前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
518件中 1 - 10件表示
  • 刺身

    刺身から見た魚介類魚介類

    刺身(さしみ)とは、主に魚介類を生のまま切り、醤油・酢味噌などの調味料にワサビ・ショウガなどの薬味を合わせて食べる料理の総称である。刺身 フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た魚介類魚介類

    漁業(ぎょぎょう、英語:fishery)とは、海面(海)および内水面(河川、湖沼)において、魚介類・クジラ等の水産物を漁を行うことによって収穫する職業、あるいは業種。水産加工業などとともに水産業の一種である。また、この漁業で漁撈活動に専業として携わる者のことを漁師という。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 日本料理

    日本料理から見た魚介類魚介類

    素材の新鮮さが特に尊重される。一般的に米をはじめとする穀物、野菜、豆類、果物、魚介類や海藻といった海産物、鳥類の肉などが使われ、乳製品はほとんど用いられない。特に海産物と大豆加工食品の利用の多彩さが特徴で、総じて低脂肪、高塩分であるとされる。このような特徴は東南アジアの食文化とも共通するが、それらの料理と比較して獣肉と油脂の利用が発達しておらず、風味の強い香辛料の使用が少ないという違いがある。新鮮な食材や良質な水に恵まれているため、素材の味を最大限に活かした味付けが尊重される。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • 動植綵絵

    動植綵絵から見た魚介類魚介類

    絹本着色(けんぽんちゃくしょく)。鳥、鳳凰、草花、魚介類などが、さまざまな色彩と形態のアラベスクを織り成す、華麗な作品群である。綿密な写生に基づきながら、その画面にはどこか近代のシュルレアリスムにも通じる幻想的な雰囲気が漂う。また、当時の最高品質の画絹や絵具(日本で初めてベロ藍を用いた例である)を惜しみなく使用したため、200年以上たった現在でも保存状態が良く、褪色も少ない。『動植綵絵』は『釈迦三尊図』(絹本着色、三幅対)と共に、両親と弟、そして若冲自身の永代供養を願って相国寺に寄進された。『動植綵絵』の名前は、この時若冲自身が書いた寄進状の中で『動植綵絵』と記していることに由来する。若冲は「山川草木悉皆仏性」の思想を、観音経にある「三十三応身」になぞらえて描き出したと考えられる。動植綵絵 フレッシュアイペディアより)

  • メリーちゃんと羊

    メリーちゃんと羊から見た魚介類魚介類

    中学進学の為に進学塾に通っているはいるが、将来の夢は学者や医者などではなく、同級生のストロベリーと共にお笑い芸人としてデビューする事。通っている「ワシダ塾」には彼女と同様、エビ、タコ、ウナギ、金魚を親に持つ髪型が魚介類の友人がおり、5人で「水産鮮隊 水民グ☆(すいさんせんたい・スイミング)」なるヒロインチームを一時的に結成した事もある。メリーちゃんと羊 フレッシュアイペディアより)

  • 行商

    行商から見た魚介類魚介類

    江戸時代には都市の発達に伴い都市の消費需要を満たすため商職人が発達し、行商も出現した。行商は天秤棒を担いだ業態では棒手売・背負商人などの呼称で呼ばれ、扱われる商品は魚介類(シジミやアサリのような貝も)から豆腐・飴といった食品のほか医薬品など生活物資、朝顔や金魚・風鈴といった生活に潤いを与える物品もあれば、大きな箪笥などの家具を扱う業態も存在し、果ては水を行商する者もいた。その様子は浮世絵などに描かれて、江戸時代の風物詩を今に伝えている。行商 フレッシュアイペディアより)

  • レッドロブスター

    レッドロブスターから見たシーフード魚介類

    レッドロブスター () は、ロブスターを主体としたアメリカ料理のエンターテインメントシーフードレストランチェーン。カナダ、アラブ首長国連邦、日本に展開している。レッドロブスター フレッシュアイペディアより)

  • ホ・ヨンセン

    ホ・ヨンセンから見た魚介類魚介類

    魚介類が食べられない。(においを嗅ぐ事すらダメ)ホ・ヨンセン フレッシュアイペディアより)

  • 台湾素食

    台湾素食から見た魚介類魚介類

    台湾素食には大乗仏教や道教の全真教などで食べることが禁じられている三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)および五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)を一切用いない。肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わない。出汁にも肉や魚介類を一切使っていない。昆布とシイタケは出汁だけでなく、食材としても好んで使われる。台湾素食 フレッシュアイペディアより)

  • 漁港 (バンド)

    漁港 (バンド)から見た魚介類魚介類

    そのバンド名が表す通り、自称、フィッシュロック・バンドとして「日本の食文化を魚に戻し鯛!」を合言葉に活動。メンバーは千葉県の浦安魚市場で実際に鮮魚商を兼業しており、魚介類や海をテーマにした楽曲の発表を行う。ライブでは食用魚の解体ショーや鰹節・貝類などの配布といった独自のパフォーマンスを行う。物販もCDなどの音楽関係よりも、鮮魚類が豊富である。従来のミュージシャンが、各楽曲の世界観やメッセージなどを、リスナーの聴覚と視覚に頼って伝えていたのに対して、漁港はさらに味覚と嗅覚という概念を取り入れている。漁港 (バンド) フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
518件中 1 - 10件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード