518件中 51 - 60件表示
  • 三陸汽船

    三陸汽船から見た水産物魚介類

    三陸航路で独占的な地位を獲得すると、矢継ぎ早に、久慈航路、気仙沼航路、東京航路、北海道航路を就航させていった。これにより、無尽蔵といわれながら外部に持ち出す手段がなかった三陸海岸の水産物が塩釜にもたらされ、逆に塩釜からは、様々な生活必需品、米などが三陸にもたらされた。最盛期には、東京航路及び函館航路には、2000t級の大型船舶が就航していた。三陸汽船 フレッシュアイペディアより)

  • 源平鍋

    源平鍋から見た魚介類魚介類

    平安時代末期の1185年、源平合戦屋島の戦いで平家に勝利した源義経率いる源氏に対し、地元の人々が勝利を祝して振舞ったと伝わる鍋が起源。瀬戸内海の魚介類や、源氏の白旗に見立てたダイコン、平家の赤旗に見立てたニンジン、渦巻きナルトなどが入っている。締めにはうどんを入れる。源平鍋 フレッシュアイペディアより)

  • 美原町 (所沢市)

    美原町 (所沢市)から見た魚介類魚介類

    かつて1980年代〜1990年代(昭和末期〜平成初期)頃には、特に三丁目付近を中心に「美原町商店街」として栄え、八百屋・市場・豆腐屋・酒屋などの小商店が軒を連ねて賑わいを見せていたが、その後一般家屋などに改装された軒も多く、当時から現在も残る商店はまばらに点在するのみとなった。美原町 (所沢市) フレッシュアイペディアより)

  • 鮮魚貨物列車

    鮮魚貨物列車から見た魚介類魚介類

    鮮魚貨物列車(せんぎょかもつれっしゃ)とは、日本国有鉄道(国鉄)や私鉄がかつて運行していた魚介類輸送のための貨物列車。運ぶ商品の性質上、古くから速度向上の努力が続けられてきた貨物列車でもある。鮮魚貨物列車 フレッシュアイペディアより)

  • 海鮮丼

    海鮮丼から見た魚介類魚介類

    丼鉢に、飯又は酢飯を敷き詰め、握り寿司用のネタ(魚介類の刺身)を中心に様々な具を飾り乗せして並べたもの。また、器が漆器・プラスチック容器を用いたちらし寿司・生ちらしを指す場合もある。海鮮丼 フレッシュアイペディアより)

  • 焼津水産化学工業

    焼津水産化学工業から見た魚介類魚介類

    カツオ、カニ、ホタテ、昆布等の魚介類を原料とする天然調味料の製造販売を主力としており、他に機能性食品用の素材、香辛料等の製造販売を行っている。また連結子会社をつうじて冷凍マグロ、水産物の加工品等の製造販売している。焼津水産化学工業 フレッシュアイペディアより)

  • 大久保黄斎

    大久保黄斎から見た海産物魚介類

    内容は日付・金額・品目・店名(人名)の四項目で大久保家の支出を記録し、幕末・明治記には記録が詳細化している。内容は多岐にわたるが、特に海産物の記載が詳細で、近世後期から明治期の甲斐における海産物の流通、加工形態や消費の動向など、多様な情報を記している。大久保黄斎 フレッシュアイペディアより)

  • 魚の棚

    魚の棚から見た魚介類魚介類

    明石銀座通りから、明淡国道(兵庫県道718号線の一部)までを繋ぐ国道2号の南側のアーケード街が「魚の棚商店街」(旧称は魚の棚センター街)とよばれる。全長350mのアーケードの下に、特産の魚介類や練り製品、乾物などを扱う商店を中心に100を超える店舗が軒を連ねており、鮮魚を扱う店が多いことで路面はタイル敷きとなっている。また、名物の明石焼きの店も多く出店される。魚の棚 フレッシュアイペディアより)

  • 西新商店街

    西新商店街から見た魚介類魚介類

    西新商店街の名物といえばリヤカー部隊である。リヤカー部隊とは、リヤカーに魚介類・野菜・果物・花卉、または自家製の漬物・味噌・餅などを載せて販売する露天商のことであり、10数台ほどのリヤカーが歩行者天国である商店街の道路の中央に駐車して販売をおこなっている。商品の価格の安さもさることながら、売り手(ほとんどが高齢の女性)とのやりとりが大きな魅力となっている。西新商店街 フレッシュアイペディアより)

  • 西京味噌

    西京味噌から見た魚介類魚介類

    関西のお正月の雑煮には欠かせない味噌であり、また酢味噌、田楽味噌、製菓材料(味噌松風など)などにも加工される。西京味噌を味醂等で伸ばして季節のや肉を漬け込む西京漬けは広く親しまれている。西京味噌 フレッシュアイペディアより)

518件中 51 - 60件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード