2175件中 71 - 80件表示
  • トウモロコシ

    トウモロコシから見た酒

    トウモロコシの栽培化が行われたメソアメリカでは、トウモロコシは古来重要な主食作物であった。乾燥した種子は石灰を加えた水で煮てアルカリ処理してからすり潰し、マサという一種のパン生地に加工して、各種の調理に用いられた。代表的なものが、薄く延ばして焼いたメキシコのトルティーヤである。このアルカリ処理は、現在ではニシュタマリゼーションと呼ばれている。南米のアンデス地域では、アルカリ処理せずに粒のまま煮て食べることが多いが、この地域での主食作物はジャガイモなどの各種芋類がより重要で、トウモロコシは先述したような煮て食べる以外に、発芽させたものを煮て糖化させ、さらに発酵させてチチャというにすることが多い。トウモロコシ フレッシュアイペディアより)

  • 坂口平兵衛 (初代)

    坂口平兵衛 (初代)から見た酒

    坂口の性格は勃興期の産業資本家によくあるような、勤倹力行型のまじめ人間だった。「ほんとの商売人はうそをつかぬものだ」「好きはよいが酒呑みになってはいけない」とは彼がよく部下に語った処世訓であった。坂口平兵衛 (初代) フレッシュアイペディアより)

  • 石原慎太郎

    石原慎太郎から見た酒

    AERA誌のインタビューのとき、ノンフィクション作家の吉田司に慎太郎は「うちは士族の出でね。カッコいいんだ。武田の武士でね、弓矢の名人でね、家紋が7つ矢の矢車なんですよ。武田軍団って、戦強かったでしょ。うちの家訓はね、『明日の戦、わが身無念と心得べし』ってんですよ。つまり死ぬだろうと……。だから俺の親父もわりと覚悟して、毎晩接待で飲み続けて、仕事で死んでいった。『今宵の宴、わが身無念と心得べし』じゃないけどね (笑) 」と述べている。石原慎太郎 フレッシュアイペディアより)

  • 蒲焼

    蒲焼から見た酒

    蒲焼(蒲焼き、樺焼、椛焼、かばやき)は、身の長い魚を開いて中骨を取り除き、串を打った上で、素焼きしてから濃口醤油、みりん、砂糖、などを混ぜ合わせた濃厚なたれをつけて焼く魚料理。照り焼きの1種である。蒲焼 フレッシュアイペディアより)

  • 人間失格

    人間失格から見た酒

    中学校時代、「自分」は道化という自らの技術が見抜かれそうになり、恐怖する。その後、旧制高校において人間への恐怖を紛らわすために、悪友堀木により紹介されたと煙草と淫売婦と左翼思想とに浸った。これらはすべて、「自分」にとって醜悪にみえる人間の営みから、ひとときの解放をもたらす物だった。人間失格 フレッシュアイペディアより)

  • 藤子不二雄A

    藤子不二雄Aから見た酒

    この食習慣のせいか、いわゆる「血液サラサラ」であり、夜遅くまで酒宴に付き合っても、翌日にが残ったことがないと語り、また、生まれてから一度も病気になったことが無かったという。しかし、2013年春、上行結腸癌(大腸癌)が発覚、“人生初の病気”にかかり、東京医科大学病院に入院、手術を受けた。故郷の村にて藤子・F・不二雄、赤塚不二夫、石ノ森章太郎、手塚治虫らに「こっちに来い」と言われる夢を見たと言う。約1年後、再び腹部に強い痛みを覚え検査を受け腸閉塞と診断され入院。2015年3月初旬、ゴルフのプレイ中に失神、東京医科大学病院へ救急搬送される。検査の結果心不全の診断を受け、入院。約3週間、点滴や投薬の治療を受け快復した。藤子不二雄A フレッシュアイペディアより)

  • 角打ち

    角打ちから見た酒

    酒屋の店内において、その酒屋で買ったを飲むこと。また、それができる酒屋のこと。本記事ではこれについて記述する。角打ち フレッシュアイペディアより)

  • 広島発!夢の通り道

    広島発!夢の通り道から見た酒

    中国醸造株式会社(廿日市市桜尾) 酒類製造広島発!夢の通り道 フレッシュアイペディアより)

  • 象鼻杯

    象鼻杯から見た酒

    象鼻杯(象鼻盃、ぞうびはい)とは、ハスを茎の途中で切り落とし、そのハスを用いて葉になどの飲み物を注ぎ反対側の茎の切り口の部分から葉に注いだ酒などを飲むものである。「象鼻杯席」(象鼻盃席、ぞうびはいせき)あるいは「碧筒杯」(へきとうはい)ともいう。また、ハスを用いて飲む酒は「蓮酒」とも呼ばれる。ハスのある庭園などでは季節行事として象鼻杯を催しているところもある。象鼻杯 フレッシュアイペディアより)

  • ショット

    ショットから見た酒

    のこと。または酒の量を示す単位。ショット フレッシュアイペディアより)

2175件中 71 - 80件表示

「お酒」のニューストピックワード