104件中 51 - 60件表示
  • かき氷

    かき氷から見たミカン

    発祥の鹿児島県、および九州でよく見られる名物氷菓。ミカンやパイナップルの缶詰などの果物を盛り込み、アズキを乗せ、練乳をかけたもの。この組み合わせでカップ入りの氷菓やアイスキャンディーも作られている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たライスヌードル

    かき氷の上に甘い煮豆をはじめ、多くの具を盛り合わせた物をものを台湾では「八寶冰(八宝氷)」という。好みで果肉、ジャム、蜜煮の果物、QQと呼ばれる弾力のある団子、ライスヌードル、ナッツ、加糖練乳、鶏卵などが選べる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た寒色

    ブルーハワイ - 青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。ハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たドミニカ共和国

    ドミニカ共和国のかき氷。手押し屋台で販売している。使い捨てのプラスチックのコップにかき氷を入れて、その上からシロップをかける。かき氷は氷の塊を金属器具にてかんなで削るようにして作る。シロップは、レモン、タマリンドなど数種ある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たアズキ

    銘茶として名高い宇治茶を連想させる抹茶に砂糖と水を加え、茶筅で泡立てたシロップをかき氷にかけ、アズキの別称の金時(きんとき)を載せたもの。つぶ餡のばあいは、抹茶の上に載せるようにかけ、漉し餡の場合はボール状にして添えることが多い。下部に埋設することもあり、この場合単なる宇治氷と区別がつかない。金時のアズキ色とかき氷の白、抹茶の緑の対比をさせるためにアズキの上に抹茶をかけることはない。勿論、宇治だけのものもある(抹茶だけ)、また、宇治にミルクをかけた「ミルク金時(宇治時雨)」も一般的である。ミルク金時は昭和4年に岡山市表町で開業した喫茶店「カニドン」において、常連の六高生が注文した宇治金時にコーヒーフレッシュをかけて食したのが始まりとされている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た缶詰

    横浜スタジアムで売られているかき氷。缶詰ミカンもしくは缶詰パイナップルを乗せ、その上に缶詰のシロップをかけただけの、シンプルなもの。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た汁粉

    沖縄県の名物氷菓。アズキなどをシロップで煮たものの上にかき氷をかけている。しかし元来、「ぜんざい(善哉)」の語は関西などでつぶしあんの汁粉を指す。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た

    やコンデンスミルクをかけたものもある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たベトナム

    ベトナムのかき氷。緑豆やココナッツ入りの白玉ぜんざい(チェー/che)がかき氷の上にかかっている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た第六高等学校 (旧制)

    銘茶として名高い宇治茶を連想させる抹茶に砂糖と水を加え、茶筅で泡立てたシロップをかき氷にかけ、アズキの別称の金時(きんとき)を載せたもの。つぶ餡のばあいは、抹茶の上に載せるようにかけ、漉し餡の場合はボール状にして添えることが多い。下部に埋設することもあり、この場合単なる宇治氷と区別がつかない。金時のアズキ色とかき氷の白、抹茶の緑の対比をさせるためにアズキの上に抹茶をかけることはない。勿論、宇治だけのものもある(抹茶だけ)、また、宇治にミルクをかけた「ミルク金時(宇治時雨)」も一般的である。ミルク金時は昭和4年に岡山市表町で開業した喫茶店「カニドン」において、常連の六高生が注文した宇治金時にコーヒーフレッシュをかけて食したのが始まりとされている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

104件中 51 - 60件表示

「かき氷」のニューストピックワード