119件中 11 - 20件表示
  • かき氷

    かき氷から見たジャム

    かき氷の上に甘い煮豆をはじめ、多くの具を盛り合わせた物を台湾では「八寶冰(八宝氷)」という。好みで果肉、ジャム、蜜煮の果物、QQと呼ばれる弾力のある団子、ライスヌードル、ナッツ、加糖練乳、鶏卵などが選べる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た喫茶店

    日本の喫茶店や洋風の飲食店では、かき氷をフラッペと呼んで提供していることがある。「フラッペ」 (フランス語:Frappé)は、本来はクラッシュドアイスにリキュールなどの酒類を注いだ飲料のことである。日本ではシロップをかけたかき氷を指すことが多いが、「かき氷」に対して「フラッペ」は氷の砕き方がやや大粒であるとする説もある。また大阪府付近など一部の地域では、一旦かき氷状にした氷に掌で圧力をかけて少々固めたものをフラッペと呼び、かき氷とは区別している。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たカクテル

    青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。九州などではハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たペンギン

    家庭用は手回しのものが多く、専用の円筒形の製氷皿で作った氷を用いる。一般的な製氷皿で作るキューブアイスを用いてもかき氷を作ることができる機種もある。主に子供向けとして需要が高いため、安全面から金属製の刃は用いられないことも多い。またペンギンや白熊など寒冷地の動物を模した形状のものも発売されている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たエビ

    台湾には塩味のエビなどシーフードをトッピングしたかき氷を出す店がある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た赤福餅

    伊勢路の夏の風物詩の一つ。かき氷に赤福ならではの餡と餅、抹茶仕立てのシロップをかけたもの。ほうじ茶が添えられる。1961年(昭和36年)7月に三重県の伊勢名物である赤福餅を「赤福アイス」の名称で氷菓として海水浴客に供したのが興りとされる。夏季には氷旗とは異なり赤福の赤い文字と青い氷の文字が書かれた看板が店先に置かれる。餡はこし餡で、餅については白玉団子より柔らかく、ゆでた後に搗いた餅が入っている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た近畿地方

    もっとも一般的に普及している呼び名である「かき氷」は、東京方言の「ぶっかきごおり」に由来する。他の呼称として夏氷(なつごおり)、氷水(こおりみず)など。近畿では「かちわり(ごおり)」などとも呼ばれる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た連続テレビ小説

    2012年に通天閣100周年として、新世界に近い「グリルDEN・EN」が「平成の焼き氷」というメニューを提供するようになり、そのカラメルソースの上に焼酎と思われるアルコールを上からかけて火をつけている。2013年、『ごちそうさん』(NHK総合テレビジョン・連続テレビ小説)で取り上げられ注目されているかき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た蜂蜜

    削った氷を食べる文化は古くから各地に存在した。古代ローマにはアルプスから氷を切り出して氷室に保存しておき、夏季にそれを削って蜂蜜をかけて食べる文化があった。中国語では「」(バオビン、、)という。台湾語では「」(ツォーピン)ともいう。アメリカ合衆国ではshaved ice(剃り氷)、snow cone(円錐形の雪)と呼ばれる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たところてん

    山形県山辺町周辺に伝わる酢醤油(酢溜まり)をかけた氷。イチゴシロップなどとともにかけられる。第二次世界大戦後の貧しい時期に、シロップなどが手に入らず何もかけないかき氷が食べられていた。その頃にところてんなどに用いられていた酢醤油をかけ始めたとされる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

119件中 11 - 20件表示

「かき氷」のニューストピックワード