136件中 71 - 80件表示
  • イオナ (漫画)

    イオナ (漫画)から見た宇治金時かき氷

    まどか&君枝の友人で、生粋のお嬢様。(自称)スージー。AB型。父親は旅行会社の営業課長、母親は資産家、金時(きんとき)は6歳下の弟。飼い犬の名はカンナ(何故か顔は彼女に瓜二つ)。動物達に襲われやすい。数年後、髪を切っている。姉弟の名前をあわせると「宇治金時」。イオナ (漫画) フレッシュアイペディアより)

  • 2008年の日本

    2008年の日本から見たかき氷かき氷

    宮崎県のかき氷シロップメーカーが、消費期限切れで返品された商品を再加熱し出荷していたことが判明。同社が商品を納品していた東京ディズニーランドなどで、商品の回収が行われる。2008年の日本 フレッシュアイペディアより)

  • 水と緑の物語

    水と緑の物語から見たかき氷かき氷

    究極のかき氷(福岡・天神大丸 パサージュ広場)水と緑の物語 フレッシュアイペディアより)

  • 夏歌2

    夏歌2から見たかき氷かき氷

    CDジャケットは、かき氷の写真。前年には、本作の元祖的作品『夏歌』(2004年6月23日)が発売されている。夏歌2 フレッシュアイペディアより)

  • 納涼漢祭り

    納涼漢祭りから見たかき氷かき氷

    主な出し物:流しそうめん、チョコバナナ、かき氷、偽ホーリーくんなど納涼漢祭り フレッシュアイペディアより)

  • ライビーナ

    ライビーナから見たかき氷かき氷

    濃縮果汁飲料のものは、水で希釈して飲むほか、牛乳、炭酸水、ウォッカ、焼酎などで割って飲んだり、かき氷やヨーグルトのシロップとしたり、ケーキ、アイスクリーム、ゼリーなどの菓子の風味付け、色つけに使用することもできる。ライビーナ フレッシュアイペディアより)

  • ガリガリ君

    ガリガリ君から見たかき氷かき氷

    1981年に販売開始。以来、赤城乳業の看板商品となり、日本の氷菓の人気商品の一つとして有名となる。また、味のバリエーションの多さ、販売価格の安さなどから、子供から大人まで高い評価を得ている。製造方法は「薄いアイスキャンディーの膜(シェル)を作り、その中にかき氷(コア)を入れる」という手法を採用。中に入れるかき氷は同社において「ガリガリ氷」と呼称され、当初大きな粒であったが、年々技術向上によって小さな粒に変更されたことや、2002年には「安心・安全」を打ち出して安定剤を天然ペクチンに変更し着色料は合成品の使用を一切止めるなど、その方針に沿った食品添加物を使用したことにより、ソフトな食感に変移している。製造本数は1日当たり約100万本、年間製造数は約3憶6500万本。60円商品における購入者男女構成比は男性70%・女性30%、売上は基本的に夏高冬低傾向となっており、年間通じて7月が一番が多くて2月が一番少なくなっている。ガリガリ君 フレッシュアイペディアより)

  • ストロー

    ストローから見たかき氷かき氷

    ストローの形状は単に直線に細長い筒状のもの(ストレートストロー)が一般的であるがこのほかに、中間に特殊な蛇腹加工を施する事で折り曲げとその角度固定を自由とし仰向けの状態でも容易に使用可能な「曲がるストロー」(ステイストロー、フレックスストロー)や、中間をいくつかに分割しさらに入れ子式にする事で収納時にコンパクトになる「伸びるストロー」といった機能的に長けたデザインのものや、先が二つに分かれており二人で同時に吸わないと飲めない「アベックストロー」、中間を長くとり曲げ加工や膨張収縮させて意匠的デザインに長けたものなど、あるいはそれらの複合デザインのものなどが挙げられる。また、もっぱらかき氷に用いられるストローとして、先端をスプーン状に開いた「スプーンストロー」がある。ストロー フレッシュアイペディアより)

  • 雪くま

    雪くまから見たかき氷かき氷

    雪くま(ゆきくま)は埼玉県熊谷市で町おこしの一環としてブランド化した氷菓(かき氷)の一種である。雪くま フレッシュアイペディアより)

  • 小竹林

    小竹林から見たかき氷かき氷

    「そば」と「うどん」その種物がメインメニューとなっているが、おにぎりや稲荷寿司、かき氷、酒類を扱っている店もある。小竹林 フレッシュアイペディアより)

136件中 71 - 80件表示

「かき氷」のニューストピックワード