104件中 41 - 50件表示
  • かき氷

    かき氷から見た牛乳

    2004年(平成16年)ごろから流行した、マンゴーの切り身をたっぷり乗せ、マンゴーシロップと加糖練乳をかけたもの。台湾台北市の「冰館」(ピングァン、)という店から台湾各地に広がり、日本にも上陸した。マンゴーだけでなく、イチゴと2種盛り合わせたものも人気がある。また、水ではなく、牛乳を氷らせたもので作るタイプのかき氷「雪花冰(シュエファービン、)」もある。ちなみに台湾のかき氷()は、上に乗せる具の名前の後に「冰(氷)」という字を付けていう事がふつうであるかき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たアメリカ

    1871年(明治4年)、中川嘉兵衛が五稜郭の外壕で生産した天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場しそれまでのアメリカ・ボストン産の輸入氷「ボストン氷」に比べて良質でかつ低廉であった。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た加糖練乳

    加糖練乳 - コンデンスミルク、単独でかけるよりもトッピングにされることが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たタガログ語

    フィリピン風の、豆の餡、ナタ・デ・ココ、アイスクリームなど、豊富な具を乗せたかき氷。Halohaloはタガログ語でごちゃまぜを意味する。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たイチゴシロップ

    イチゴシロップ - 赤色のシロップかき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たブルー・ハワイ

    ブルーハワイ - 青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。ハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た山辺町

    山形県山辺町周辺に伝わる酢醤油(酢溜まり)をかけた氷。イチゴシロップなどとともにかけられる。第二次世界大戦後の貧しい時期に、シロップなどが手に入らず何もかけないかき氷が食べられていた。その頃にところてんなどに用いられていた酢醤油をかけ始めたとされる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た黒糖

    黒蜜 - 黒糖を湯で溶かしたもの。台湾のかき氷では一般的。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たアマチャヅル

    史実上の記録は平安時代に清少納言の『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ、文中では「けつりひ」)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら・あまづら、蔦の樹液または甘茶蔓の茎の汁)をかけたとして「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た台北市

    2004年(平成16年)ごろから流行した、マンゴーの切り身をたっぷり乗せ、マンゴーシロップと加糖練乳をかけたもの。台湾台北市の「冰館」(ピングァン、)という店から台湾各地に広がり、日本にも上陸した。マンゴーだけでなく、イチゴと2種盛り合わせたものも人気がある。また、水ではなく、牛乳を氷らせたもので作るタイプのかき氷「雪花冰(シュエファービン、)」もある。ちなみに台湾のかき氷()は、上に乗せる具の名前の後に「冰(氷)」という字を付けていう事がふつうであるかき氷 フレッシュアイペディアより)

104件中 41 - 50件表示

「かき氷」のニューストピックワード