104件中 21 - 30件表示
  • かき氷

    かき氷から見た砂糖

    第二次世界大戦前は、削った氷に砂糖をふりかけた「雪」か、砂糖蜜をかけた「みぞれ」、小豆餡をのせた「金時」が普通のメニューであった。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た

    本来はクラッシュドアイスにリキュールなどの類を注いだ飲料。日本ではかき氷にシロップをかけたものを指す事が多く、かき氷とほぼ同一のものとなっている。和風喫茶や甘味喫茶ではかき氷と呼び、喫茶店やパーラーなどの和洋折衷または洋風の飲食店ではフラッペと呼ぶことが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た赤福餅

    伊勢路の夏の風物詩の一つ。かき氷に赤福ならではの餡と餅、抹茶仕立てのシロップをかけたもの。ほうじ茶が添えられる。1961年(昭和36年)7月に三重県の伊勢名物である赤福餅を「赤福アイス」の名称で氷菓として海水浴客に供したのが興りとされる。夏季には氷旗とは異なり赤福の赤い文字と青い氷の文字が書かれた看板が店先に置かれる。餡はこし餡で、餅については白玉団子より柔らかく、ゆでた後に搗いた餅が入っている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たカクテル

    ブルーハワイ - 青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。ハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たペンギン

    家庭用は手回しのものが多く、専用の円筒形の製氷皿で作った氷を用いる。一般的な製氷皿で作るキューブアイスを用いてもかき氷を作ることができる機種もある。主に子供向けとして需要が高いため、安全面から金属製の刃は用いられないことも多い。またペンギンや白熊など寒冷地の動物を模した形状のものも発売されている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たきな粉

    韓国のかき氷。代表的なのがパッピンス()で、名前には小豆(パッ)が付いているが、日本の氷小豆とは異なり、台湾の八寶氷同様に、小豆餡、缶詰フルーツ、餅などの具が豊富に盛られており、味付けによくきな粉を使う点と、ピビンパ同様に食べる前に徹底的に混ぜるのが特徴的。他に小豆抜きで、フルーツを乗せたクヮイルピンス(果実氷水、)など、いろいろな種類がある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た抹茶

    銘茶として名高い宇治茶を連想させる抹茶に砂糖と水を加え、茶筅で泡立てたシロップをかき氷にかけ、アズキの別称の金時(きんとき)を載せたもの。つぶ餡のばあいは、抹茶の上に載せるようにかけ、漉し餡の場合はボール状にして添えることが多い。下部に埋設することもあり、この場合単なる宇治氷と区別がつかない。金時のアズキ色とかき氷の白、抹茶の緑の対比をさせるためにアズキの上に抹茶をかけることはない。勿論、宇治だけのものもある(抹茶だけ)、また、宇治にミルクをかけた「ミルク金時(宇治時雨)」も一般的である。ミルク金時は昭和4年に岡山市表町で開業した喫茶店「カニドン」において、常連の六高生が注文した宇治金時にコーヒーフレッシュをかけて食したのが始まりとされている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た気温

    日本かき氷協会は7月25日をかき氷の日と制定している。かき氷の別名である夏氷(なつごおり)を7, 2, 5と語呂合わせしたほか、1933年同日に当時の日本の最高気温が記録されたことにちなむ。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た横浜スタジアム

    横浜スタジアムで売られているかき氷。缶詰ミカンもしくは缶詰パイナップルを乗せ、その上に缶詰のシロップをかけただけの、シンプルなもの。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た台湾

    黒蜜 - 黒糖を湯で溶かしたもの。台湾のかき氷では一般的。かき氷 フレッシュアイペディアより)

104件中 21 - 30件表示

「かき氷」のニューストピックワード