99件中 81 - 90件表示
  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たエキストラ

    お笑いタレントの人の数を性別に分けると男性の方が比較的多く、近年では脱サラ、俳優、女優、エキストラ、宝塚歌劇団を早期に退団した女優、歌手、アイドルなど芸能界からの転向の他にスポーツ選手、公務員(キャリア、ノンキャリア、地方公務員問わず)、青年実業家、果ては歳の離れた親族(親子や孫と祖父)、教職を定年退職後に余暇として芸人に転向するなど『人気転職先』としてお笑いを選ぶ異色の経歴を持つ者も増えている。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た上方落語

    関西芸人は文字通り、関西を地盤とする芸人である。基本的には関西弁を使う。東京で活動していても、関西出身であれば関西芸人と呼ばれる。一方、関東芸人は狭義には関東地区出身の芸人をさすが、関東地区出身者でなくても、関東で活動していればこう呼ばれる。しかし、東京でデビューした関西出身者や、関西人と他の地域の出身者とが組んだコンビなども存在すること、また関西ローカルで放送される吉本興業系の番組では上京してからデビューした芸人や、大阪でデビューした後に上京し現在は東京に所属している関西弁芸人を「関東勢」に括り、生粋の大阪所属芸人のみを「関西勢」とすることも少なくないため、どちらに属すのかの基準は曖昧な部分も多い。このような用語は、関西では吉本興業を中心として伝統的にお笑いの文化が根づいているという事実を反映しているが、元々は上方落語と江戸落語の区別に端を発しているといえる。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た爆笑ヒットパレード

    爆笑ヒットパレード(フジテレビ系)お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た演芸

    1980年代中盤には漫才ブームが発生した。フジテレビ系列『オレたちひょうきん族』では、複数のコントから構成されるため、出演する芸人がベースとする演芸の領域を超える内容となっていた。必然的にこれらの領域は(特に漫才/漫談とコントの間で)ボーダーレス化し、やがて一括して「お笑いタレント」「お笑い芸人」 という言葉で総称されるようになった。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見た教職

    お笑いタレントの人の数を性別に分けると男性の方が比較的多く、近年では脱サラ、俳優、女優、エキストラ、宝塚歌劇団を早期に退団した女優、歌手、アイドルなど芸能界からの転向の他にスポーツ選手、公務員(キャリア、ノンキャリア、地方公務員問わず)、青年実業家、果ては歳の離れた親族(親子や孫と祖父)、教職を定年退職後に余暇として芸人に転向するなど『人気転職先』としてお笑いを選ぶ異色の経歴を持つ者も増えている。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たスカウト (勧誘)

    デビューするには、NSC等の芸人養成学校、専門学校に入学、師匠と呼ばれる先輩に師事し弟子入り、面接によるオーディション、スカウトはあるもののネタ見せで認められてのもので、外見がおかしい、顔が面白い等の理由で路上スカウトを受けたという例は無い。いわゆる受け身の性格や、指示待ち人間は向いていないとされている。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たクイズ

    バラエティ番組におけるお笑いタレントは、司会者やそのアシスタント、レポーター、クイズの解答者などの立場で出演し、面白いことを言ったり、なにかの行為をする際に失敗して見せたりすることで、笑いを誘発する。これにより視聴者に対し、番組進行のテンポ的起伏、番組で扱う事物への客観性、番組内容への感情移入のしやすさなどを提供する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たオーディション

    デビューするには、NSC等の芸人養成学校、専門学校に入学、師匠と呼ばれる先輩に師事し弟子入り、面接によるオーディション、スカウトはあるもののネタ見せで認められてのもので、外見がおかしい、顔が面白い等の理由で路上スカウトを受けたという例は無い。いわゆる受け身の性格や、指示待ち人間は向いていないとされている。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たテレビ

    日本国内のテレビの普及に伴い、本来舞台をはじめとする多くな場所で様々な仕方で活動してきた人々がテレビのバラエティ番組に活動の比重を移すにつれ、彼らを総称する呼び方が必要になったため生まれた言い方である。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

  • お笑いタレント

    お笑いタレントから見たツービート

    したがって、お笑い芸人の走りはテレビ放送が始まった当初から存在した。当時はほとんどが漫才師と呼ばれる2人組で漫才をしたり、数人のグループでコントを行ったりして、笑いを取っていた。関東では占領下でジャズ・バンドを結成していたバンドマンたちがコミック・バンドに転じてさらにテレビでコントを披露するようになったり(ハナ肇とクレージーキャッツ、ザ・ドリフターズ等)、浅草を地盤とする芸人たちがコントを中心に活躍しテレビにも進出していった(コント55号、ツービート等)。1970年代ごろになると関西の吉本新喜劇や松竹新喜劇などで、藤山寛美、間寛平のように大舞台で演技する多数の喜劇役者が一世を風靡した。のちに、これらがお笑い芸人として活躍することになる。漫才界ではいとし・こいしなどがテレビに登場するなど、お笑いを取る芸人として活躍する。お笑いタレント フレッシュアイペディアより)

99件中 81 - 90件表示

「お笑い芸人」のニューストピックワード