前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
718件中 1 - 10件表示
  • 刺身

    刺身から見た魚介類魚介類

    刺身(さしみ)とは、魚介類などの食品を生のまま小片に切り、醤油などの調味料で味を付けて食べる日本料理である。造りやお造りなどとも言う。刺身 フレッシュアイペディアより)

  • 霜降り造り

    霜降り造りから見た魚介類魚介類

    霜降り造り(しもふりづくり)は日本料理において調理法、および料理。「霜降り作り」ともいう。魚介類や鶏肉などを熱湯に通し冷水にさらしたもの。表面のみ白くする。霜降り造り フレッシュアイペディアより)

  • 漁業

    漁業から見た魚介類魚介類

    漁業(ぎょぎょう)とは、営利目的で魚介類を捕獲したり養殖する産業のこと。漁業 フレッシュアイペディアより)

  • 吸い物

    吸い物から見た魚介類魚介類

    吸物(すいもの)は、だしを塩や醤油、味噌などで味付けたつゆを、魚介類や野菜などの実(み)とともに吸うようにした日本料理。羹(あつもの)とも呼び、酒の肴となる広義のスープ料理。吸い物 フレッシュアイペディアより)

  • 炉端焼き

    炉端焼きから見た魚介類魚介類

    炉端焼き(ろばたやき)は、日本の野趣溢れる田舎風の内外装の店舗で、店員が魚介類や野菜を(炭火で)焼いた料理を主なメニューとする居酒屋の一形態を指す。炉端焼き フレッシュアイペディアより)

  • 日本料理

    日本料理から見た魚介類魚介類

    魚介類:コイやフナ、鯛やヒラメ、カツオやニシン、イワシやアユ、アワビやシジミやカキ、イセエビやタコなどを用いる。日本料理 フレッシュアイペディアより)

  • 天ぷら

    天ぷらから見た魚介類魚介類

    天ぷら(てんぷら・天麩羅・天婦羅)は、魚介類や野菜等の食材を小麦粉を主体とした衣で包み、油で揚げて調理する日本料理である。天ぷら フレッシュアイペディアより)

  • 行商

    行商から見た魚介類魚介類

    江戸時代には都市の発達に伴い都市の消費需要を満たすため商職人が発達し、行商も出現した。行商は天秤棒を担いだ業態では棒手売・背負商人などの呼称で呼ばれ、扱われる商品は魚介類(シジミやアサリのような貝も)から豆腐・飴といった食品のほか医薬品など生活物資、朝顔や金魚・風鈴といった生活に潤いを与える物品もあれば、大きな箪笥などの家具を扱う業態も存在し、果ては水を行商する者もいた。その様子は浮世絵などに描かれて、江戸時代の風物詩を今に伝えている。行商 フレッシュアイペディアより)

  • メリーちゃんと羊

    メリーちゃんと羊から見た魚介類魚介類

    中学進学のために進学塾に通っているはいるが、将来の夢は学者や医者などではなく、同級生のストロベリーと共にお笑い芸人としてデビューすること。通っている「ワシダ塾」には彼女と同様、エビ、タコ、ウナギ、金魚を親に持つ髪型が魚介類の友人がおり、5人で「水産鮮隊 水民グ☆(すいさんせんたい・スイミング)」なるヒロインチームを一時的に結成したこともある。メリーちゃんと羊 フレッシュアイペディアより)

  • キューバ料理

    キューバ料理から見た魚介類魚介類

    今日のキューバの主な食材は、過去にスペイン人やアフリカ人によって持ち込まれたものが多い。先住民の共同体が早くに滅亡し、スペインからの独立が遅れたため、ラテンアメリカ諸国の中ではスペイン料理の影響を最も色濃く残している。独立後からキューバ革命まではアメリカ合衆国の影響下におかれたことからアメリカ料理の影響を受けるようになり、グリーンピースやアスパラガスなど温帯性の野菜や果物の缶詰が輸入され、高級食材として好んで用いられるようになった。一年を通して温暖な気候を利用して熱帯性の野菜や果物が栽培され、米や豆(いんげん豆、レンズ豆、ヒヨコ豆)、ユカ(キャッサバ)、バナナ、オクラ、豚肉、魚介類などを使った料理が中心となっている。キューバ料理 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
718件中 1 - 10件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード

  • GRAND FILANO HYBRID(グランドフィラーノハイブリッド)

  • EV+蓄電池+太陽光

  • システム構成イメージ日中