273件中 11 - 20件表示
  • 酒

    から見たリンゴ

    酒の歴史は古く、有史以前から作られていたと見られている(→)。製造方法や原料等多種多様であるが、原材料から発酵によってエタノールを生成することで共通している。果実原料ではブドウを使ったワインやリンゴなど果実酒、穀物原料では大麦によるビールや米など、イモ類ではサツマイモを使った焼酎など。様々なアルコール度数を持った酒が作られる(→)。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たチョコレート

    料理に風味付けや肉や魚などの臭み消し等の用途でみりん、日本酒、ワイン、ブランデー、ウィスキーなどが使用され、煮切りやフランベなどの調理法がある。その他、パンの原材料としてや、漬物、饅頭やカステラなどの和菓子、チョコレートやケーキなどの洋菓子にも使われる。奈良漬けやブランデー・ケーキ、中のシロップにワインやブランデーが使われているチョコレートなどには風味のためアルコール分が残してある。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たウィスキー

    アルコールに関しては健康への悪影響が懸念される中、ワインなどに含まれるポリフェノールについても注目されている。ポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用などがあり、特にウィスキーの樽ポリフェノールは従来のポリフェノールの約7倍の抗酸化力を持ち、細胞内ソルビトールの蓄積を抑制するため糖尿病なども抑制する効果を持つ。その他にウィスキーにはメラニンの生成を抑制するチロシナーゼが含まれているため美白効果をもたらす可能性も期待されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たWHO

    アルコール依存症とは、長期にわたり多量の飲酒した事から、アルコールに対し精神的依存や身体依存をきたす、精神疾患である。アルコールを繰り返し摂取し、アルコールに対する依存を形成し、精神的に身体的に続的に障害されている状態をいう。長期間多量に飲酒を続ければ、誰でもアルコール依存症になる可能性があり、WHOの策定した国際疾病分類第10版には"精神および行動の障害"の項に分類されており、個人の性格や意志の問題ではなく、精神障害と考えられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た蜂蜜

    2004年12月、中国で紀元前7000年ごろの賈湖遺跡(かこいせき)(en)から出土した陶器片を分析したところ、米・果実・蜂蜜などで作った醸造酒の成分が検出されたという報告があった。いまのところこれが考古学的には最古の酒である。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た日本酒

    フランス料理とワインや日本料理と日本酒のように、食事の際にも飲まれる。また食前酒や食後酒などもある。特に酒のための食事を宴会とよぶ。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たバー (酒場)

    精神、心理状態を変化させることなどもあって、飲酒は様々な社会、文化と関わってきた。家庭における飲酒が日常化し、晩酌(夕食時に(しばしば日常的に)飲酒すること)する習慣や、酒を提供する飲食店であるバー、パブ、居酒屋、スナックのような飲食店も存在している。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たデビッド・ナット

    このように、アルコールには死亡を含めた有害な影響が高く、その悪影響を低減させたアルコシンス(Alcosynth)が開発されている。2017年にイギリスのデビッド・ナットがアルカレラ(Alcarelle)を設立し、100の特許と共に商品化に向けて動いており、二日酔いがなく健康への害や暴力を低減させ、電子たばこのように害を低減させるという変化を社会にもたらしたいと考えている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た徳川綱吉

    飲酒が全面的に禁止されることは少ないが、一部の厳格なイスラム教国は例外である。日本でも江戸時代に徳川綱吉が「大酒禁止令」を出し、酒の飲み過ぎ、他人への強要を戒め、酒屋への規制を試みている。またアメリカには、飲料用アルコールの製造・販売等を禁止するアメリカ合衆国憲法の改正(俗に言う「禁酒法」)が行われていた時期があり、現在でも一部の郡では酒類の販売が禁じられている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たソーセージ

    ソーセージとビールやキャビアとウォッカなど料理と定番の組み合わせがある。 フレッシュアイペディアより)

273件中 11 - 20件表示

「お酒」のニューストピックワード