前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示
  • かき氷

    かき氷から見たアイスクリーム

    1869年(明治2年)、神奈川県横浜にある馬車道で町田房造が初めての氷水店を開店(日本においてアイスクリームを発祥させた店でもある)。また、1871年(明治4年)、中川嘉兵衛が五稜郭の外壕で生産した天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場しそれまでのアメリカ合衆国・ボストン産の輸入氷「ボストン氷」に比べて良質でかつ低廉であった。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たカルピス

    カルピスなどの濃縮液。地域によってはそのまま「カルピス」と呼ばれることがある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た

    かき氷(かきごおり、欠き氷)とは、を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓。餡やコンデンスミルクをかけたものもある。氷は古くはかんななどで粒状に削ったが、現在は専用の機械を用いる。また市販品として、カップに細かく砕いた氷と各種シロップを混ぜたものも売られている(市販品では袋入りもある)。日本以外にも類似のものが各国にある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た九州

    青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。九州などではハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たエドワード・S・モース

    1882年(明治15年)頃には博物学者のエドワード・S・モースが、かき氷を食べたことを自著に記している。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た藤原定家

    史実上の記録は平安時代に清少納言の『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ、文中では「けつりひ」)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら・あまづら、蔦の樹液または甘茶蔓の茎の汁)をかけたとして「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されている。当時のかき氷は小刀で削るもので特権階級しか口にできないものであった。藤原定家の『明月記』にも登場する。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た清少納言

    史実上の記録は平安時代に清少納言の『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ、文中では「けつりひ」)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら・あまづら、蔦の樹液または甘茶蔓の茎の汁)をかけたとして「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されている。当時のかき氷は小刀で削るもので特権階級しか口にできないものであった。藤原定家の『明月記』にも登場する。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たマンゴー

    2004年ごろから流行した、マンゴーの切り身をたっぷり乗せ、マンゴーシロップと加糖練乳をかけたもの。台湾台北市の「冰館」(ピングァン、)という店から台湾各地に広がり、日本にも上陸した。マンゴーだけでなく、イチゴと2種盛り合わせたものも人気がある。また、水ではなく、牛乳を氷らせたもので作るタイプのかき氷「雪花冰(シュエファービン、)」もある。ちなみに台湾のかき氷()は、上に乗せる具の名前の後に「冰(氷)」という字を付けていう事がふつうである。また日本では「雪花氷」という名前は商標登録されており無断で使用することはできない。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た岡山市

    銘茶として名高い宇治茶を連想させる抹茶に砂糖と水を加え、茶筅で泡立てたシロップをかき氷にかけ、小倉餡を載せたもの。この場合の「金時」は小豆餡の異称として用いられており、金時豆が使われることは稀である。つぶ餡のばあいは、抹茶の上に載せるようにかけ、漉し餡の場合はボール状にして添えることが多い。下部に埋設することもあり、この場合単なる宇治氷と区別がつかない。金時のアズキ色とかき氷の白、抹茶の緑の対比をさせるために餡の上に抹茶をかけることはない。勿論、宇治だけのものもある(抹茶だけ)、また、宇治にミルクをかけた「ミルク金時(宇治時雨)」も一般的である。ミルク金時は1929年(昭和4年)に岡山市表町で開業した喫茶店「カニドン」において、常連の六高生が注文した宇治金時にコーヒー用ミルクをかけて食したのが始まりとされている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たフラッペ

    日本の喫茶店や洋風の飲食店では、かき氷をフラッペと呼んで提供していることがある。「フラッペ」 (フランス語:Frappé)は、本来はクラッシュドアイスにリキュールなどの酒類を注いだ飲料のことである。日本ではシロップをかけたかき氷を指すことが多いが、「かき氷」に対して「フラッペ」は氷の砕き方がやや大粒であるとする説もある。また大阪府付近など一部の地域では、一旦かき氷状にした氷に掌で圧力をかけて少々固めたものをフラッペと呼び、かき氷とは区別している。かき氷 フレッシュアイペディアより)

前へ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
119件中 1 - 10件表示

「かき氷」のニューストピックワード