518件中 81 - 90件表示
  • はっと

    はっとから見た魚介類魚介類

    醤油ベースの出汁に魚介類や野菜を加え、はっとをうどんにアレンジした鍋で、はっと フレッシュアイペディアより)

  • 代用醤油

    代用醤油から見た魚介類魚介類

    しかし普通の醤油は、原料の問題のみならず醸造のために大規模な設備と長期間の醸造期間を必要とし、短期間での増産はできない。そのため代用品として、醤油粕を塩水で戻し、さらに絞ったものを用いたり、魚介類やサツマイモの絞り汁、海草などを原料として用い、カラメルや、前述の醤油粕の絞り汁等で風味を調整したものを用いることがあった。これを代用醤油と呼ぶ。代用醤油 フレッシュアイペディアより)

  • つくりもんまつり

    つくりもんまつりから見た海産物魚介類

    つくりもんの作品はその年に話題になった人物や風刺を利かせたもの、また歴史上の人物、人気キャラクター、風景や建造物、地元の風物などを、野菜、果物、穀物、草木、海産物(乾物等)などを用いて製作する。作品は小さな物から高さ3m以上の大きいものまで、使用する具材の質感、色などをうまく利用し、約1週間から1ヶ月掛けて立体的または絵画のように作り上げていく。つくりもんまつり フレッシュアイペディアより)

  • 田中オブ東京

    田中オブ東京から見たシーフード魚介類

    1978年に創業し、現在ホノルル市内で「イースト」、「ウェスト」、「セントラル」の3店舗を営業している。「Japanese Steak and Seafood」の名の通りに、日本料理風にアレンジした鉄板焼ステーキとシーフードを中心に提供している。客前の鉄板でシェフがナイフとフォークを操り、トークを織り交ぜたショー仕立てで調理することが特徴である。田中オブ東京 フレッシュアイペディアより)

  • 三陸

    三陸から見た海産物魚介類

    国の機関では、2の令制国の範囲を「三陸沖」とする例が見られるものの、4にあたる東北地方の沖合いを「三陸沖」とする場合が多い。海上の天気予報は4-1を用いる。ただし、地震の名称では、1にあたる三陸海岸の沖合いを「三陸沖」としている。海産物で「三陸産」と名乗る場合は、3にあたる3県のものが多いが、福島県産でも「三陸産」を名乗る場合もある。三陸 フレッシュアイペディアより)

  • 黄泉の犬

    黄泉の犬から見た魚介類魚介類

    後に奇遇なことから、私は大阪に潜んでいた麻原の長兄に会う機会を持つ。私は、長兄のアパートに一泊し、ついに麻原が幼少期に不知火海で水銀に汚染されたと思われる魚介類を多く食べていたことや、水俣病患者として役所に申請したが、却下された事実を聞き出す。八代では水俣病の申請を出すと「アカ」との風評が広がり、それ以上は戦わなかったこと、また、早川紀代秀が教団に入ってきてから麻原の態度が急激に変わったことなどを聞き出す。最後に、自分の目の黒いうちは話すな、と釘を打たれる。黄泉の犬 フレッシュアイペディアより)

  • 西尾市憩の農園

    西尾市憩の農園から見た海産物魚介類

    花卉温室展示場やモデル庭園などとあわせて、東海地区随一の規模を誇る。また西尾茶を始め、新鮮な農産物や海産物、海老せんべいなどを扱う地域の特産品コーナーもある。開設時は西尾市福地農業協同組合を運営主体としていたが、西尾・幡豆地区の農協合併に伴い、隣接地に開設した西尾市バラ園と共に、西三河農業協同組合に運営が引き継がれた。西尾市憩の農園 フレッシュアイペディアより)

  • 早ずし

    早ずしから見た魚介類魚介類

    寿司の語源は「酢し」と言われるように発酵食品である。しかし、当初は酢そのものは使われておらず、魚介類の発酵に伴う酸味が生じてきたことが語源である。現在の寿司という漢字は、元々は「鮓」という字であり、米ではなく魚肉や貝類を塩漬け発酵させたもの、すなわち保存食であった。早ずし フレッシュアイペディアより)

  • 清水建宇

    清水建宇から見た魚介類魚介類

    清水は「世界名画の旅」の取材で当時訪れたバルセロナが数ある取材先の中で最も印象的だったことから、退職後に移住することをかねてから考えていた。しかし米や魚介類など食べ物が日本と似ているにもかかわらず、バルセロナには豆腐店がないことから、日本食がないと駄目な清水は自分で作るしか無いと長らく漠然と思っていた。そのような中、清水が雑誌で伊能忠敬を特集した際、伊能が事業家として成功を収めた後に、それに見切りをつけて第二の人生として学問の道に入ったという「一身二生」の考えに感銘を受けて、バルセロナで豆腐店を開くことを決意する。清水建宇 フレッシュアイペディアより)

  • 茅野治郎八

    茅野治郎八から見た海産物魚介類

    古くより鳥取県米子市有数の海産物問屋として其の取引先遠く北海道、満鮮地方に及び堅実な経営は益々斯業の大をなすに至り、昭和3年(1928年)より刻鯣の製造に着手し近時軍需品として相当数量を供出しつつある。茅野治郎八 フレッシュアイペディアより)

518件中 81 - 90件表示

「お魚ごはん」のニューストピックワード