119件中 81 - 90件表示
  • かき氷

    かき氷から見た寒色

    青色のシロップでカクテルのブルー・ハワイを連想させる。トロピカルフルーツ各種を添えることも多い。九州などではハワイアンブルーと呼ぶこともある。レモン・オレンジ等の香料が使われ、同じく寒色系統で着色されているソーダ味(日本式サイダー味やラムネ味)アイスキャンディーに近い風味のものが多い。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た

    かき氷(かきごおり、欠き氷)とは、氷を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓。やコンデンスミルクをかけたものもある。氷は古くはかんななどで粒状に削ったが、現在は専用の機械を用いる。また市販品として、カップに細かく砕いた氷と各種シロップを混ぜたものも売られている(市販品では袋入りもある)。日本以外にも類似のものが各国にある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たベトナム

    ベトナムのかき氷。緑豆やココナッツ入りの白玉ぜんざい(チェー/che)がかき氷の上にかかっている。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たドライフルーツ

    かき氷の上に黒糖蜜、練乳、ドライフルーツなどのトッピングを乗せた後、真ん中にくぼみを作って、生卵の黄身を割り入れたもの。「月見」は日本語からの借用で、日本統治時代に考案されたと考えられる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た中国語

    削った氷を食べる文化は古くから各地に存在した。古代ローマにはアルプスから氷を切り出して氷室に保存しておき、夏季にそれを削って蜂蜜をかけて食べる文化があった。中国語では「」(バオビン、、)という。台湾語では「」(ツォーピン)ともいう。アメリカ合衆国ではshaved ice(剃り氷)、snow cone(円錐形の雪)と呼ばれる。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た冷菓

    かき氷(かきごおり、欠き氷)とは、氷を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓。餡やコンデンスミルクをかけたものもある。氷は古くはかんななどで粒状に削ったが、現在は専用の機械を用いる。また市販品として、カップに細かく砕いた氷と各種シロップを混ぜたものも売られている(市販品では袋入りもある)。日本以外にも類似のものが各国にある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た日本

    かき氷(かきごおり、欠き氷)とは、氷を細かく削るか、砕いてシロップ等をかけた氷菓。餡やコンデンスミルクをかけたものもある。氷は古くはかんななどで粒状に削ったが、現在は専用の機械を用いる。また市販品として、カップに細かく砕いた氷と各種シロップを混ぜたものも売られている(市販品では袋入りもある)。日本以外にも類似のものが各国にある。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た五稜郭

    1869年(明治2年)、神奈川県横浜にある馬車道で町田房造が初めての氷水店を開店(日本においてアイスクリームを発祥させた店でもある)。また、1871年(明治4年)、中川嘉兵衛が五稜郭の外壕で生産した天然氷が「函館氷」と銘打って京浜市場に登場しそれまでのアメリカ合衆国・ボストン産の輸入氷「ボストン氷」に比べて良質でかつ低廉であった。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見た茶餐廳

    香港のかき氷。旧来のものは、グラスに冷やした小豆のぜんざいを入れ、エバミルクをかけ、その上に荒めに削った氷を山のように載せる。匙も出されるが、もともと飲料的要素が高く、現在はクラッシュアイスに変わった店がほとんどのため、飲料と認識されている。変種としてアイスクリームを加えたものや、「菠蘿冰」(パイナップル氷)などがあり、「茶餐廳」や「冰室」と呼ばれる喫茶軽食店で提供される。かき氷 フレッシュアイペディアより)

  • かき氷

    かき氷から見たごちそうさん (2013年のテレビドラマ)

    2012年に通天閣100周年として、新世界に近い「グリルDEN・EN」が「平成の焼き氷」というメニューを提供するようになり、そのカラメルソースの上に焼酎と思われるアルコールを上からかけて火をつけている。2013年、『ごちそうさん』(NHK総合テレビジョン・連続テレビ小説)で取り上げられ注目されているかき氷 フレッシュアイペディアより)

119件中 81 - 90件表示

「かき氷」のニューストピックワード