートたけしや形態模写出身のタモリ、明石家さんまのように、本来の芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た明石家さんま

    この過程で漫才師出身のビートたけしや形態模写出身のタモリ、明石家さんまのように、本来の芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たおぎやはぎおぎやはぎ

    お笑い芸人のコンビ仲は、競争意識の高さから「隣の相方が一番のライバル」と呼ばれ、昔から『仲が悪くないと、売れない。』と言われ、舞台では丁々発止のやり取りをするコンビも楽屋では雑談もせず、他の芸人の楽屋に入り浸りというのも珍しくない。しかし2000年代辺りからは、仲がよいコンビも登場している。(さまぁ?ず、おぎやはぎ等)お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たタモリ

    この過程で漫才師出身のビートたけしや形態模写出身のタモリ、明石家さんまのように、本来の芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た山田邦子山田 邦子

    1980年代頃から、お笑い芸人の司会業への進出が目覚しく、お笑いブームになると明石家さんま(公式には落語家なのだが高座に上がった事はほとんどない)、島田紳助、山田邦子などの大御所ばかりではなく、タカアンドトシやオリエンタルラジオなどの若手もメインの番組で司会を務める事が多い。これをフジテレビジョン編成制作局バラエティ制作センター部長の吉田正樹は「お笑いブーム以降、テレビ局にお笑いのテイストが欲しいと考えられた」と語っており、加えて「90年代に吉本興業が本格的に東京進出してから、芸人がMCを務めるという関西の文化が輸入されたのではないか。」と吉本興業の存在が深く関っていると述べている。一方、芸人は、より上を狙う意味で番組を仕切る司会者を目指す人が多い。制作者側と芸人本人のニーズが合致した結果、芸人が司会を務める事が多くなってきた。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た喜味こいし

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数の喜劇役者が一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たオリエンタルラジオ

    1980年代頃から、お笑い芸人の司会業への進出が目覚しく、お笑いブームになると明石家さんま(公式には落語家なのだが高座に上がった事はほとんどない)、島田紳助、山田邦子などの大御所ばかりではなく、タカアンドトシやオリエンタルラジオなどの若手もメインの番組で司会を務める事が多い。これをフジテレビジョン編成制作局バラエティ制作センター部長の吉田正樹は「お笑いブーム以降、テレビ局にお笑いのテイストが欲しいと考えられた」と語っており、加えて「90年代に吉本興業が本格的に東京進出してから、芸人がMCを務めるという関西の文化が輸入されたのではないか。」と吉本興業の存在が深く関っていると述べている。一方、芸人は、より上を狙う意味で番組を仕切る司会者を目指す人が多い。制作者側と芸人本人のニーズが合致した結果、芸人が司会を務める事が多くなってきた。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た島田紳助

    1980年代頃から、お笑い芸人の司会業への進出が目覚しく、お笑いブームになると明石家さんま(公式には落語家なのだが高座に上がった事はほとんどない)、島田紳助、山田邦子などの大御所ばかりではなく、タカアンドトシやオリエンタルラジオなどの若手もメインの番組で司会を務める事が多い。これをフジテレビジョン編成制作局バラエティ制作センター部長の吉田正樹は「お笑いブーム以降、テレビ局にお笑いのテイストが欲しいと考えられた」と語っており、加えて「90年代に吉本興業が本格的に東京進出してから、芸人がMCを務めるという関西の文化が輸入されたのではないか。」と吉本興業の存在が深く関っていると述べている。一方、芸人は、より上を狙う意味で番組を仕切る司会者を目指す人が多い。制作者側と芸人本人のニーズが合致した結果、芸人が司会を務める事が多くなってきた。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た爆笑問題爆笑問題

    バラエティ番組に多く出演し、それなりの芸歴になるとネタをしなくなる傾向があり、劇場付きの芸人、若手はネタ見せをするが、テレビが活動の中心になると年末年始の特番か、笑点の演芸コーナー程度になる。だが、ベテランとなっても定期的にライブを行ったり、テレビ番組などでネタを披露したり、作品をリリースすることに拘るお笑いタレントもいる(爆笑問題、さまぁ〜ずなど)。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た間寛平

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数の喜劇役者が一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
99件中 1 - 10件表示

「お笑い芸人」のニューストピックワード