718件中 71 - 80件表示
  • エスロード (水産)

    エスロード (水産)から見た魚介類魚介類

    エスロード株式会社()は、東京都品川区に本社を置く、水産物の輸入販売を行う食品会社である。エスロード (水産) フレッシュアイペディアより)

  • 国崎町

    国崎町から見た魚貝類魚介類

    天永2年(1111年)の記録『国崎神戸文書』では、内宮や外宮への供祭物として水取鮑・玉抜鮑・甘掻鮑・津布・荒蠣・塩を、直会料や六節御贄として魚貝類若干を納めたほか、「丁部」として労役が課されていた。国崎の船に関する記録がいくつか残されており、文明13年(1481年)には勢田川を通航する国崎舟に対して「新役」が課されたことを内宮に訴え、同17年(1485年)に国崎船が北畠氏によって一志郡矢野浦で拿捕(だほ)される事件が発生し、永禄8年(1565年)には大湊へ3艘の国崎船が入港していることが分かっている。国崎町 フレッシュアイペディアより)

  • フリッタータ

    フリッタータから見た魚介類魚介類

    フリッタータ()は、イタリア料理の一つ。オムレツやタルト生地を省いたキッシュに似た卵料理である。肉、魚介類、チーズ、野菜、パスタ等の具材を多目に入れ、塩胡椒と刻んだハーブ等で味付けすることが多い。アンティパストまたは軽めの主菜として供される。フリッタータ フレッシュアイペディアより)

  • ロボッ太くん

    ロボッ太くんから見た魚介類魚介類

    臨海学校では「エイガワ30号」のように魚介類とプロ野球選手の背番号をもじったロボットたちが、運動会では読者募集のロボットたちが、それぞれ数体登場。他にKP団を蹴散らした「マアクロース」や、格闘技大会で戦った「ゲーハー84号」もあるが、いずれも助兵衛博士の作ったもの。ロボッ太くん フレッシュアイペディアより)

  • 鳥羽展望台

    鳥羽展望台から見た魚介類魚介類

    Vista Mare(ヴィスタマーレ) - 鳥羽産の魚介類をメインに提供するレストラン。全60席で全席オーシャンビューである。鳥羽展望台 フレッシュアイペディアより)

  • カップヌードルロブスターソースシーフード

    カップヌードルロブスターソースシーフードから見たシーフード魚介類

    具には、彩り鮮やかなシーフード具材(タコ・カニ他)がふんだんに使用されている。カップヌードルロブスターソースシーフード フレッシュアイペディアより)

  • バスク料理

    バスク料理から見た魚介類魚介類

    バスク料理は、海ともう一方の肥沃なエブロ谷からの豊富な産物の影響を受けている。バスク州の山がちな地形は、魚介類中心の沿岸料理と、肉や燻製肉、豊富な種類の野菜、豆、淡水魚、および塩タラが中心の内陸料理との違いを生み出している。フランスとスペインの影響も強く、国境の両側の料理の有名な違いには反対側ではめったに見られない南バスク産の発泡性ワインのチャコリや、北バスク産のガトー・バスク (Biskotx) やジャンボン・ド・バイヨンヌなど典型的なバスクの食料品も含まれている。バスク料理 フレッシュアイペディアより)

  • ソパ・デ・マリスコス

    ソパ・デ・マリスコスから見た魚介類魚介類

    ソパ・デ・マリスコスは、魚介類の入ったスープ全般をさすスペイン語、またはそのようなスープ料理全般のことである。特定の1種類のスープ料理をさす言葉ではない。スペイン語では「sopa de mariscos」と書き、「sopa」は「スープ」、「de」は「?からなる」、「mariscos」は「魚介類」を意味するので読んで字の如くである。ただしスープの具として使用する食材は必ずしも魚介類だけに限定されているわけではなく、魚介類の他に野菜などが入れられることもある。ソパ・デ・マリスコスは別にスペイン料理というわけではなく、魚介類の採れる地域であれば普通に見られる料理の1つでありアジアなどスペイン語圏以外でも見られる。つまりトムヤムクン(エビ入りスープ)、クラムチャウダー(二枚貝の入ったスープ)、三平汁(日本の魚介類を用いた汁物の1つ)などもスペイン語で言うソパ・デ・マリスコスである。ソパ・デ・マリスコス フレッシュアイペディアより)

  • 無主物先占

    無主物先占から見た魚介魚介類

    「所有者のない動産」とは現に何人の所有にも属していない動産をいう。野生の鳥獣や海洋の魚介などがこれにあたる。海の魚を釣り上げた場合などがその例。無主物先占 フレッシュアイペディアより)

  • 港湾都市

    港湾都市から見た海産物魚介類

    古代に繁栄した都市の多くが河川や海沿いにあったことからも水域と文明の関係はきわめて重要であることがわかる。古代世界では多くの場合、陸上交通より水上交通のほうが移動速度が速く大量輸送が可能であった。そのため、海や河川、湖に面した船舶の停泊に適した陸地に人々が集住し、内陸方面と水上方面とを結ぶ交易市場として発達した。そうした集落は都市へと成長して港湾都市と呼ばれるようになった。港湾都市の形成されることが多い場所には、入り江や河口付近、岬付近などが挙げられる。港の周辺の水域で海産物を捕獲することができれば、港は漁港としての役割を果たした。港湾都市 フレッシュアイペディアより)

718件中 71 - 80件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード