2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示
  • かき氷

    かき氷から見た綿菓子

    かき氷を売っている店では、氷旗(白地に赤い文字で「氷」と書かれた幟(のぼり))を掲げていることが多い。夏季に社寺の境内で催される祭礼や縁日などでは綿菓子・たこ焼き・焼きそばとともに代表的な縁日物(えんにちもの)の一つである。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た関西

    沖縄県の名物氷菓。アズキなどをシロップで煮たものの上にかき氷をかけている。しかし元来、「ぜんざい(善哉)」の語は関西などでつぶしあんの汁粉を指す。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た新疆ウイグル

    新疆ウイグル(東トルキスタン)のかき氷。蜂蜜を混ぜた手作りヨーグルトがかけられる。山頂付近から運んだ天然氷を先端部がフォーク型の金属棒器具で削ぎ砕く様に削る。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た三重県

    伊勢路の夏の風物詩の一つ。かき氷に赤福ならではの餡と餅、抹茶仕立てのシロップをかけたもの。ほうじ茶が添えられる。1961年(昭和36年)7月に三重県の伊勢名物である赤福餅を「赤福アイス」の名称で氷菓として海水浴客に供したのが興りとされる。夏季には氷旗とは異なり赤福の赤い文字と青い氷の文字が書かれた看板が店先に置かれる。餡はこし餡で、餅については白玉団子より柔らかく、ゆでた後に搗いた餅が入っている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た沖縄県

    沖縄県の名物氷菓。アズキなどをシロップで煮たものの上にかき氷をかけている。しかし元来、「ぜんざい(善哉)」の語は関西などでつぶしあんの汁粉を指す。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た神奈川県

    1869年(明治2年)、神奈川県横浜にある馬車道で初めての氷水店が開店する(日本においてアイスクリームを発祥させた店でもある)。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た鹿児島県

    発祥の鹿児島県、および九州でよく見られる名物氷菓。ミカンやパイナップルの缶詰などの果物を盛り込み、アズキを乗せ、練乳をかけたもの。この組み合わせでカップ入りの氷菓やアイスキャンディーも作られている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た山形県

    山形県山辺町周辺に伝わる酢醤油(酢溜まり)をかけた氷。イチゴシロップなどとともにかけられる。第二次世界大戦後の貧しい時期に、シロップなどが手に入らず何もかけないかき氷が食べられていた。その頃にところてんなどに用いられていた酢醤油をかけ始めたとされる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たボストン氷

    1871年(明治4年)、中川嘉兵衛が五稜郭の外壕で生産した天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場しそれまでのアメリカ・ボストン産の輸入氷「ボストン氷」に比べて良質でかつ低廉であった。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たパッピンス

    韓国のかき氷。代表的なのがパッピンス()で、名前には小豆(パッ)が付いているが、日本の氷小豆とは異なり、台湾の八寶氷同様に、小豆餡、缶詰フルーツ、餅などの具が豊富に盛られており、味付けによくきな粉を使う点と、ピビンパ同様に食べる前に徹底的に混ぜるのが特徴的。他に小豆抜きで、フルーツを乗せたクヮイルピンス(果実氷水、)など、いろいろな種類がある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11
104件中 91 - 100件表示

「かき氷」のニューストピックワード