718件中 21 - 30件表示
  • ビーチコーミング

    ビーチコーミングから見た魚介類魚介類

    日本は周囲をすべて海に囲まれ、海岸の総延長は30,2779kmあり、世界でも有数の海岸線の長さを誇る国である。日本列島にはフィリピン付近を発した黒潮(日本海流)と、その分流の対馬海流がはさむように北流し、北方からは千島海流とリマン海流が南下する。このため、季節風と相まって日本列島は漂着物の多い歴史があり、人々の生活と切っても切れない縁があった。「浜歩き」「灘走り」という言葉が最近まで残っていたように、浜辺に打ち上げられた魚介類や漂着物を拾い、再利用する習慣はごく一般的に日本民族が行ってきた生活習慣の一部であった。また大きな材木などを建築に再利用するほか、珍奇な形状の漂着物や波や海流に揉まれ変形し、洗われた独自の形状の漂着物は神仏として崇拝の対象にすらなった。また人々の好奇心を刺激し、異郷の地から運ばれてくる漂着物を収集することは一種のロマンでもあり、また研究の対象ともなった。ビーチコーミング フレッシュアイペディアより)

  • 食品ロス

    食品ロスから見た魚介類魚介類

    水産業においても、魚介類の見た目の良さを維持するため、毎年、相当量の食品ロスが発生する。北大西洋と北海だけでその量は230万トンに及ぶといわれる。「ヨーロッパで捕獲されたすべての魚の約40パーセントから60パーセントは、サイズや魚種が違っているというだけで捨てられる」。この問題に対処するため、外観に関する特定の基準を満たさない食品に関する小売業者および消費者の意識向上に焦点を合わせた数多くのキャンペーンがある。食品ロス フレッシュアイペディアより)

  • ホ・ヨンセン

    ホ・ヨンセンから見た魚介類魚介類

    魚介類が食べられない。(においを嗅ぐ事すらダメ)ホ・ヨンセン フレッシュアイペディアより)

  • アニサキス

    アニサキスから見た魚介類魚介類

    全ての種が魚介類に寄生する寄生虫であり、アニサキス症の原因寄生虫として知られる。アニサキス フレッシュアイペディアより)

  • 必須脂肪酸

    必須脂肪酸から見た魚介類魚介類

    魚油食品、肝油、ニシン、サバ、サケ、イワシ、タラ、ナンキョクオキアミ等の魚介類は、エイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)のようなω-3脂肪酸に富んでいる。魚やその他の生物に含まれるDHAの多くは、ラビリンチュラ類の1属である Schizochytrium 属などのような海産の微生物によって生産されたものが、食物連鎖の過程で濃縮されたものである。このため、菜食主義者のために藻を由来とするDHAのサプリメントも販売されている。必須脂肪酸 フレッシュアイペディアより)

  • ジョホール王国

    ジョホール王国から見た海産物魚介類

    マレー半島の南端沖に所在し、マラッカ海峡の南の入口にあたるリアウ諸島を抑えたジョホール・リアウ王国では、海上民のみならずブギス人が、海運や商業の従事者として、また軍事力として重要な役割をになった。ブギス人の首領は、スライマンを援助した見返りに副王(ヤン・ディプルトゥアン・ムダ)の地位を獲得し、代々ダエン・マレワの5兄弟の子孫が世襲することとなった。さらに、ブギス人は王国内においてマレー人と同等の地位が保障され、リアウ港での停泊税や交易関税は免除された。リアウは、海産物のほか、スマトラ島やマレー半島の胡椒や錫、さらにビンタン島ではガンビール(ガンビールノキ)の栽培をおこなって、これらを輸出した。また、王国を実質的に支えていたブギス人は前代からマレー文化の影響を強く受けて熱心なムスリムとなっており、リアウは東南アジアにおけるイスラームのセンターの1つとして繁栄した。ジョホール王国 フレッシュアイペディアより)

  • アロス・ネグロ

    アロス・ネグロから見た魚介類魚介類

    アロス・ネグロはネグロが「黒」を、アロスが「米」を意味するため黒米を使用した料理と勘違いされることがあるが、伝統的なレシピにおける材料はイカ墨、イカ、白米、ニンニク、グリーン・キューバペッパー、パプリカ、オリーブオイル、魚介類の出汁である。しかし、現代ではカニやエビなど他の魚介類を加えて作ることも多い。アロス・ネグロ フレッシュアイペディアより)

  • 出汁

    出汁から見た魚介類魚介類

    グルタミン酸のコンブと、イノシン酸の削り節などの魚介類やグアニル酸の椎茸などを単品、または組み合わて出汁をとる(「出汁を引く」とも言う)。煮たり、乾物を水に長時間浸したりして、出汁成分を抽出する。明治時代以降は西洋・中国料理の影響もあって肉類など食材の幅が広がり、鶏肉やスッポン、ウミガメ、豚骨・牛骨などが使われることもある。鍋料理では、出汁を入れて煮た各種の具材からも出汁が出て味を深め、最後は米飯や麺類を入れて食べる、いわゆる「〆(しめ)」づくりに使われる。出汁 フレッシュアイペディアより)

  • セビチェ

    セビチェから見た魚介類魚介類

    セビチェ(ceviche, cebiche, sevicheなど:, )とは、ラテンアメリカで食べられる魚介類のマリネである。ペルーやメキシコなどの名物料理。セビチェ フレッシュアイペディアより)

  • 厚岸町

    厚岸町から見た魚介類魚介類

    厚岸町の産業別就業者数は、2015年(平成27年)の「国勢調査」によると第一次産業が30.46 %、第二次産業が21.93 %、第三次産業が47.24 %になっている。漁港は釧路管内唯一の第3種漁港「厚岸漁港」、第1種漁港「床譚漁港」があり、漁業はサケ・マスの流し網やサンマ棒受網・流し網の沖合漁業、篭漁業や刺し網、採貝・採藻の沿岸漁業、カキ養殖が主体の養殖漁業に大きく分けられ、カキの養殖は概ね宮城系の稚貝を利用して厚岸独自のシングルシード方式による種苗生産体制を構築している。千島列島を南下する親潮の流れ、汽水湖の厚岸湖があることなどから豊富な海産物に恵まれており、主な魚介類は水揚げ高順にサンマ、コンブ、サケ・マス、アサリ、カキがある。厚岸漁港には厚岸漁業協同組合が開設者の地方卸売市場があり、背後には水産加工業が発達しているほかに冷蔵関連産業などが立地しており、水産業は厚岸町の基幹産業になっている。農業は、1890年(明治23年)に太田村(現在の厚岸町太田)に屯田兵440戸が入植したことに始まり、1899年(明治32年)には尾幌地区において27戸が入植して開墾が始まった。また、国有未開拓地の開放によって1949年(昭和24年)頃から194戸が入植して農業を営み始めたが、冷涼な気候や土壌などの厳しい自然条件があったため酪農への転換を図り、厚岸町の基幹産業になるまで発展した。1996年(平成8年)には上尾幌地区に「厚岸町きのこ菌床センター」を建設して菌床の供給(菌床栽培)を開始しており、北海道内有数となる生椎茸(シイタケ)の生産地になっている。観光では毎年40万人前後の観光客が訪れており、日帰り観光が中心になっている。厚岸町 フレッシュアイペディアより)

718件中 21 - 30件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード