2175件中 121 - 130件表示
  • ランドルフ郡 (アラバマ州)

    ランドルフ郡 (アラバマ州)から見たアルコール飲料酒

    ランドルフ郡()は、アメリカ合衆国アラバマ州の東部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は22,913人であり、2000年の22,380人から2.4%増加した。郡庁所在地はウィドウィー市(人口823人)であり、同郡で人口最大の都市はロアノーク市(人口6,074人)である。郡名はバージニア州選出アメリカ合衆国上院議員を務めたジョン・ランドルフに因んで名付けられた。基本的にアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。ランドルフ郡 (アラバマ州) フレッシュアイペディアより)

  • スタッフォード郡 (カンザス州)

    スタッフォード郡 (カンザス州)から見た酒

    スタッフォード郡 (、標準省略:SF) は、アメリカ合衆国カンザス州に位置する郡である。2000年現在、人口は4,789人である。ここの郡庁所在地はセントジョンである。この郡はルイス・スタッフォード (Lewis Stafford) の名を取って命名された。ここは酒類が禁じられた禁酒郡である。スタッフォード郡 (カンザス州) フレッシュアイペディアより)

  • ラルー郡 (ケンタッキー州)

    ラルー郡 (ケンタッキー州)から見たアルコール飲料酒

    ラルー郡はエリザベスタウン大都市圏に属している。郡内のどこにおいてもアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。ラルー郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • チルトン郡 (アラバマ州)

    チルトン郡 (アラバマ州)から見たアルコール飲料酒

    チルトン郡()は、アメリカ合衆国アラバマ州の中心に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は43,643人であり、2000年の39,593人から10.2%増加した。郡庁所在地はクラントン市(人口8,619人)であり、同郡で人口最大の都市はカレラ市(人口11,620人)である。郡名は弁護士ウィリアム・パリッシュ・チルトン(1810年-1871年)に因んで名付けられた。チルトンはアラバマ州最高裁判所長官を務めた後、アメリカ連合国議会のモンゴメリー郡選出議員となった。1861年2月4日には暫定議会の議長代行を務めアメリカ連合国の成立を促進した。1942年アメリカ海軍はチルトン郡に因んで、USSチルトンを就役させた。チルトン郡は基本的にアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。チルトン郡 (アラバマ州) フレッシュアイペディアより)

  • モンゴメリー郡 (ケンタッキー州)

    モンゴメリー郡 (ケンタッキー州)から見たアルコール飲料酒

    モンゴメリー郡()は、アメリカ合衆国ケンタッキー州の中央部北東に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は26,499人であり、2000年の22,554人から17.5%増加した。郡庁所在地はマウントスターリング市(人口6,895人)であり、同郡で人口最大の都市でもある。アルコール飲料の販売に関しては「モイスト郡」に分類される。基本的には販売が禁止される「ドライ郡」(禁酒郡)だが、マウントスターリング市のように包装容器に入ったアルコール飲料の販売が認められている「ウェット」の都市が含まれている。モンゴメリー郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • ビブ郡 (アラバマ州)

    ビブ郡 (アラバマ州)から見たアルコール飲料酒

    ビブ郡()は、アメリカ合衆国アラバマ州の中央部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は22,915人であり、2000年の20,826人から10.0%増加した。郡庁所在地はセンタービル市(人口2,778人)であり、同郡で人口最大の都市はブレント市(人口4,947人)である。郡名は初代アラバマ州知事を務めたウィリアム・W・ビブに因んで名付けられた。基本的にアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。ビブ郡 (アラバマ州) フレッシュアイペディアより)

  • エリオット郡 (ケンタッキー州)

    エリオット郡 (ケンタッキー州)から見たアルコール飲料酒

    エリオット郡()は、アメリカ合衆国ケンタッキー州の北東部に位置する郡である。2010年国勢調査での人口は7,852人であり、2000年の6,748人から16.4%増加した。郡庁所在地はサンディフック市(人口675人)であり、同郡で唯一法人化された都市でもある。エリオット郡は、郡内のどこにおいてもアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。エリオット郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • マクリーン郡 (ケンタッキー州)

    マクリーン郡 (ケンタッキー州)から見たアルコール飲料酒

    マクリーン郡は、デイビース郡やハンコック郡と共に、オーエンズボロ大都市圏に属しており、都市圏人口は2002年推計で110,314人だった。郡内のどこにおいてもアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。マクリーン郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • クリッテンデン郡 (ケンタッキー州)

    クリッテンデン郡 (ケンタッキー州)から見たアルコール飲料酒

    アルコール飲料の販売が制限あるいは禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。クリッテンデン郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

  • ウェイン郡 (ケンタッキー州)

    ウェイン郡 (ケンタッキー州)から見たアルコール飲料酒

    郡内のどこにおいてもアルコール飲料の販売が禁止されている「ドライ郡」(禁酒郡)である。ウェイン郡 (ケンタッキー州) フレッシュアイペディアより)

2175件中 121 - 130件表示

「お酒」のニューストピックワード