前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示
  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たタモリ

    この過程で漫才師出身のビートたけしや形態模写出身のタモリ、落語家出身の明石家さんまのように、本来の芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たビートたけし

    この過程で漫才師出身のビートたけしや形態模写出身のタモリ、落語家出身の明石家さんまのように、本来の芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た喜味こいし

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数のコメディアンが一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た明石家さんま

    この過程で漫才師出身のビートたけしや形態模写出身のタモリ、落語家出身の明石家さんまのように、本来の芸域の痕跡を喪失したお笑いタレントも見られるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た爆笑問題

    バラエティ番組に多く出演し、それなりの芸歴になるとネタをしなくなる傾向があり、劇場付きの芸人、若手はネタ見せをするが、テレビが活動の中心になると年末年始の特番か、笑点の演芸コーナー程度になる。だが、爆笑問題、さまぁ〜ずなどベテランとなっても定期的にライブを行ったり、テレビ番組などでネタを披露したり、作品をリリースすることに拘るお笑いタレントもいる。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た間寛平

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数のコメディアンが一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たザ・ドリフターズ

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数のコメディアンが一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た桂三度

    お笑いタレントとして夢破れてから放送作家に転身する者もいる。また、世界のナベアツのように、芸人と放送作家の二足のわらじで活動するものもいる。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たおぎやはぎ

    近年のお笑い芸人は志向が変わり、おぎやはぎによれば昔は司会者や冠番組を持とうと殺気に満ちていたり、ライバル意識丸出しの芸人ばかりだったが、最近では2番手やいわゆる雛壇芸人志望で、丸く収め安定志向と言う芸人が多い。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たサンミュージックプロダクション

    多数のお笑いタレントを抱える事務所としては、大阪のよしもとクリエイティブ・エージェンシーや松竹芸能、東京ではワタナベエンターテインメントや浅井企画、太田プロダクション、オフィス北野、プロダクション人力舎、ホリプロコム、マセキ芸能社などが挙げられる。また、サンミュージックプロダクション、ソニー・ミュージックアーティスツ、オスカープロモーションなどの異業種からの参入も目立つ。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7
61件中 1 - 10件表示

「お笑い芸人」のニューストピックワード