273件中 31 - 40件表示
  • 酒

    から見たキャビア

    ソーセージとビールやキャビアとウォッカなど料理と定番の組み合わせがある。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たホルモン

    アルコールに関しては健康への悪影響が懸念される中、ワインなどに含まれるポリフェノールについても注目されている。ポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用などがあり、特にウィスキーの樽ポリフェノールは従来のポリフェノールの約7倍の抗酸化力を持ち、細胞内ソルビトールの蓄積を抑制するため糖尿病なども抑制する効果を持つ。その他にウィスキーにはメラニンの生成を抑制するチロシナーゼが含まれているため美白効果をもたらす可能性も期待されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た香水

    古代バビロニア時代に、香水を作るための蒸留技術があったという説があるが、蒸留の技術は、3世紀頃のアレクサンドリアの錬金術師たちには既に知られていたと推測される。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た糖尿病

    アルコールに関しては健康への悪影響が懸念される中、ワインなどに含まれるポリフェノールについても注目されている。ポリフェノールは動脈硬化や脳梗塞を防ぐ抗酸化作用、ホルモン促進作用などがあり、特にウィスキーの樽ポリフェノールは従来のポリフェノールの約7倍の抗酸化力を持ち、細胞内ソルビトールの蓄積を抑制するため糖尿病なども抑制する効果を持つ。その他にウィスキーにはメラニンの生成を抑制するチロシナーゼが含まれているため美白効果をもたらす可能性も期待されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た脂肪

    糖分、もしくは糖分に転化されうるデンプン分があるものは、酒の原料になりうる。脂肪分やタンパク質分が多いもの(たとえば大豆などの豆類)はあまり向かない。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た認知症

    慢性的に大量の飲酒を続けることは、65歳未満で発症する早期発症型の認知症をはじめとする様々な類型の認知症の主要な危険因子になりうるとする研究結果が出ている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たヒンドゥー教

    ヒンドゥー教では地域により異なる。一部の地域では飲酒は避けるべき悪徳であるとされ、中でもヴィシュヌ神の敬虔な信者の多くは飲酒をしない。ネパールの祭事インドラ・ジャートラーではセート・バイラブ神の像の口から時折チャンと呼ばれる米酒が流れだし、その場に居合わせたものはそれを飲むことができる。また、インドネシアバリ島で信仰されているバリ・ヒンドゥーでは飲酒が許容されている。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た寒波

    飲酒したまま屋外などで寝込んでしまい、そのまま低体温症により凍死することがある。特に、寒波が厳しい時期にはホームレスなどの屋外生活者が寒さを紛らわせるために飲酒し、そのまま凍死するケースもある。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見たヘンリー2世 (イングランド王)

    1171年、ヘンリー2世の軍隊がアイルランドに侵攻した。その時の記録によると、住民は「アスキボー」という蒸留酒を飲んでいたという。これがウイスキーの語源となる。 フレッシュアイペディアより)

  • 酒

    から見た低体温症

    飲酒したまま屋外などで寝込んでしまい、そのまま低体温症により凍死することがある。特に、寒波が厳しい時期にはホームレスなどの屋外生活者が寒さを紛らわせるために飲酒し、そのまま凍死するケースもある。 フレッシュアイペディアより)

273件中 31 - 40件表示

「お酒」のニューストピックワード