718件中 11 - 20件表示
  • 台湾素食

    台湾素食から見た魚介類魚介類

    台湾素食には大乗仏教や道教の全真教などで食べることが禁じられている三厭(天厭:空を飛ぶ鳥・鶏など、地厭:地を這う牛・豚など、水厭:水中の魚介類)および五葷(ネギ、ニラ、ニンニク、ラッキョウ、タマネギ)を一切用いない。肉だけでなく動物由来の油、卵、乳製品も一切使わない。出汁にも肉や魚介類を一切使っていない。昆布とシイタケは出汁だけでなく、食材としても好んで使われる。台湾素食 フレッシュアイペディアより)

  • いしる

    いしるから見た魚介類魚介類

    いしるは、魚介類に食塩を加えて漬けこみ、1年以上かけて発酵ならびに熟成させた浸出液である。古語で魚を「いお」、「い」と言い、魚の汁が転訛して「いおしる」からいしる、いしりとなったとされる。よしる、よしりという別名は、魚の余った汁を意味する。いしる フレッシュアイペディアより)

  • 海のフォアグラ

    海のフォアグラから見た魚介類魚介類

    海のフォアグラ(うみのフォアグラ、英語:the foie gras of the sea、仏語:le foie gras de la Mer)とは、一部の魚介類に対し、称する言葉。日本ではアンコウやカワハギなど一部の魚介類の「きも」(肝、肝臓)を珍重する習慣があり、その際に、それらの魚介類のきもを"海のフォアグラ"と呼ぶことがある。海のフォアグラ フレッシュアイペディアより)

  • 漁港 (バンド)

    漁港 (バンド)から見た魚介類魚介類

    そのバンド名が表す通り、自称、フィッシュロック・バンドとして「日本の食文化を魚に戻し鯛!」を合言葉に活動。メンバーは千葉県の浦安魚市場で実際に鮮魚商を兼業しており、魚介類や海をテーマにした楽曲の発表を行う。ライブでは食用魚の解体ショーや鰹節・貝類などの配布といった独自のパフォーマンスを行う。物販もCDなどの音楽関係よりも、鮮魚類が豊富である。従来のミュージシャンが、各楽曲の世界観やメッセージなどを、リスナーの聴覚と視覚に頼って伝えていたのに対して、漁港はさらに味覚と嗅覚という概念を取り入れている。漁港 (バンド) フレッシュアイペディアより)

  • レッドロブスター

    レッドロブスターから見たシーフード魚介類

    レッドロブスター () は、アメリカ・フロリダ州レイクランドで創業した、ロブスターを主体としたシーフードレストランチェーン。アメリカ、カナダ、アラブ首長国連邦、日本に展開している。レッドロブスター フレッシュアイペディアより)

  • 大都魚類

    大都魚類から見た水産物魚介類

    大都魚類(だいとぎょるい)は、日本の企業。水産物卸売業。東証二部上場企業である。大都魚類 フレッシュアイペディアより)

  • フライ (料理)

    フライ (料理)から見た魚貝類魚介類

    フライとは、おもに魚貝類や野菜などの食材に卵白やパン粉をつけて、多量の食用油で揚げたもの。またはその調理法。英語の を指すカタカナ英語であり、日本で独自に発展した西洋風料理(洋食)の一つフライ (料理) フレッシュアイペディアより)

  • 中央魚類

    中央魚類から見た水産物魚介類

    中央魚類株式会社(ちゅうおうぎょるい)は、日本の企業。水産物卸売業。東証二部上場企業である。中央魚類 フレッシュアイペディアより)

  • 漁撈

    漁撈から見た魚介類魚介類

    漁撈(ぎょろう、同音の漢字による書きかえで漁労とも記される)とは、魚介類・貝類や海藻を捕獲・収穫する活動のことである。漁撈 フレッシュアイペディアより)

  • 動植綵絵

    動植綵絵から見た魚介類魚介類

    絹本著色(けんぽんちゃくしょく)。鳥、鳳凰、草花、魚介類などが、さまざまな色彩と形態のアラベスクを織り成す、華麗な作品群である。綿密な写生に基づきながら、その画面にはどこか近代のシュルレアリスムにも通じる幻想的な雰囲気が漂う。また、当時の最高品質の画絹や絵具(日本で初めてベロ藍を用いた例である)を惜しみなく使用したため、200年以上たった現在でも保存状態が良く、褪色も少ない。『動植綵絵』は『釈迦三尊図』(絹本着色、三幅対)と共に、両親と弟、そして若冲自身の永代供養を願って相国寺に寄進された。『動植綵絵』の名前は、この時若冲自身が書いた寄進状の中で『動植綵絵』と記していることに由来する。若冲は「山川草木悉皆仏性」の思想を、観音経にある「三十三応身」になぞらえて描き出したと考えられる。動植綵絵 フレッシュアイペディアより)

718件中 11 - 20件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード