518件中 41 - 50件表示
  • 塩揉み

    塩揉みから見た魚介類魚介類

    食材を揉み込むことによって、余分な水分を取りだし、さらにその水分を搾ることにより脱水できる。 魚介類などは軽く揉むことで、ぬめりや臭みをとることができる。他に塩揉みにする素材として、キャベツ、きゅうりなどがある。塩揉み フレッシュアイペディアより)

  • 水の江里浦嶋公園

    水の江里浦嶋公園から見た魚介類魚介類

    ドーナツ型をした公園内は、伊根町に伝わる浦嶋伝説を、玉手箱をイメージした建物「浦嶋館」や浦島太郎・乙姫などのモニュメントで表している。「浦嶋館」の中は、光と映像のジオラマビジョンで、広く一般的によく知られている浦嶋伝説とは違う、伊根町に伝わる昔話が紹介されている。また、地元で古くから伝わる筒川そばや、すぐ使くの本庄漁港で採れた新鮮な魚介類を提供する海鮮焼き肉などの食事場所や土産店が設置されている。水の江里浦嶋公園 フレッシュアイペディアより)

  • 自然毒

    自然毒から見た魚介類魚介類

    中毒は魚介類による食中毒が主で、特にフグに含まれるテトロドトキシンによる中毒は致死率が高い。フグ毒による中毒は冬、麻痺性貝毒や下痢性貝毒による中毒は夏に多い。温暖な水域では、シガテラによる食中毒が上位に位置する。ほかには、咬傷としてヘビ類やトカゲ類の毒(ヘビ毒)、刺症としてスズメバチなどが挙げられる。深海魚や深海に適応したハクジラの一部の脂肪分に含まれるワックスエステルも下痢の元になる。自然毒 フレッシュアイペディアより)

  • 小田原市郷土文化館

    小田原市郷土文化館から見た魚介類魚介類

    自然科学資料室 施設2階、階段を昇って左側にある資料室。小田原・箱根に生息する動植物や相模湾、市内河川の魚介類の剥製・標本を中心に展示がされている。小田原市郷土文化館 フレッシュアイペディアより)

  • 伊勢えび祭

    伊勢えび祭から見た水産物魚介類

    浜島町浜島の黒崎海岸で営まれていた、水産物の代表としてのイセエビへの感謝を示し供養する祭典に、昭和30年(1955年)頃に観光振興を意図して行われていた「浜島音頭」の道中踊りを取り入れ、1961年(昭和36年)6月6日に初めて開催した。当時の浜島は、1959年(昭和34年)の伊勢湾台風や1960年(昭和35年)のチリ地震に伴う津波で街が疲弊しており、浜島の再生の思いを込めた祭りとして始められた。この時には磯着姿の海女50人が出演した。伊勢えび祭 フレッシュアイペディアより)

  • マンダリン・オリエンタル・シンガポール

    マンダリン・オリエンタル・シンガポールから見たシーフード魚介類

    モートンズ ステーキハウス (Morton's, the Steakhouse) ステーキ、シーフードマンダリン・オリエンタル・シンガポール フレッシュアイペディアより)

  • クジラ学

    クジラ学から見た水産物魚介類

    また、日本においてはクジラそのものが水産資源として捉えられていた為、その研究はもっぱら「資源学」や「資源生物学」に集約されており、1990年代初頭以降に「進化」、「形態」、「行動」、「知能」といった動物学としての幅広い研究分野が勃興、参入されてきたとされる。クジラ学 フレッシュアイペディアより)

  • 時雨煮

    時雨煮から見た魚介類魚介類

    時雨煮(しぐれに)は、生姜を加えた佃煮の一種。略して時雨と呼ぶことも多い。「志ぐれ煮」と表記されることもある。貝のむき身などの魚介類や牛肉などが材料として使われる。時雨煮 フレッシュアイペディアより)

  • サワードウ

    サワードウから見たシーフード魚介類

    150年以上が経過した今日でも、サワードウ文化はサンフランシスコに定着している。サンフランシスコのサワードウ・ブレッドは鋭い酸味があることで知られており、シーフードやスープと相性がよく、クラムチャウダーやチリコンカーンと共によく食べられる。また、サワードウ中に生育する代表的な乳酸菌種 Lactobacillus sanfranciscensis の学名はサンフランシスコに由来している。サワードウ フレッシュアイペディアより)

  • 磯の口明け

    磯の口明けから見た水産物魚介類

    磯の口明け(いそのくちあけ)とは解禁日明けを指す言葉。沿岸地先で水産物を保護する目的で、禁漁期を定めている場合に解禁となる日のことをいう。磯の口明け フレッシュアイペディアより)

518件中 41 - 50件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード