718件中 81 - 90件表示
  • 河崎 (伊勢市)

    河崎 (伊勢市)から見た海産物魚介類

    諸国から物資が集まるだけでなく、志摩国の海産物や伊勢平野の農産物の積み出し港としても機能したという。更に河崎は、物資の集散地としての役割にとどまらず、三河国以東から伊勢湾を渡り勢田川を遡(さかのぼ)って訪れた参宮客の上陸地点でもあった。当時の賑わいは「勢田の流の入舟出舟、わけて賑ふ御蔭年」という謡われた。これらの水運を利用して伊勢参宮をすることは「川筋参宮」と呼ばれ、参宮船は太鼓を打ち鳴らしながら入港したため、「どんどこさん」と呼ばれていた。文人の頼山陽は、河崎から母と共に二見浦へ渡り、当地を詠んだ詩を残している。河崎 (伊勢市) フレッシュアイペディアより)

  • 高瑪スーパーマーケット

    高瑪スーパーマーケットから見た魚介魚介類

    日本から新鮮な野菜、果物、肉、魚介など輸入食品と飲料を発売しており、マカオの人々のみならず、在留外国人に対し人気のあるスーパーマーケットである。店内は明るく清潔で、通路も広くて買い物しやすい。店内のつくりは日本のスーパーに似た感じである。高瑪スーパーマーケット フレッシュアイペディアより)

  • つきじ入船

    つきじ入船から見た魚介類魚介類

    1950年魚介類の練り物品と、料理用菓子製造メーカー「株式会社入船」の社名で設立。1993年に現社名。つきじ入船 フレッシュアイペディアより)

  • フィエステリア

    フィエステリアから見た魚介類魚介類

    有毒渦鞭毛藻のフィエステリアは1992年に初めて報告され、次いで1996年、ドイツ人の研究者であるステイディンガー博士(K. A. Steidinger)とバークホルダー博士(J. M. Burkholder)により Pfiesteria piscicida として正式に記載された(Burkholder et al. 1992、Steidinger et al. 1996、 )。この「魚殺し」のフィエステリアは、ノースカロライナの河口域における魚や魚介類の病気の最たる原因の一つとなっていた。1980年代から1990年代にかけては、ノースカロライナ州の沿岸部及びチェサピーク湾(メリーランド州・バージニア州・ペンシルベニア州)で大規模なブルームを形成し、魚の斃死をもたらした。P. piscicida 及びその他の有毒なフィエステリアは、メキシコ湾などの大西洋中緯度地域で確認されている。フィエステリア フレッシュアイペディアより)

  • トロ箱栽培

    トロ箱栽培から見た海産物魚介類

    トロ箱栽培(とろばこさいばい)とは、発泡スチロール製のプランターを使う栽培法・農法。海産物を収納する発泡スチロール製の箱がトロ箱と呼ばれ、そこから名前が引用された。草花から野菜など、幅広く栽培に使うことができる。トロ箱栽培 フレッシュアイペディアより)

  • ロング・ジョン・シルヴァース

    ロング・ジョン・シルヴァースから見た魚介類魚介類

    シーフードやフィッシュ・アンド・チップスを定番としたファーストフード店で、有名な小説「宝島」に登場する海賊、のっぽのジョン・シルバーの名前を店名に借りている。ロング・ジョン・シルヴァース フレッシュアイペディアより)

  • さいさいきて屋

    さいさいきて屋から見た魚介類魚介類

    地元の野菜や米、果実、精肉の他、地元の漁業協同組合でとれた魚介類、地元農産物を活用したジュースやジャム等の加工品など様々な地元産品が販売されている。施設内には、地元食材を活用した食堂「彩菜食堂」やカフェ「SAISAICAFE」、市民農園、研修施設などが設置されている。さいさいきて屋 フレッシュアイペディアより)

  • 付着生物

    付着生物から見た水産物魚介類

    付着生物(ふちゃくせいぶつ、英語:sessile organisms)とは、水中の固形物に付着して生活する生物の総称。一般に卵、幼体は水中を移動するものの、着底後はほとんど、もしくは全くその場から移動しない。船舶・堤防・取水施設・排水施設その他の人工物に付着してそれらの性能や機能を減じたり、水産物の養殖の成長を阻害したりするため、有害生物とみなされることも多い。付着生物 フレッシュアイペディアより)

  • 原町村

    原町村から見た海産物魚介類

    藩政期には海産物、酒類、麹などの商いが営まれた。明治半ば以降は街道町として発展し、蝋、瓦、素麺、竹細工なども興った。大角蔵の山地に砥石を産するが、運搬に難があり、休止された。原町村 フレッシュアイペディアより)

  • 保芦邦人

    保芦邦人から見た海産物魚介類

    日本一の商人を目指して雪深い山形県から上京した保芦は、1938年、25歳の誕生日に、東京・八丁堀に山形屋米店を開店する。その後、築地に拠点を設け、海産物卸売り事業を経て、水産練り製品製造事業に着手した。店名は紀伊国屋果物店、紀文となり、戦後には株式組織に改組して紀文商店とする。後に、1957年に釜文蒲鉾と合併し株式会社紀文とし、のちの1990年に紀文グループを統合し現在の株式会社紀文食品創設に至るまでの流れを作った。保芦邦人 フレッシュアイペディアより)

718件中 81 - 90件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード