1701件中 81 - 90件表示
  • 讃州井筒屋敷

    讃州井筒屋敷から見た酒

    江戸時代の元禄5年(1692年)の創業後間もなく上方から江戸まで醤油を出荷し、引田醤油の名を全国に広めた『引田御三家』のひとつ。大正2年(1913年)から造も手がけ合名会社酒造井筒屋を設立、大正9年(1920年)からは焼酎・みりんの製造も始めるなど、戦前まで栄えた。讃州井筒屋敷 フレッシュアイペディアより)

  • 様々な媚薬を作り出し、女の子をエロエロにしちゃおう

    様々な媚薬を作り出し、女の子をエロエロにしちゃおうから見た酒

    2種類の材料(主にと精力増強効果があるとされる食材)を組み合わせて媚薬を生成する。組み合わせによっては失敗する場合や、他の媚薬を生成する為の材料が出来る場合もある。様々な媚薬を作り出し、女の子をエロエロにしちゃおう フレッシュアイペディアより)

  • ウィザードリィ外伝 五つの試練

    ウィザードリィ外伝 五つの試練から見た酒

    やや特異な雰囲気のシナリオで、全体に渡ってに関するネタがちりばめられている。終盤では驚愕の展開も。ウィザードリィ外伝 五つの試練 フレッシュアイペディアより)

  • 黄酒

    黄酒から見たアルコール飲料酒

    アルコール度数は14?18度。日本の酒税法では、その他の醸造酒(旧法ではその他の雑酒(2))に該当する。飲用のほかに、日本酒と同様に調味料としても用いる。中国全土で造られているが、主要生産地は長江南部であり、浙江省で全生産量の半分を造っている。浙江省で造っている代表的な黄酒として紹興酒がある。味と香りは千差万別である。糖分がほとんど含まれず、ブドウ糖の重量比0.2%程度のドライなものから、28%もあるもの(例:丹陽封缸酒)まである。風味も、淡白なものから、黒ビールのように苦いもの(例:即墨老酒)まである。黄酒 フレッシュアイペディアより)

  • 先天性

    先天性から見た酒

    血液型は、代表的な ABO による四つの類型以外にも幾つかの分類があるが、これらも遺伝に決まっている。身体の生理機構においても先天性や趨向性が存在し、アセトアルデヒド脱水素酵素を持つか持たないかで、の酔いに対する反応が異なる。特定の身体疾患に対する親和性も遺伝的な影響を受ける。先天性 フレッシュアイペディアより)

  • 不動穀

    不動穀から見た酒

    不動穀(ふどうこく)とは、律令制において令制国に置かれた不動倉に保管された稲穀のこと。なお、粟で代用された不動粟穀(ふどうあわこく)やの形で保管された不動酒(ふどうしゅ)も不動穀の一種である。不動穀 フレッシュアイペディアより)

  • 不耐

    不耐から見た酒

    ヒトでは、しばしば遺伝的要因による不耐が見られ、例えば、乳糖に対する不耐症(これを乳糖不耐症と呼ぶ)、エタノールに対する不耐症(これをアルコール不耐症と呼ぶ)などが知られている。これらはそれぞれ乳糖、エタノール(およびアセトアルデヒド)の分解に関わる酵素の活性が、遺伝的に低いことによると考えられており、乳糖不耐者では乳製品(正確には乳糖を含む食品)を摂取した後で下痢などを起こしやすいなどの症状、アルコール不耐者ではに弱かったり注射時などの消毒に用いられる消毒用アルコールで皮膚が発赤するなどの症状となって現れる。不耐 フレッシュアイペディアより)

  • クーペ (歌手)

    クーペ (歌手)から見た酒

    元は林家三平の弟子で、林家クーペの名前で落語をやっていたが、やギャンブルにのめりこむなど素行不良のため、9度も破門と再入門を繰り返し、ついには落語界から追放。妻子もあったが離婚し「落伍者」になった。クーペ (歌手) フレッシュアイペディアより)

  • 貯蓄の日

    貯蓄の日から見たお酒酒

    10月17日に伊勢神宮で、その年に収穫された穀物でつくったお酒などを収穫への感謝の気持ちを込めてまつる、神嘗祭(かんなめさい)に由来する。貯蓄の日 フレッシュアイペディアより)

  • 壷銭

    壷銭から見た酒

    課税基準を醸造に用いる壷数に応じて定めたことから、この名称が付いたとされている。鎌倉時代中期から酒屋が全国各地に広まるが、鎌倉幕府はが社会に害悪をもたらすとしてこれを禁じる沽酒の禁を出して厳しく取り締まった。これに対して京都朝廷は公領よりの収入減少の穴埋めとして酒屋の営業を許す代わりに課税を行おうとした。正和年間の新日吉社造営費用のために洛中などの酒屋に壷銭を課したのが最古の記録である。後に造酒正が徴収を担当するようになり、造酒正を務める押小路家がその役目にあたった。後醍醐天皇は元亨2年(1322年)以後、壷役の直轄化と通常課税化を図り、建武の新政の開始を機に五条頼元を造酒正に任命して押小路家の権限を取り上げようとしたが、政権の崩壊とともに失敗に終わり、押小路家が復権した。貞治年間の北朝において、年間200貫を朝廷に収めることを条件に押小路家に酒麹売課役(さけこうじうりかやく)として徴税権を与えられたが、検非違使をも動員して徴税を強行する造酒正と酒屋の座を支配下に置く延暦寺などの有力寺院との対立が生じることになった。壷銭 フレッシュアイペディアより)

1701件中 81 - 90件表示

「お酒」のニューストピックワード