1701件中 11 - 20件表示
  • 引き札

    引き札から見た酒

    13世紀に一遍上人が「南無阿弥陀仏」の札を出したとあるが、天和3年に越後屋が呉服の宣伝に「現金安売り掛け値なし」という引き札を十里四方に出したのが引き札の始まりと言われる。裕福な大名、武士が年に1、2回まとめて払う掛け値売りが大店舗では普通で、これを交渉値引き掛け売りがなく、現金取引の正札売りにしたのが、大いにあたった。同業者の反発に幕府の検閲も入ったが、井原西鶴はこれを大商人の手引きと引用した。来客にや割引券を進呈するなどの文句も話題になった。引き札 フレッシュアイペディアより)

  • フランベ

    フランベから見た酒

    フランベ()とは、調理の最後にアルコール度数の高いをフライパンの中に落とし、一気にアルコール分を飛ばす調理法。フランベ フレッシュアイペディアより)

  • 食文化 (2ちゃんねるカテゴリ)

    食文化 (2ちゃんねるカテゴリ)から見た酒

    コカ・コーラなどのメジャー飲料からメッコールや神戸居留地などのマイナー飲料、お茶や水まで、淹れる飲み物と類以外の飲料全般を扱う。酒類はお酒・Bar板で扱うのがローカルルール。2002年1月21日 開設。食文化 (2ちゃんねるカテゴリ) フレッシュアイペディアより)

  • 酒入りコーヒー

    酒入りコーヒーから見た酒

    酒入りコーヒーとは、コーヒーにを加えた飲み物であり、コーヒーの主要な飲み方の1つ(コーヒーの飲み方の1つのジャンル)となっている。ただし、コーヒーは使わずに、コーヒー・リキュールだけを使ったカクテルは、この酒入りコーヒーの範疇には入らない。(これに対して、コーヒーにコーヒー・リキュールを加えた場合は、酒入りコーヒーの1種である。)なお、酒入りコーヒーは、アルコール入りコーヒー、アルコール入りコーヒー飲料(alcoholic coffee beverages)などとも呼ばれるが、本稿では以降、酒入りコーヒーという呼び方に統一する。酒入りコーヒー フレッシュアイペディアより)

  • サボルチの林檎パーリンカ

    サボルチの林檎パーリンカから見た酒

    記録によると、サボルチの林檎栽培は18世紀から行われている。この地域では有力なワイン産業がないため、林檎パーリンカが最も重要なとなる。パーリンカ法に従い、サボルチの林檎パーリンカも規定された地域の醸造所で作り、瓶詰めしなければならない。規定された最低限のアルコール度数は40度。サボルチの林檎パーリンカ フレッシュアイペディアより)

  • 骨酒

    骨酒から見た酒

    骨酒(こつざけ)は、日本料理で、の飲み方のひとつ。骨酒 フレッシュアイペディアより)

  • 食前酒

    食前酒から見た酒

    食前酒(しょくぜんしゅ)とは、食事の前に飲むのこと。フランス語からアペリティフ()ともいう。ラテン語の「aperire(開く)」を語源とする。19世紀頃にフランスから始まったもので、食欲を増進させたり、出席者の会話を弾ませるきっかけに飲むをいう。飲む場の性格からして、その後の食事の邪魔にならぬよう、少量の酒を1、2杯程度飲む。欧米では、ショートカクテルやシェリー酒など、かなり強めの酒を(特に男性は)飲むことが多いが、日本では、白ワインなどをベースにした軽いカクテルが用いられることが多く、アルコール度数が高いものは用いられることはない(日本人が欧米人に比べて酒に弱い為と思われる)。食前酒 フレッシュアイペディアより)

  • 奈良漬け

    奈良漬けから見た酒

    奈良漬けは、元々1300年以上も前より『かす漬け』という名で存在しており平城京の跡地で発掘された長屋王木簡にも「粕漬瓜」と記された納品伝票らしきものがある。なお当時のはどぶろくであったため、粕とは搾り粕ではなくの底に溜まる沈殿物のことであったようである。また当時は上流階級の保存食・香の物として珍重されていたようで、高級食として扱われていたという記録がある。奈良漬け フレッシュアイペディアより)

  • 未成年者飲酒禁止法

    未成年者飲酒禁止法から見た酒類酒

    この法律は、満20歳未満の者の飲酒を禁止する(1条)。また親権者やその他の監督者、酒類を販売・供与した営業者に罰則を科す。全4条からなる。未成年者飲酒禁止法 フレッシュアイペディアより)

  • 未成年者飲酒禁止法

    未成年者飲酒禁止法から見た飲酒酒

    未成年者飲酒禁止法(みせいねんしゃいんしゅきんしほう)は満20歳未満の者の飲酒の禁止に関する日本の法律である。未成年者飲酒禁止法 フレッシュアイペディアより)

1701件中 11 - 20件表示

「お酒」のニューストピックワード