104件中 71 - 80件表示
  • かき氷

    かき氷から見たたこ焼き

    かき氷を売っている店では、氷旗(白地に赤い文字で「氷」と書かれた幟(のぼり))を掲げていることが多い。夏季に社寺の境内で催される祭礼や縁日などでは綿菓子・たこ焼き・焼きそばとともに代表的な縁日物(えんにちもの)の一つである。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た酢醤油

    山形県山辺町周辺に伝わる酢醤油(酢溜まり)をかけた氷。イチゴシロップなどとともにかけられる。第二次世界大戦後の貧しい時期に、シロップなどが手に入らず何もかけないかき氷が食べられていた。その頃にところてんなどに用いられていた酢醤油をかけ始めたとされる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た白熊

    家庭用は手回しのものが多く、専用の円筒形の製氷皿で作った氷を用いる。一般的な製氷皿で作るキューブアイスを用いてもかき氷を作ることができる機種もある。主に子供向けとして需要が高いため、安全面から金属製の刃は用いられないことも多い。またペンギンや白熊など寒冷地の動物を模した形状のものも発売されている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た季語

    日本の夏の風物詩、夏の季語。夏氷(なつごおり)とも言う。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た朝鮮語

    ピンス(朝鮮語:氷水、)かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たコーヒーフレッシュ

    銘茶として名高い宇治茶を連想させる抹茶に砂糖と水を加え、茶筅で泡立てたシロップをかき氷にかけ、アズキの別称の金時(きんとき)を載せたもの。つぶ餡のばあいは、抹茶の上に載せるようにかけ、漉し餡の場合はボール状にして添えることが多い。下部に埋設することもあり、この場合単なる宇治氷と区別がつかない。金時のアズキ色とかき氷の白、抹茶の緑の対比をさせるためにアズキの上に抹茶をかけることはない。勿論、宇治だけのものもある(抹茶だけ)、また、宇治にミルクをかけた「ミルク金時(宇治時雨)」も一般的である。ミルク金時は昭和4年に岡山市表町で開業した喫茶店「カニドン」において、常連の六高生が注文した宇治金時にコーヒーフレッシュをかけて食したのが始まりとされている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た五稜郭

    1871年(明治4年)、中川嘉兵衛が五稜郭の外壕で生産した天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場しそれまでのアメリカ・ボストン産の輸入氷「ボストン氷」に比べて良質でかつ低廉であった。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たオレンジ

    ブルーハワイ - 青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。ハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たパイナップル

    発祥の鹿児島県、および九州でよく見られる名物氷菓。ミカンやパイナップルの缶詰などの果物を盛り込み、アズキを乗せ、練乳をかけたもの。この組み合わせでカップ入りの氷菓やアイスキャンディーも作られている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たアマヅラ

    史実上の記録は平安時代に清少納言の『枕草子』「あてなるもの」(上品なもの、良いもの)の段に、金属製の器に氷を刃物で削った削り氷(けずりひ、文中では「けつりひ」)に蔓草の一種である甘葛(あまかづら・あまづら、蔦の樹液または甘茶蔓の茎の汁)をかけたとして「削り氷にあまづら入れて、新しき金鋺(かなまり)に入れたる」と記述されている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

104件中 71 - 80件表示

「かき氷」のニューストピックワード